まとめ

Facebook広告CTRは上昇傾向にあり、他広告媒体よりも良い結果を生み出していましたが、これまでは必ずしもコンバージョンに結びつかないアクションまで測定対象となっていたための結果だともいえます。

今後課金対象を絞ることで、CTRはほぼ確実に落ちることが予想されます。
しかし無駄なクリックを省き、コンバージョンに繋がっているかどうかを明確にしようとするFacebookは、目先の利益ではなく、出稿主との良好な関係を維持することを重視しているようです。

いずれにせよ、広告出稿側にとっては嬉しい変更なので、Facebook広告を運用しようか迷っている方はぜひ一度気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

ferretのFacebook広告運用データ
【データ公開】獲得単価83円!Facebook広告の類似オーディエンスを活用した広告配信結果

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Facebook広告の特徴
Facebook広告の特徴から活用方法、成功事例について解説-EC-CUBE DAY 2015-(株式会社ロックオン×バリュークリエーション株式会社)
Facebook広告の基本をおさえるための設問4つ

このニュースに関連するカリキュラム

Facebook広告の特徴

Facebook広告の特徴

Facebook広告は、掲載箇所によって分類されています。あとはデバイスごとにわかれ、そしてそれらを広告キャンペーン、広告セット、広告という階層構造で管理します。それぞれに特徴があります。