マーケティングを自動化して成果を効率的に上げることが注目され、多くのマーケティング担当者が導入を検討しているでしょう。しかし自動化するためにはいくつかのハードルがあり、知識面や金銭面などさまざまです。

特に金銭面は年間で数百万円のコストがかかる場合も。簡単に決断できずに従来の膨大な作業量に悩まされてしまっているケースに陥ってしまうのです。

そこで今回はマーケティングを自動化するMAツールの中でも、無料トライアルが適用されるツールについて絞って紹介します。

トライアル機能を活用することで、ツール導入前の比較検討に対する心理的ハードルが下がるでしょう。本記事を機に自動化を始めてみてください。

MA(マーケティングオートメーション)ツールを使うメリット

まずMAツールを活用することのメリットについて解説します。流行っているからやってみるという考え方もいいのですが、明確に利用する目的がイメージ出来ている方がツール活用の方向性を見極められるからです。ではさっそく見ていきましょう。

マーケティングが円滑に

MAツールの最大の利点は、マーケティングをする際の労力が大幅に削減されることです。これまでは膨大なデータを人間が処理して、分析した後に施策をおこなうといった業務が遂行されてきました。

しかし人間がおこなう作業量には限界があります。より規模が大きいマーケティングをしようとすればするほど、必要になる情報量は多くなるからです。また成果を出すためにはマーケターとしての手腕が常に試されます。

これまで手作業でしていた業務をツールに任せる。これによって重要度の高い意思決定の時間を多く割くことに繋がります。MAツールを活用することでマーケティングが円滑に進むでしょう。

ビジネスに必要なデータが手に入る

MAツールではデータを集めることも可能です。顧客がどのような属性なのか、施策に対する顧客の反応はどうなのかといった情報を一括に管理できます。数字として情報が管理できることからも、資料を整理する手間を省きつつも分析を進められるのです。

マーケティングは顧客の動きを詳細に観察し、理解することに重きが置かれます。資料を整理する手間がカットされ、分析がスムーズに進められるでしょう。

割くべきところに時間を充てていくことは、その後の成果に大きく影響を与えてきます。ツールを上手に使って、効率化を促進しましょう。

無料トライアル期間があるMA(マーケティングオートメーション)ツール6選

では無料トライアルがあるMAツールを6つに厳選して紹介します。無料トライアルであっても、製品版のほとんどの機能が使えるケースがほとんどです。紹介するツールの中から目的に合うものを見つけて、試してみてください。

BowNow(バウナウ)

image1.png

無料でのツール導入を基本として活用できるのがBowNowです。無料で始められることから導入ハードルが低く、顧客へのアプローチから教育などさまざまな面で効果を発揮します。

難しい設定なしで効果が出ることを目標としているので、初心者であっても安心して活用できるツールです。顧客がどのような動きをしているのかを細かく取得可能で、導入によるメリットは計り知れないでしょう。

基本無料で、必要な機能を課金して揃えていく形式を採用しています。事業の内容次第で拡張していくというのも利用しやすい活用法です。

参考:BowNow

SalesAutopilot

image2.png

こちらは英語版ののみの対応にはなりますが、リード数無制限で活用できるのがSalesAutopilotとなります。無料版であっても月に400通のメールを配信できるので、トライアルとしては十分に機能を活用できるでしょう。

顧客の行動を分析するためのトラッキング機能などについては有料に。あくまでもツールを比較検討する際の参考としてトライアルを活用してください。もちろん有料版では豊富な機能が取りそろえられているので、トライアルの使い勝手によって検討してましょう。

参考:SalesAutopilot

MAJIN(マジン)

image5.png

MAJINでは30日間のトライアル期間が設けられています。自動で顧客の分析から複数の配信媒体を活用したシナリオを構築してくれるツールです。使いやすいインターフェースを採用していることからも、始めやすい環境を構築しています。

顧客を獲得することから営業までを一括でおこなえるツールとなっているので、MAJINのトライアル期間で成果が出れば、本格導入にも移行しやすいでしょう。顧客にアクションを起こさせる仕組みができているので、ぜひ活用してみてください。

参考:MAJIN

List Finder(リストファインダー)

image3.png

20日のトライアル期間を設けているのがList FinderBtoBでの利用を想定した設計となっており、名刺情報の整理からメール配信・分析などをおこなえるツールとなっています。上場企業の間で人気が高く、評価を集めているツールの1つです。

顧客へのアプローチや顧客の行動分析なども数値化してくれるので、データをもとにしたマーケティングが可能になります。その他にも有料版ではList Finderを活用するためのコンサルタントがつくなど、導入後のサービスも充実しているツールです。

参考:List Finder

Marketing Hub

image4.png

HubSpotでは活用したい機能に応じてプランが用意されており、それぞれに無料版があります。その中のMarketing Hubではメール活用したマーケティングからLPの作成などが無料で可能です。フォームなども活用できるので、最初の比較検討段階では使用感を試すのに丁度よいでしょう。

有料版になれば無料版機能の拡張に加えて、さらなるマーケティングの自動化機能が加わります。他のツールと比べてみて、このツールに価値を感じたのであれば、改めて有料版を導入してみてください。

参考:HubSpot

SATORI(サトリ)

image6.png

広告媒体との連携が可能なMAツールとして知られるSATORI。900社以上の実績があり、国内でも人気の高いツールです。リードを獲得して成約率の上昇を促進したり、入手したリストを元にダイレクトなマーケティング施策を実行することにもつなげられます。

SATORIの独自の強みは、分析した情報をもとにセグメントした顧客層へ広告を配信できることです。リード獲得や顧客教育の点では多くのツールが存在しているので、SATORIを試して広告活用も視野に入れてみるとよいでしょう。

参考:SATORI