MAツール(マーケティングオートメーションツール)が普及してマーケティング強化に欠かせなくなりましたが、種類が多く機能もさまざまなので比較検討のハードルが高く、「どれにしたらいいのかわからない」と悩む中小企業が多いのが現状です。

そこで「初心者向けで低コストなMAツール」と「ハイスペックで人気なMAツール」の2種類に分けて、それぞれ中小企業におすすめの人気MAツールを3種類ずつご紹介します。求める要件や予算に合わせて、自社に合ったMAツールを選んでください。

初心者向けで低コストなMA(マーケティングオートメーション)ツール

初めてMAツール(マーケティングオートメーションツール)を導入する場合、機能が多過ぎずシンプルなMAツールを導入したほうが「せっかく導入したのに使いこなせない」というリスクを回避しやすいです。そこで、MAツール初心者で予算も限られている中小企業にぴったりの人気MAツールを5つご紹介します。

HubSpot(ハブスポット)

image5.png

「HubSpot」は世界的なオールインワン型のMAツールです。強みはインバウンドマーケティングBtoBビジネスにもBtoCビジネスにも向いているのもメリット。必要な機能が一通りそろっているオールインワン型なので、とりあえずHubSpotだけ導入するだけでも興味喚起から検討、購入、カスタマーサポートまで対応することが可能です。
懸念点としては、インターフェイスは日本語なものの、英語表記も多くUIに問題を感じるユーザーもいることです。ダッシュボードで最新情報を確認できるなど操作自体はしやすいので、いったん無料版を利用して試すのが安心でしょう。無料版の機能も豊富ですが、有料版が月5400円からとコストパフォーマンスは高いので、中小企業でも導入しやすいツールだと言えます。

https://www.hubspot.jp/

Liny(リニー)

image4.png

「Liny」も月5,000円からとリーズナブルで、BtoBビジネスとBtoCビジネスの両方に対応しているMAツールです。Linyを使うのに適しているのはLINE公式アカウントを積極的に運用に力を入れている中小企業です。LINE公式アカウントで成果が出ているなら、LinyでLINEの運用負担を軽減するといいでしょう。

実際にどんなことができるかというと、月5000円の最安プランでもチャットボットの自動対応が可能です。ほかにもセグメント配信や顧客のスコアリングなど基本的なMAツールの機能を揃えており、必要最低限のコストで成果を出しやすいのがメリット。

ただ、最安プランだとメッセージの上限が1,000通までなので、大体は月39.800円かかると考えたほうが無難です。また、LINEを使っていない顧客にはアプローチできないので、LINEを使っていない企業にはおすすめできません。LINE公式アカウントの費用対効果を高めたい企業はぜひご検討ください。

https://line-sm.com/

MAJIN(マジン)

image3.png

「MAJIN」もBtoBビジネスとBtoCビジネスの両方に対応しているうえに、UIに優れていてコストパフォーマンスが高いので、MAツール初心者の中小企業にぴったりです。見込み顧客の獲得からセグメントまで高機能なシナリオ設計が可能で、かつ月10万円のプランのみと料金体系もシンプルです。ある程度コストはかかりますが、ほとんどほかのオプションをつけずに運用できるので、MAに力を入れたい企業に適しています。

特徴的なのは、独自開発機能のシナリオキャンパスです。いつ何をすればいいのかが図で表示され、一目でわかるのがメリット。社内メンバーと情報共有しやすく、運用担当者はタスク・スケジュール管理しやすいです。
ただしLPは作成できず、営業管理ツールのちきゅうとLINEとしか連携できません。また、運用開始まで3か月かかるため、早めに打診して内容を詰めていったほうがいいでしょう。

https://ma-jin.jp/