CRMツール」とは、自社でこれまでに収集した顧客情報をデータベース化し、一元管理を可能にするツールです。その役割は、単なる「顧客管理」だけに留まりません。

一人ひとりの顧客について、自社とのタッチポイントを可視化し、次の打ち手を客観的に判断することをアシストしてくれる役割も担ってくれるものです。

BtoB領域、BtoC領域いずれにおいてもデジタルマーケティングが重要視される昨今、CRMツールを導入する重要性はますます高まっていると言えます。

現在、この「CRMツール」は数多くのプロダクトが存在します。しかし、自社で導入するにあたり、価格面をハードルに感じている企業も少なくないはずです。そこで注目すべきは「オープンソースのCRMツール」です。オープンソースのCRMツールとは、基本的に無償で導入できるものです。

この記事ではオープンソースのCRMツールについて具体的なプロダクトを挙げながら、そのツールでどんなことができるのか、どんな企業におすすめなのかなどを紹介していきます。 

オープンソースソフトウェアとは?

まずは、「オープンソース」のソフトウェアの基本を理解しましょう。

無償で導入・運用できて、ソースコードも改変可能

「オープンソースソフトウェア」とは、無償で提供されているソフトウェアのことです。「フリーソフト」との違いは、ソースコードが公開されている点です。また、再配布も可能です。

そして、世界中の利用者をアシストするため、ナレッジが蓄積されたヘルプコミュニティが充実している点も特長の一つです。

企業でオープンソースソフトウェアを導入するメリット

コスト削減

「オープンソースソフトウェア」とは無償で提供されているソフトウェアなので、初期費用や月額・年間のライセンス使用料はかかりません。つまり、導入から運用までのコストを丸ごとカットできるというメリットがあります。

信頼性

ソースコードが公開されているので、社内にシステムエンジニアがいれば、もしバグや脆弱性を発見した場合には自社内でも修正対応が可能です。

安定性

ベンダーから使用ライセンスだけを提供され、ソースコードが公開されていないソフトウェアの場合、長期間利用している中で、「突然のサポート打ち切り」「突然のアップグレード対応」など、利用者側がベンダー側の運営方針に合わせなければならない負担も想定されます。

しかし、「オープンソースソフトウェア」は、利用しながら自社のシステムエンジニアの手によってメンテナンスができるため、安定した運用が可能になります。

監査能力

ソースコードが公開されていないソフトウェアの場合、万が一、バグや脆弱性が潜んでいたとしても開発者の手によってしか品質チェックができません。

一方、ソースコードが公開されている「オープンソースソフトウェア」では、自社内のシステムエンジニア自身がいつでも品質チェックを実施することが可能になります。

柔軟性と自由度

「オープンソースソフトウェア」はソースコードが公開されている分、プラグインの追加、API連携など柔軟な開発・カスタマイズ・機能拡張・既存システムとの連携などが可能です。

サポート体制

「オープンソースソフトウェア」では、使用目的や重要度に応じてサポート体制を選ぶことができます。世界中の利用者のナレッジが蓄積された「利用者コミュニティ」でヒントを得て運用に役立てることは無償でできます。ただしこの場合、自己責任となります。

一方、オープンソースソフトウェアに対する「有償サポート」を提供するシステム会社も存在します。こういった会社とサブスクリプション契約することで、バグ・脆弱性への対応など市販ソフトウェアと同様のサポートを受けることもできます。

企業でオープンソースソフトウェアを導入するデメリット

デメリットは、自社内に「オープンソースソフトウェア」を理解できるシステムエンジニアが居ないと、継続的に安心して利用できない、という点です。これまで述べてきたとおり、ソースコードは公開されているので、コードを理解できる人が居れば自社内でバグ・脆弱性対応をはじめとする迅速な運用が可能になります。

しかしエンジニアが自社内におらず、外部に有償サポートを依頼している場合には、修復が遅れて運用に影響が出る、というデメリットが考えられます。