コンテンツマーケティングでは、何を活用して施策を打っていくのかが重要となってきます。これまではテキストコンテンツが主流でしたが、最近は動画に注目が集まるようになりました。多くの情報を短い時間で伝えられることから、効率的な発信が可能となっています。

しかし動画を制作会社に依頼するとなると、膨大な費用が必要と考えている人は意外にも多いです。そこで動画制作にかかる費用について、相場と動画制作の内訳を解説していきます。

また費用を抑える際のポイントや、フリーランスと会社に依頼する際の違いについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

2021年最新の動画制作の相場

ではまずは2021年における動画制作の相場について紹介していきます。動画制作は専門的なスキルが必要になることが多く、その分かかる費用も大きくなってしまいます。

しかしあらかじめ必要な金額が明確にイメージできていれば、依頼する際のハードルも下がるはずです。それではさっそく見ていきましょう。

相場目安は30~50万円

制作会社に依頼する際の相場の目安は30~50万円です。YouTuneなど小規模のものは、1本あたりの単価も数万円となっています。

制作会社の場合、企画から撮影・編集を一貫して行うことがほとんどですが、撮影や編集だけを依頼することも可能です。後ほど費用を抑えるためのポイントも伝えるので、そちらも参考にしてください。

また個人で映像制作をしている人に頼むのもよいでしょう。会社に比べて規模感は小さくなりますが、全体の制作を15万円前後で依頼できる可能性が高いです。

制作を始めたてのクリエイターで実力のある人を見つけられれば、実績公開を許可するなどの条件付きで値段交渉するのも、ひとつの方法でしょう。

目的によって金額は変動

動画を作る目的によっても金額は変動します。インタビュー動画が作りたいのか、企業の研修動画が作りたいのか、動画の目的によって必要な機材も、制作に必要な期間も変わってきます。

より凝った表現を盛り込んで、インパクトのある作品に仕上げたいという要望がある場合は、専門のスキルを持った人員が必要になります。そのため、通常の動画制作にかかる費用を越える可能性もあるでしょう。

基本的に相場の範囲内で依頼できますが、規模感や何をやりたいのかによっては予算に余裕を持たせておくことが重要です。

作りたい動画の尺でも金額は変わる

動画を制作する場合に、完成した動画の尺の長さによっても料金は変わります。1分の動画と10分の動画を制作するのであれば、後者の方が制作にかかるエネルギーと時間が圧倒的に多くなるでしょう。

制作にかかる時間や人の数などは制作費に影響するので、予算を抑えたい場合は尺があまり長くならないようにすることも有効です。

ただ尺が長ければ効果があるというわけでもありません。どんなメッセージを込め、どう動画を運用していくのかが最重要事項です。まずは動画を活用してビジネスを拡大するための最適解を模索していきましょう。