動画を活用した商品やサービスのプロモーションは多くの企業が取り組んでいる分野と言えますが、単にお金や時間をかければ効果が得られるわけではないことは課題の一つです。お金や時間によるコスト面での導入ハードルが高い動画制作の中で、プロではなくても簡単に動画が作れるカジュアル動画に注目が高まっています。

そこで『ferret』の運営元、株式会社ベーシック代表の秋山が、伸び続ける動画市場に対してマーケティング支援を行っているアライドアーキテクツ株式会社、プロダクトカンパニー SaaS本部 本部長の藤田佳佑氏にインタビューいたしました。

今回はインターネット広告に動画を活用したい方に向けて、初心者の方でもクオリティの高い動画が作れる動画制作支援ツール『LetroStudio』について語っていただきました。動画広告の成果最大化を目指すカジュアル動画の取り組みにも注目です。

プロフィール

藤田佳佑(ふじた けいすけ)氏
アライドアーキテクツ株式会社 プロダクトカンパニー SaaS本部 本部長
2013年アライドアーキテクツに入社。自社サービスやソリューション営業に3年ほど従事し、2016年にSMB営業部門の部長に就任。2019年よりSaaS営業部の部長として、SaaSプロダクト『Letro(レトロ)』『モニプラファンブログ』を扱う営業部門の統括を担い、2020年以降新たにリリースされた『LetroStudio』を含め、3プロダクトを扱うSaaS本部 本部長としてビジネスサイドの責任者を担う。
秋山 勝(あきやま まさる)
株式会社ベーシック 代表取締役社長
「問題解決の集団として、情熱を妨げる世の中のあらゆる問題解決をやり抜き、多種多様な企業が強みに集中できる世界を創造する」をミッションに、オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」、フォーム作成管理ツール「formrun」のSaaS事業と国内最大級のWebマーケティングメディア「ferret」のメディア事業を展開。

アライドアーキテクツのプロダクト思想とは

aride_3.jpg

秋山:
本日は現在の動画市場における御社サービスのポジションや動画制作についてお話を伺います。最初に事業活動についてお聞かせください。

藤田氏:
アライドアーキテクツ株式会社はマーケティングDXを支援している会社です。具体的にはマーケティングDXを加速するためのSaaSツール、デジタル人材によるソリューションを提供するなかで、作りたい動画を誰でも15分で作れる『LetroStudio』のサービス展開を行っています。

秋山:
御社はこれまで様々な事業をやられていますが、『LetroStudio』はどのような思想でプロダクトを作られたのでしょうか?

藤田氏:
動画クリエイティブ制作業務の過度な負担を解消することで、お客様の事業成長を実現したいと考えて『LetroStudio』を作りました。

弊社は、2018年頃までSNS運用コンサルティング事業や広告代理事業を主力の事業とし、これらの事業の中で、デジタル施策やSNS施策で発生している膨大なクリエイティブ制作業務を経験しました。特に広告代理事業で、広告クリエイティブ制作業務の労働集約度合いを知っていましたし、せっかく作ったクリエイティブが摩耗して数週間で不要になってしまうことも体験しています。

また、お客様と会話をする中で「本当は自分たちでも動画を作りたい」「でも動画を制作できるスキルとノウハウが無い」「動画クリエイティブを都度外部に発注すると費用が高くなってしまう」というお声を聞いていました。

広告代理事業を経験して実務を理解している我々が、お客様が自身で動画クリエイティブを制作できるようにすることで、お客様の事業成長を支援できると考え、1年前にリリースしたのが動画制作支援ツールの『LetroStudio』になります。

秋山:
なるほど、SNS運用コンサルティング会社のイメージが強かったのですがそれだけではないのですね。背景として受託ビジネスをやってきたからこそ『LetroStudio』にそのノウハウが活かされてると感じました。

藤田氏:
そうですね。プロダクトは実際に私たちが広告代理店としてSNSアカウントの運用、広告クリエイティブの制作を行う中で、手作業部分や非効率的だと感じたことをきっかけとして作り始めました。

弊社のサービスの思想として、使いやすいツールと、ツールを活用できる支援サービスの2つが必要だと考えています。当たり前ですが、企業のマーケティング活動にはビジネスゴールがあります。お客様は動画クリエイティブが欲しいのではなく、ビジネスゴールの達成を求めています。どんなに使いやすいツールがあったとしても、ゴールが達成できければツールを継続して利用することはありません。

お客様のビジネスゴールの達成を支援するために、弊社ではご導入企業様に対して動画施策のコンサルティングをしております。お客様にはそれぞれ独自のKPIがあるため、最初にKPIのヒアリングを行い、それを達成させる施策のサポートを弊社が行っています。

秋山:
動画を作ったけど成果が出ないといったケースはよくありそうですね。成果を出すための施策までサポートいただけるのは心強いです。他社との差別化として『LetroStudio』はどのような位置付けでしょうか?

藤田氏:
動画市場で私たちは後発です。しかし、受託業務をやっていたからこそわかる「かゆいところに手が届く」ような機能面での細かい差分がありますし、成果がでるためのノウハウは他社より多いと言えます。選んでいただいたお客様に継続いただくために何よりも成果を重視し、日々アップデートを重ねています。

秋山:
成果にコミットするという点が大きな違いということですね。現在の動画市場に対して御社の見立てやマクロ的な視点からどのようにお考えですか?

藤田氏:
動画市場は今後非常に拡大していくと思っています。その理由は二つあります。一つは環境の変化インターネットのインフラ整備が進んだことでより快適にテキストや動画のコンテンツを楽しめるようになりました。5Gの普及により、さらにコンテンツもリッチになっていくと思います。

二つ目は、SNSを含む各種プラットフォームの動画化の加速です。「YouTube」は動画のSNSですし、「Instagram」などのSNSでも動画化の動きが進み、SNSユーザーにとっても動画は馴染みのあるクリエイティブとして浸透しているのです。従って、動画化については企業より生活者の方が先に進んでると言えます。さらにはコロナの影響で自宅にいる時間が増えたことにより、SNSで動画に接する時間が増加傾向にあることも要因の一つと捉えています。

秋山:
まさに時代が後押ししている印象ですね。SNSというコミュニティの中で企業から発信するコンテンツは宣伝色が強くユーザーにとってはノイズと感じられると思いますが、企業の発信がユーザーに受けて入れてもうためのコツなどありますか?

藤田氏:
そうですね、なによりも動画を掲載する媒体に合わせることが大切です。そこにいる人たちがどういう気持ちでいるかに尽きると言えます。例えば、企業のWebサイト内に、企業が言いたいことを言う商品PR動画が入っていても違和感はありませんが、生活者が主体となるSNSの場合、企業が言いたいことを言う動画は違和感(ノイズ)が出ますね。いかにその場に馴染ませるかを考えることがコツです。

SNSごとに動画を作り分けるのは大変な負担になりますが、簡単に作れるカジュアル動画は制作負担も少ないので、カジュアル動画は一つの突破口と考えています。

※『LetroStudio』で作成したカジュアル動画テンプレートの一例。十数秒ほどの短い動画でも商品・サービスの魅力を十分に訴求できる。

秋山:
馴染む動画を定義するのは難しそうですが、カジュアル動画はユーザーからするとどのような面で受け入れられやすい動画なのでしょうか?

藤田氏:
プロが1ヶ月かけた動画であろうと、動画制作の素人が数時間で作ったカジュアル動画であろうと、受け入れられやすさには関係は無いと思います。1,000万円かけて作ったものでも生活者から受け入れられなくて成果が出なければ意味がないですし、逆に安く短時間で作った動画が生活者に受け入れられて成果が出ればそちらの方が結果が良いことになります。

そして、カジュアル動画でも十分受け入れられて成果が出るということがわかってきたので、企業としてはプロに時間とお金をかけた動画制作を依頼しなくても一定の成果を出せるカジュアル動画が有効な選択肢になってきています。