Web担当者であれば、Google AdWords(グーグルアドワーズ)をチェックする機会は多いのではないでしょうか。
複数のアカウントを管理していると、アカウントを切り替えるためにログインとログアウトを繰り返すという無駄な作業が発生してしまいます。

今回は、1つのデバイスから複数アカウントで同時ログインできる2つの方法をご紹介します。

「Google AdWords(グーグルアドワーズ)」とは?

リスティング広告やリマーケティング広告など、Googleが提供する広告を出稿する際に利用するのがGoogleAdWordsです。
広告管理だけでなく、キーワードごとの検索ボリュームを調査できたりと、検索エンジン周りの施策を行ううえで欠かせないツールです。

参考:
Google AdWordsの登録から入札までの設定方法

方法1:Google AdWordsのクライアントセンター(MCC)でアカウントを作成する

複数のサイトを管理しているWeb担当者や、リスティング広告などを扱っている代理店にとって、時間の効率化を図るには最適なツールが「Google AdWordsのクライアントセンター(MCC)」です。

ScreenClip.png
https://www.google.co.jp/intl/ja/adwords/myclientcenter/
右上の「お申し込みはこちらから」をクリックして登録画面に進みます。

複数のAdWordsアカウントを1箇所で管理できるので、1回のログインですべてのAdWordsアカウントを閲覧することができます。
MCC上ですべてのアカウントをレポート化して比較・研究することができるので、AdWordsの運用の幅も広がります。

ただし、既存のAdWordsアカウントをMCCアカウントに紐付けすることはできないため、これからAdWordsを開設しようと考えている方は、同時にMCCも始められることをオススメします。

方法2:複数のChromeアカウントを立ち上げる

複数のChromeアカウントを立ち上げてしまう方法です。

Google Chrome上でGoogleにログインし、ページ右上に表示されているメニューから「設定」に入り、「ユーザー追加」を選択すると新たなウィンドウが立ち上げられます。
そこで別のアカウントでログインすると、複数アカウントで同時ログインできている状態になります。

Google AdWordsに限らず、様々なサービスを複数アカウントで利用したい時はこちらの手法を使うと良いでしょう。

参考
【便利技】複数のGoogleアカウントで同時にログインする方法。GoogleChrome対応

まとめ

人は面倒な作業だと感じてしまうと避けようとしてしまうので、結果的に各アカウントの確認が不十分になってしまう可能性もあります。
面倒だと感じる作業は基本的にすべて効率化していかなければ、継続して行うのは難しいものがあります。

特に代理店などは、クライアントごとにアカウントを使い分けられている方も多いと思うので、上記のような機能を使ってみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Google AdWordsの基本的な使い方と自動入札
Google AdWordsの理解度を確認するための設問4つ
Googleタグマネージャーの、これだけは知っておこう!

このニュースに関連するカリキュラム

運用:Google AdWordsの基本的な使い方と自動入札

運用:Google AdWordsの基本的な使い方と自動入札

Google AdWordsを使いこなすときに、拡張CPCや自動入札機能、コンバージョンオプティマイザーなど、Google AdWordsのもともとの機能を使い切る、という発想はとても重要です。まずは提供された機能のポテンシャルを引き出すことで、広告の成果を引き上げられないか、試してみましょう。