見込み顧客を問い合わせや商品などのコンバージョンに引き上げるMAツール(マーケティングオートメーションツール)を導入する企業が増えるなか、特に人気を集めているMAツールがリストファインダー(List Finder)です。

ここでは、リストファインダーの特徴やメリット、料金プランについて解説します。MAツールを検討中の方や、今の営業に課題を感じている方はぜひ参考になさってください。

リストファインダー(List Finder)とは

リストファインダーは(List Finder)は、BtoBに特化した国産のMAツールです。MAツールとは、獲得した見込み客を商談や問い合わせなどに引き上げるために、メールなどのコミュニケーションを通じて育成して制約へとつなげる仕組みのこと。営業活動の効率化に貢献するツールですが、運用スキルが求められるのでややハードルが高いという印象があります。

リストファインダーはこうしたMAツールに抵抗のある人も利用しやすいよう、初めてMAツールを使う人でも直感的に操作できる管理画面設計がされています。どこに何があるかが理解しやすいシンプルな構造でスムーズに運用でき、成果につなげやすいのです。そのため人気が集まり、シェアを伸ばしています。

リストファインダー(List Finder)の特徴・メリット

それでは、リストファインダーにはどんな特徴があるのでしょうか。利用のメリットと合わせて解説します。

顧客データを一元管理できる

営業活動を重ねるほど見込み客は増えていきますが、せっかく見込み顧客が増えても営業スタッフごとに個別で管理していて、社内で一元管理できずにいる企業はとても多いです。見込み顧客データが社内に散らばってしまっていると情報共有ができず、属人的な営業になってしまって成約につなげにくくなるでしょう。忙しい営業スタッフだと、名刺管理すらままならず放置してしまい、ブラックボックス化する可能性もあります。

リストファインダーは顧客データを集約し、社内で一元管理することができます。名刺データ化の代行サービスもあり、散らばっている顧客データを取り込んで、会社全体で進捗共有・管理できるのです。取り込み時に重複がないかをチェックし、名刺には記載されていない法人番号やURL、業種なども合わせて入力。見込み顧客データを細分化することで、その後の営業活動が捗りやすくなります。

顧客に合わせた営業アプローチができる

リストファインダーに集約した顧客データは、顧客ごとのステータス管理が可能です。商談の予定や営業角度、プロモーションの進捗状況などを把握できるので、営業活動を分担して進めることもできます。

顧客管理にぴったりなリストファインダーの機能が「スコア定義」です。顧客の購買意欲に合わせて営業のやり方を変える必要がありますよね。Webサイトの閲覧履歴をスコアとして算出し、購買意欲の高さごとにユーザーを振り分けることで、顧客に合わせたメールやプロモーションを展開することが可能です。

スコア定義は自社で設定可能。顧客がWebサイトの閲覧などのアクションを起こしたり、一定のスコアを超えたりしたタイミングで自動通知を送る機能もあり、顧客の購買意欲が高まった瞬間にリアルタイムでアプローチできるのもリストファインダーの魅力です。もちろんアプローチした接触履歴はリストファインダー上に残せます。

購買意欲が低い顧客や、顧客の意欲が下がっているタイミングで営業してもあまり成果が出ませんが、リストファインダーでアプローチに適したタイミングを見極めることで、営業の成功率が一気に高まります。

効果的なメールマーケティングができる

リストファインダーでは、顧客データを活用してメールマーケティングが可能です。顧客に合わせたメールを送ることで、コンバージョン率を高めます。テキストメールが主流ではありますが、HTMLメールも送信できます。登録された顧客宛てに様々なメール配信が可能となります。メールを送った後は、顧客のWeb行動履歴を可視化。メールを受け取った顧客がどんな行動をとったかを把握し、それに合わせてさらにアプローチしたり、メールの内容を改善したりできます。

メールの配信数やクリック数などもリストファインダーで分析可能。MAツールに慣れていない人でも、直感的に画面操作してデータの集計・分析ができます。メールの効果レポートも手軽に作成して可視化できるので、社内での情報共有や報告にも活躍します。これまでメールマーケティングを担当したことがない人も抵抗なく利用できるでしょう。

使い勝手が良く運用しやすい

これまで何度かお伝えしたとおり、リストファインダーは使い勝手が良くだれでも運用しやすいのが特徴です。マーケティングに必要な顧客リストをスピーディーに作成・管理することで、いつでもリアルタイムで顧客データを確認し、会社一丸となって営業活動に励めます。事前に設定した条件をもとに顧客データを解析し、高い購買意欲を持っている見込み顧客(ホットリード)を絞り出し、優先して営業することも可能です。

さらにサポート体制も充実しているのもうれしいポイント。一番手間がかかる導入初期からスムーズに活用できるように、無料で半年間の活用コンサルティングがついているうえに、メールサポート、テクニカルサポートによる電話、FAQサイトで手軽に不明点を確認でき、定期的な勉強会、個別相談会などのイベントも開催されています。

そのほかにも、PDFを読み込むだけでWebコンテンツを作成できたり、セミナーの運営業務をサポートしてもらえたり、申し込みフォームの作成をしたりと便利な機能が豊富に揃っています。