ビジネスを拡大していく中で、マーケティングという考え方は重要となります。しかしリサーチやデータの分析などを行うにはエネルギーが必要です。成果を上げるためには時間も労力もかかってしまいます。

そこで登場するのがMA(マーケティングオートメーション)です。マーケティングを自動化することによって、データ分析などの膨大な時間を取られていた作業を、システムに任せることができるツールです。

とはいえMAは奥が深いもの。すぐに全体像を把握するのは難しいでしょう。そこで今回は、ferretにあるMA関連の記事を紹介していきます。MAの基礎的な知識から、導入するにあたって必要な情報を記したものまで、ぜひビジネス拡大のヒントとしてください。

MA(マーケティングオートメーション)の基礎知識

まずはMAとは何かを知るところから始めます。マーケティングの自動化と言われても、何をどう自動化するのかわからなければ、導入に踏み込むのは厳しいですよね。そこで概念を理解するのに役立つ記事を用意しました。

MA(マーケティングオートメーション)とは何なのか?

この記事ではMAを導入するにあたって、どのようなメリットがあるのか。マーケティングの促進に役立つ機能や注意点について具体的に記されています。これからMAツールを活用したいと考えている場合、網羅的に学習できる記事と言えるでしょう。

目的を明確にした後にツールを導入するのであれば問題はありませんが、漠然と「役立ちそう」といった意識で利用すると、好ましい結果が得られない可能性が高まります。ツール利用にはコストもかかるので、まずは下準備として大まかに特徴をつかみ、MAについての理解を深めてください。

マーケティングオートメーション(MA)を導入するメリットとは?機能や注意点を解説

マーケティングオートメーション(MA)を導入するメリットとは?機能や注意点を解説

日本でも少しずつ注目を集めるようになったマーケティングオートメーション(MA)。しかし具体的な機能についてはまだそこまで浸透していません。「なんとなく便利そうだから」といった理由で導入してしまうと、ツールを無駄にしてしまう可能性があります。この記事では、マーケティングオートメーションの概要や、代表的な機能、導入前の注意点などについて解説します。マーケティングオートメーションの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

他のビジネスツールとの違いは?

MAツールを始めとするビジネスツールには、用途や目的別に多くのものが存在しています。本記事をご覧の方はMAに興味がある方が多いと思いますが、選択肢の1つとしてWeb集客ツールを活用することも可能です。

MAツールとWeb集客ツール。文字だけを見るとどちらも同じようなものに見えますが、明確に違いがあります。ツールを使う際のポイントは、どんな課題をどう解決するのかです。1つ1つのツールの持つ特色を理解して有効活用するためにも、この記事を通して理解を深めていきましょう。

MAとWeb接客ツールの違いは?それぞれの特徴とメリット

MAとWeb接客ツールの違いは?それぞれの特徴とメリット

マーケティング業界でよく利用されるものに、MA(マーケティングオートメーション)やWeb接客ツールがあります。どちらも効率的にCVを達成するために欠かせないものです。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。この記事では、MAとWeb接客ツールの基礎をおさらいし、それぞれの良さを活かせるシーンを紹介します。