企業のマーケティング担当者として成果を出すためには、マーケティングオートメーションMA)について理解しておくことが大切です。

この記事では、「MAとは何か」という基礎知識を知りたい方や、より具体的なMAの事例を知りレベルアップしたい方に向けて、それぞれに役立つ資料を紹介します。

目次

  1. マーケティングオートメーション(MA)とは?
  2. マーケティングオートメーション(MA)導入前の予備知識
  3. マーケティングオートメーション(MA)でできること
  4. マーケティングオートメーション(MA)導入時の注意点
  5. 成功事例から学ぶマーケティングオートメーション(MA)活用法
  6. マーケティングオートメーション(MA) への理解を深め施策に役立てよう

マーケティングオートメーション(MA)とは?

image4.png

マーケティングオートメーション(MA)とは、様々なマーケティング施策を自動化するためのシステムです。MAを導入することによって、より精度の高いマーケティング施策を行ったり、業務にかかる工数を削減したりすることが可能です。

MAの導入が重視されるようになった背景は次の通りです

競争の激化による顧客獲得コストの高騰

競合他社が増えてくると、新規顧客の獲得にかかるコストが高騰するケースがあります。特にWeb広告広告費用がオークション形式で決定するため、競争の激化により顧客獲得コストが上がってしまうことが一般的です。

工数の問題で、既存顧客に対して画一的なアプローチしかできない

新規顧客の獲得が難しくなった時の対策として、既存顧客に対するアプローチが考えられます。しかし、既存顧客一人ひとりのニーズに合わせて施策を最適化するためには、データ分析や個別のメール配信など多くの工数が必要です。

結果的に、リソースが足りない企業では画一的なアプローチしかできず、既存顧客からの売上も上がらないという悪循環が発生します。

これらの課題を解決するためのツールとして、MAが注目されるようになりました。

MAの導入によって、既存の施策と比べてどのような費用対効果が実現できるのかは、以下の資料「5分でわかるマーケティングオートメーション」で確認できます。また、MAの基礎知識やMA導入にかかる工数の目安なども把握することが可能です。

【5分でわかる】マーケティングオートメーション

【5分でわかる】マーケティングオートメーション

意外と知らない?マーケティングオートメーションって結局何?

マーケティングオートメーション(MA)導入前の予備知識

image1.png

MAでできることは、あくまでもマーケティング施策の自動化です。そのため、自社で行うマーケティング施策を見直し、どの部分をMAで自動化するかを明確にすることが大切です。

一般的に、マーケティング施策では商品を認知するフェーズから、購入を決定するフェーズまで段階的なアプローチを行います。例えば、商品の比較検討をしているユーザーに対してウェビナーを開催して質問に答えたり、資料請求をしたユーザーにメールでアプローチする施策などで興味度の引き上げが可能です。

このように、MAはあらゆるフェーズのユーザーに対する施策に活用できます。効果を最大化するためにも、導入前に自社にとって優先度の高い施策を確認しておくようにしましょう。

MA導入前の具体的な準備や、MAを使ったマーケティング施策の進め方は、以下の資料「マーケティングオートメーションのはじめかた」で確認できます。

マーケティングオートメーションのはじめかた

マーケティングオートメーションのはじめかた

マーケティングオートメーションについての完全ガイドブックです。

マーケティングオートメーション(MA)でできること

image3.png

多くのマーケティングオートメーション(MA)に備わっている主要な機能は次の8つです。

  • メールマーケティングの自動化
  • スコアリングの自動化
  • Web サイトの最適化
  • コンテンツの作成・管理
  • 広告の配信
  • シナリオの作成
  • ソーシャルメディアの運用
  • 各種データの一元管理(DMP)

例えば、MAを導入するとメールマーケティングを自動化できます。MAではユーザーの行動に対して条件を設定し、最適な内容のメールを配信することが可能です。「資料請求をしたものの、その後2週間以上アクションがないユーザーに対してウェビナーを案内する」など、細かな施策が実現できます。

またMAには、Webサイトにアクセスしたユーザーの行動履歴をもとに、表示するコンテンツを出し分けするなど、Web機能もサイトを最適化できる機能もあります。例えば、過去に購入した商品の情報から、おすすめの関連商品を表示する施策などが可能です。

さらに、広告システムと連携してターゲットや広告クリエイティブを自動で最適化したり、ソーシャルメディアを一元管理して効率的に運用したりする機能もMAに備わっています。

これらの機能を活用することで、ユーザーごとに最適化したマーケティング施策が実行できるでしょう。各機能の詳しい内容や、MAの導入にかかるコストは以下の資料「MAの導入を検討している人がまず読む本~機能とコスト~」で確認できます。

MAの導入を検討している人がまず読む本~機能とコスト~

MAの導入を検討している人がまず読む本~機能とコスト~

意外と知らない機能とコストを徹底解説!

マーケティングオートメーション(MA)導入時の注意点

image6.png

マーケティングオートメーション(MA)をせっかく導入したものの、継続利用されないケースがあるため注意が必要です。

MAの導入後に解約した企業に対するアンケートでは、最も多い解約理由として戦略の検討不足が挙げられていました。MAツールで何の施策を行うか具体的に決定しておかないと、使いこなすことができません。

また、導入したシステムの複雑さも、MAを解約した理由として上位に挙がっています。マーケティング担当者が使いこなせるようなMAツールを選ぶことが大切です。

MAの導入で失敗しないためのポイントは以下の資料「もうMA選びに失敗しない!5つの事前準備」で確認できるため、事前に押さえておきましょう。

もうMA選びに失敗しない! 5つの事前準備

もうMA選びに失敗しない! 5つの事前準備

ツール選びに失敗しないために、MAについて基本からMAを導入する前に必須の準備を5つのポイントからご紹介します。

成功事例から学ぶマーケティングオートメーション(MA)活用法

マーケティングオートメーション(MA)を活用する際は、他社の成功事例を見ておくことが大切です。MA活用で成果を出している企業事例は以下の通りです。

飲料メーカーや人材サービス業の事例

image2.png

大手飲料メーカーであるキリン株式会社では、嗜好性の高いお酒を販売するオンラインショップ「DRINX」の運営でMAを導入しています。顧客データの分析をMAで効率化し、各顧客に最適化したメールを自動配信することで、メール経由での売上比率が2倍になりました。

BtoBでは人材ビジネスを運営する株式会社ネオキャリアの事例が参考になります。MAの導入で各事業部が個別に管理していた取引先のデータを統合し、ニーズに合わせたメール配信で開封率アップに成功しました。

これらの事例の詳細に加えて、資料「デジタルマーケティング成功事例大全Vol.1」では、次のような事例を確認できます。

  • メール配信の自動化や最適化で売上2倍となった事例(キリン株式会社)
  • ファンクラブやECサイトのデータを基に満足度を高めた事例(株式会社楽天球団)
  • 宿泊予約サービスで目標予約数175%を達成した事例(株式会社Loco Partners)
  • PDCAの高速化や業務工数削減に成功した事例(株式会社カクヤス)
  • LTVやCPAの管理・分析を一元化した事例(株式会社ビッグローブ)
  • 整体などのサロン運営でLTVを向上した事例(株式会社ファクトリージャパングループ)
  • 人材ビジネスでメール開封率や想起率を高めた事例(株式会社ネオキャリア)
デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

KIRIN、楽天球団、BIGLOBEといった業界大手の企業が売上向上135%を実現させた手法を紹介しています。

家電メーカーやEC事業の事例

image5.png

BtoBのサービスを提供する家電メーカー、パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社では、MAの導入により顧客満足度の向上を実現しました。

地域の電気専門店や家電量販店などの顧客が、自社のサイトから購入に至るまでどのような行動をとったかをMAで分析しています。また、製品をかごに入れたものの購入に至らなかったユーザーや、買い替え時期が近付いたユーザーに対するメール配信なども同社が行った施策の一例です。

CD・DVDや書籍などを販売するEC企業、株式会社ネオ・ウィングでは、MAツールによって約20年分の顧客データを活用することに成功しました。顧客の属性に合わせた適切なクーポンの送付や、特定のアーティストのファンに対する新作案内メールの配信などを行っています。

これらの事例の詳細に加えて、資料「デジタルマーケティング成功事例大全Vol.2」では、次のような事例を確認できます。

  • 購買行動の分析で顧客満足度を向上させた事例(パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社)
  • データの一元管理で顧客ごとの施策を最適化した事例(株式会社ドーム)
  • 体験レッスン予約からの来店率を向上させた事例(株式会社ABC Coooking Studio)
  • 店舗とオンラインショップの相互送客を実現した事例(メーカーズシャツ鎌倉株式会社)
  • MAでデータ分析の工数を削減した事例(株式会社LAVA International)
  • 20年分の顧客データを統合しマーケティングに活用した事例(株式会社ネオ・ウィング)
デジタルマーケティング成功事例大全Vol2

デジタルマーケティング成功事例大全Vol2

マーケティング変革企業が教える「収益」の生み出し方

ネット証券会社や百貨店の事例

image7.png

ネット証券会社のGMOクリック証券株式会社では、MAの導入によって顧客ごとに最適なサポートを提供しています。MA導入以前は、工数の問題から画一的なアプローチしかできていませんでした。MAでデータ基盤を整備したことで、細かなセグメントに分けた最適な施策ができるようになり、メール開封率のアップなどを実現しています。

また、実店舗とECを運営する株式会社阪急阪神百貨店も、MAを活用する企業の一つです。MAによって顧客ごとのWebの閲覧データと購買データ、属性データを統合し、最適な情報をメールで配信しています。メールの内容を最適化したことで、メール開封率は140%、商品購入率は160%に向上しました。

これらの事例の詳細に加えて、資料「デジタルマーケティング成功事例大全Vol.3」では、次のような事例を確認できます。

  • 顧客ごとのニーズに合わせたサポートを提供した事例(GMOクリック証券株式会社)
  • データ活用により新規顧客獲得と既存顧客育成を両立した事例(CROOZ SHOPLIST株式会社)
  • メール開封率・クリック率を200%向上させた事例(株式会社クレディセゾン)
  • 数日かかっていたデータ抽出を1クリックで可能にした事例(株式会社セブンネットショッピング)
  • アフターサービスの受注数400%を実現した事例(株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ)
  • CVR160%、EC売上130%成長を実現した事例(株式会社阪急阪神百貨店)
デジタルマーケティング成功事例大全Vol3

デジタルマーケティング成功事例大全Vol3

【プロに聞く】顧客の心を動かす「データの力」

マーケティングオートメーション(MA) への理解を深め施策に役立てよう

マーケティングオートメーション(MA)を活用すると、ユーザーごとに最適化したアプローチを実施できます。MAを導入し、自社のマーケティング施策に役立てたい方は、ぜひ今回紹介した資料を参考にしてください。