ビジネスを拡大するためには、マーケティングを有効に活用していく必要があります。しかし言葉にするのは簡単でも、実際に行動に移すためにはエネルギーが必要です。手作業でリサーチをおこない、考え実行する。この工程を何度も繰り返すのは大きな負荷となるでしょう。

そこで注目したいのがMAツールというものです。マーケティングオートメーションツールの略称であり、多くの手間を削減してくれるツールといえます。実際に活用することによって、作業効率を格段に向上させ、業績を改善することにつながるでしょう。

今回はそんなMAツールを導入していくために、事前に知っておきたい基本知識や失敗しやすい活用法などを中心に紹介していきます。この記事を通して、MAツールについての理解を深め、効果的な利用につなげてもらえれば幸いです。

MAツールとは

まずは簡単にMAツールとはどのようなツールであるのかを見ていきましょう。全体像をイメージすることで、そのあとの内容の理解度も変わります。本項を通して、MAツールがどのような存在なのかを掴んでいきましょう。

マーケティングを自動化するためのツール

MAツールは、名前の通りマーケティングを自動化するためのツールです。とはいってもマーケティングの何を自動化するのか、明確にわかりづらいのが難点といえます。マーケティングにおけるさまざまな作業を分解していくと、どこでツールが活躍するのかが見えてくるでしょう。

マーケティングはいわば、顧客となりうる層を見極めてアプローチしていくための手法です。当然相手のことを知るためにリサーチをする必要がありますが、リサーチ作業がすぐに終わることは珍しいでしょう。

まずはトレンドの分析や、求められているものを綿密に考えること。そのうえでアプローチした見込み客とのコミュニケーションを図ることも求められるでしょう。このように時間とエネルギーが必要となります。

この手間を削減するために作業を自動化をするのがMAツールです。本当にやるべきことに注力するために役立つツールとなっています。

###効果は大きいが使い方を間違えると…

このMAツールは大きな効果が得られますが、注意が必要です。もし誤った使い方をしてしまうと、かえって自社を圧迫するコストに変化してしまいます。

あくまでマーケティングの目的を実現するためのツールです。ツールを導入することがメインになってしまうと、本来の用途を満たしきれなくなる恐れがあるので、まずは地に足をつけて本当に必要なのかどうかを見極めるところから始めましょう。

MAツールでできること

ではMAツールについて詳しく触れていきます。MAツールでは自動化が可能となっていますが、具体的にどのようなことができるようになるのかを見ていきましょう。活用することでこれまで煩わしかった作業が簡略化できるので、ぜひ参考にしてください。

顧客情報の一括管理

まずは顧客情報を一括管理できる点です。適切なアプローチをかけていくにあたって、顧客情報は貴重なデータとなります。リストをとることの重要性は広く浸透していますが、データ管理が大変であることは容易に想像できます。

MAツールではデータをツール内に集約させて扱えるので、状況に応じた条件でアプローチをしていくことが可能です。手作業でおこなっていた場合におこりがちな、連絡漏れや条件に適さない顧客にアプローチしてしまうといったミスも防げるでしょう。

顧客とのコミュニケーションの幅を広げる

MAツールは見込み客とのコミュニケーションを円滑にする効果があります。例えばメルマガなどでリストをとったとしても、継続的なアプローチができなければ顧客となる可能性は乏しいでしょう。また顧客によって自社サービスに対する関心の度合いも異なることから、同一のメッセージを送るのも効率が悪いです。

そこでMAツールの機能を活用すると、顧客の属性に応じた内容のメールを送信することができます。顧客の反応もツールを通して知ることができるので、自社のマーケティングの課題を知ることにも繋がるでしょう。

顧客教育に関する施策の強化

先ほど顧客とのコミュニケーションを円滑にするということを伝えましたが、これを活かすことで顧客教育を強化することも可能です。顧客がどこで自社のメルマガに登録したのかといったデータを確認して、自社に対する意識の度合いを図ることもできます。

これらの情報を分析し、マーケティングに落としてこんでいく。この工程を入れていくことで、精度の高いマーケティングをおこなうことができるでしょう。ステップメールなどの機能も充実しているので、合わせて活用すると強力な武器となるはずです。