ferretはリリースしてから1年ノンプロモーションでこれまで運営してきました。
この度、Facebookプロモーションを実施したので、その結果を報告します。

まず行った施策は、ferretのFacebookページへのファン増加を狙いに、効果が高いと噂される「類似オーディエンス」へのターゲティングをした広告配信を、検証を兼ねて行ってみました。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

類似オーディエンスの機能紹介

Facebook広告の類似オーディエンスでは、類似元となるオーディエンスを選択し、オーディエンスの類似度上位1%~10%のユーザー(サイズ)を選択してリストを作成することができます。

今回は、ferretのFacebookページファンを類似元として、類似度上位1%・2%・3%のオーディエンスを作成し、それぞれでターゲティングしたキャンペーン(広告セット)で同時配信を行い、類似度による配信結果の比較を試みました。
類似オーディエンスの類似度が上位になるほど、ferretのFacebookページのファンに属性などがより類似するということなので、「いいね!」獲得数や獲得単価といった成果も優れたものになるのではないか、という仮説の検証も狙いです。

類似オーディエンスの設定方法についてはこちら
Facebook広告におけるカスタムオーディエンスの設定と類似オーディエンスの作り方

今回設定した内容

以下が、今回実施した広告配信・ターゲティング設定です。

概要

  • 広告配信期間:7日間
  • キャンペーン目的:「Facebookページを宣伝する」
  • 「いいね!」を集めるFacebookページ
  • Webマーケティングポータル Ferret(フェレット) https://www.facebook.com/ferretportal

ターゲティング、広告配信の設定内容

  • カスタムオーディエンス:類似オーディエンス(※)
  • 地域:日本
  • 年齢:23~54歳
  • 性別:すべて
  • つながり:ferretのFacebookページに「いいね!」済みの人は広告配信対象から除外
  • 広告配信先:モバイルニュースフィード、デスクトップニュースフィード
  • 入札価格最適化:「ページヘのいいね!」(oCPM:インプレッション課金・入札自動最適化)

※仕様上、例えば類似度上位2%オーディエンスには、上位1%オーディエンスが含まれます。そのため、下図のようにカスタムオーディエンスの除外設定を利用して、類似度1%刻みでユーザーを切り分けてターゲティングを行いました。

3.png

カスタムオーディエンス設定

類似度1%オーディエンス : 類似度上位1%の類似オーディエンス
類似度2%オーディエンス : 類似度上位2%の類似オーディエンス [除外] 類似度上位1%の類似オーディエンス
類似度3%オーディエンス : 類似度上位3%の類似オーディエンス [除外] 類似度上位2%の類似オーディエンス

使用した広告バナー&テキスト

ferret公式ロゴを含めた、下図6つの広告バナーテキストを全て同時に配信しました。

4.png
(モバイルニュースフィードでの表示例)

配信結果

7日間の広告配信実績は以下のとおりです。

配信実績

5.png

  • 「クリック(すべて)」の指標には、「いいね!」ボタンのクリックの他に、(Facebookページへと遷移する)Facebookページ名とイメージバナーのクリック数も含まれます。
  • 「結果(ページヘのいいね!獲得)」の指標には、Facebookページ遷移後の「いいね!」ボタンクリック数(いいね!獲得)も含まれます。

仮説通り、類似度が高いほど広告のクリック率・ページへのいいね!獲得率が高くなり、ページヘの「1いいね!」当たりのコストが低く抑えることができました。
類似度1%では、「ページヘのいいね!当たりコスト」が83円と、同業種系Facebook広告におけるカスタムオーディエンスの設定と類似オーディエンスの作り方での現在の相場から見ると比較的かなり低い金額で獲得できています。

類似度3%の場合は、3倍以上の255円に跳ね上がりました。

各広告バナーの効果について

先にご紹介したとおり、今回は6種類のバナーを使用しましたが、オーディエンスの類似度が高いほどferret公式ロゴ画像の成果が良く、類似度が低いほど広告の内容による成果の差異が出にくいという傾向が見られました。

類似度が高いオーディエンスほど、ferretについての認知が高く「いいね!」に繋がりやすいのだろうと予測できます。
(配信期間が1週間と短く、Facebook広告の仕様によりそれぞれの広告が均等に配信されないことを考慮し、あくまで傾向と捉えた考察です。)

まとめ

類似オーディエンスを利用した広告配信の成果は、その類似元となるオーディエンスと配信する広告との相性によっても大きく左右されます。
今回は、ferretのFacebookページファンに類似するユーザーに対し、ferretのFacebookページへのいいね!獲得を目的をした広告を配信するという合理的な形であったと言えます。

また、類似オーディエンスの類似度を2%、3%…と広げるとリーチ数を増やすことはできますが、広告としての効率は悪化しがちです。許容できるCPAなどと相談しつつ、類似オーディエンスをうまく活用していきましょう。

Facebook広告の特徴
Facebook広告のプロモーテッドポストとは。設定とメリットを解説
Facebook広告におけるカスタムオーディエンスの設定と類似オーディエンスの作り方

Facebook広告の特徴

Facebook広告の特徴

Facebook広告は、掲載箇所によって分類されています。あとはデバイスごとにわかれ、そしてそれらを広告キャンペーン、広告セット、広告という階層構造で管理します。それぞれに特徴があります。