自社のビジネスに関するデータを分析して活用する方法を探すなかで、「CDP」というツールが気になった方も多いのではないでしょうか。ビジネスデータの分析ツールにはCDPのほか、DMPなど複数の種類があるため、導入前に特徴を把握しておくことが大切です。

この記事ではCDPの概要やDMPとの違い、CDPツールの具体例、導入時のポイントについて解説します。データ分析ツールを活用し、営業や販促に役立てたい方はぜひ参考にしてください。

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは?

CDPは「Customer Data Platform(カスタマーデータープラットフォーム)」の略称で、顧客情報の管理・分析を行うツールを表します。CDPを導入すれば、既存顧客に関するデータを集め、分析した結果をビジネスに活かすことが可能です。

既存顧客の購入履歴やアンケート情報などを保有していたとしても、データ形式や管理ツールが異なる状態では分析に手間がかかります。散らばっている情報を取りまとめることで、効率よく扱えるようになる点がCDPの特徴です。

また、CDPによる分析データはグラフやチャートで分かりやすく表示されるため、営業部門や企画部門、カスタマーサポート部門など数多くの部署で活用できます。

CDPとDMPの違い

CDPとDMPは、いずれもビジネスに関するデータを活用するためのツールです。DMPは「Data Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)」の略称で、扱うデータの内容によってオープンDMPとプライベートDMPの2種類に分けられます。

CDPとDMPの主な違いは次の3点です。

蓄積するデータの種類が異なる

CDPとDMPは、取り扱うデータの種類が異なります。各ツールに蓄積されるデータの違いは次の通りです。

ツールの種類 蓄積されるデータの例
CDP ・既存顧客の氏名、住所、メールアドレスなどの情報
・既存顧客の購買情報
・既存顧客のアンケート回答
・自社が運営するWebサイトの閲覧履歴など
オープンDMP ・他社が運営するWebサイトを含む、様々な場所で収集されたCookie、IPアドレスなどの匿名データ
プライベートDMP ・既存顧客の購買情報
・自社が運営するWebサイトの閲覧履歴など

CDPとDMPはともに顧客の行動に関する情報が蓄積されますが、氏名やメールアドレスなど個人を特定できる情報はCDPのみで扱われます。

オープンDMPに蓄積されるデータはCookieやIPアドレスなどの匿名情報です。プライベートDMPでは既存顧客の行動履歴に関する情報が蓄積されます。

データ分析の方法が異なる

CDPのデータは各顧客の情報に紐づけられているため、購入者ごとや取引先ごとにデータを分析することが可能です。例えば、「特定の商品を購入した既存顧客は誰か」など、ユーザー単位の分析ができます

一方、DMPのデータは属性単位で分析されることが一般的です。「あるカテゴリに興味があるユーザーが何人いるか」といった情報はDMPで分析できますが、そのユーザーが具体的に誰かまでは特定できません

活用できる施策が異なる

CDPとDMPは蓄積されるデータの種類や分析方法が異なるため、活用方法にも違いがあります。各ツールが活用される主な施策は次の通りです。

ツールの種類 蓄積されるデータの例
CDP ・顧客の購買履歴をもとにしたおすすめ商品の提案
・休眠顧客へのDM発送
・顧客ごとにパーソナライズしたクーポンの発行
・カスタマーサポート対応時の履歴確認など
オープンDMP ・属性を絞った広告配信
プライベートDMP ・既存顧客の行動履歴をもとにした商品企画
・有効性の高いマーケティング施策の立案

CDPは既存顧客の購買履歴を特定できるため、これまでの傾向をもとにしたおすすめ商品の提案などに活用できます。また、特定の条件にあてはまる既存顧客にメールや郵送でDMを送信したり、誕生日などパーソナルな情報をもとにクーポンを発行したりすることも可能です。

オープンDMPは、特定カテゴリのユーザーを対象としたオンライン広告を配信する際に活用されます広告配信先をユーザー属性で絞り込めるため、高い精度で新規顧客を開拓することが可能です。

プライベートDMPでは、既存顧客をセグメントに分けて分析した情報をもとに、商品企画やマーケティング施策が立案できます。