できるだけ予算を抑えるポイント

相場や動画制作に関しての知識が身に付いたところで、依頼のハードルは大きく下がったと思います。とはいっても予算はできるだけ抑えておきたいのが本音でしょう。

そこで費用を少しでも下げるためのポイントも紹介していきます。

依頼する工程を制限する

依頼する工程をあらかじめ制限すると、費用を削減することができます。例えば撮影だけをお願いし、編集は自社のスタッフがおこなう。企画と撮影はおこない編集だけ依頼するなど、一部分のパートだけを外注すると費用は安くなります。

ただ動画制作ではすべての工程でクオリティが追求されるので、クオリティを担保したいのであれば、トータルで依頼するのがおすすめです。

信頼できるフリーランスに依頼する

次は信頼できるフリーランスに依頼することです。制作会社に頼む費用は準備できないとなれば、フリーランスに依頼するのがよいでしょう。しかし重要なことは「信頼できる」フリーランスを見つけることです。相手を見て判断する必要があります。

ポートフォリオが充実していることや、ビジネス相手として受け答えが明瞭であることなど、あらゆる要素を考慮しましょう。一部クリエイターの中にはスキルが不十分な人も存在しているので、見定めていくことが必須です。

自社ですべて制作する

制作会社にもフリーランスにも依頼できないという場合は、自社で制作しましょう。とはいっても、いきなり動画編集ソフトを使って編集しましょうということではありません。

現在は動画を簡単に制作するためのツールも多数存在します。それらを有効活用するのがよいでしょう。

制作の自由度やクオリティはプロの製作物に劣りますが、一定水準のコンテンツを自社で作ることができるのは強い武器となるでしょう。

クオリティを妥協することができ、自社内に制作を進めるだけのリソースがある場合は検討してみてください。

映像を使って効果的なマーケティングを

今回は動画制作の相場について紹介しました。映像制作は入念な準備が必要な側面から、費用が大きくなってしまう傾向があります。しかし選択肢を広げることで、可能な限り予算内での制作を実現することも可能です。

まずは自社が動画を通して何をしたいのかを明確にしていきましょう。その中で必要なものだけを拾い上げていけば、費用も自ずと削減されていくはずです。ぜひ動画を使って効果的なマーケティングを進めてください。

関連記事

動画マーケティングとは?取り組む上での基本や、成功事例も紹介

動画マーケティングとは?取り組む上での基本や、成功事例も紹介

昨今、YouTubeをはじめとする動画プラットフォームやSNS上で、数々の動画広告を目にするようになりました。この記事ではマーケターに向けてこれから「動画マーケティング」に取り組む上での基本を解説し、その成功事例などもお伝えします。

YouTube(ユーチューブ)動画制作に強い会社10選!自社の課題を明確にしてから選ぼう

YouTube(ユーチューブ)動画制作に強い会社10選!自社の課題を明確にしてから選ぼう

動画マーケティングが盛んになり、YouTubeを自社のプロモーション施策に活用する会社も増えてきています。その運用に関して「チャンネル開設」「撮影・制作・編集」「チャンネル管理・効果測定」など一連のプロセスにかかる膨大な手間をトータルで考えた場合、YouTube動画制作やアフターサポートを得意とする会社にこれらの工程をすべてアウトソースする、という選択肢もあります。そこで今回の記事ではビジネスパーソンに向けて、YouTube動画制作会社の選び方のポイント、料金相場などについて、具体的な会社事例10選を挙げながらお伝えします。