MAツール導入のメリット

ではMAツールでできることがわかったところで、メリットについてを整理しておきます。実際に導入する際には、この項目をチェックポイントとして活用することで、検討する際の指標が得られるでしょう。ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

業務の簡略化が可能

1つ目はやはり業務の簡略化についてです。手作業でやっていたことの多くを自動でシステムがやってくれるとなると、時間が大幅に浮くことでしょう。その時間は真にやるべき業務に充てることができます。分析活動や重要な意思決定が必要なものなどに時間を投下することは、マーケティングの質を高めるために重要です。

便利なMAツールですが、あくまで道具であることを忘れないようにしましょう。この意識があれば、やるべきことを確実に進めていける環境構築につながるでしょう。

質の高いマーケティングにより顧客教育を促進

MAツールは顧客情報の管理を得意としています。それをマーケティンで活用できることも、導入のメリットといえるでしょう。顧客を属性ごとに管理するだけでも、アプローチの質は格段に上がります。そのうえ、顧客それぞれの行動をトラッキングできることから、自社の課題を明確に把握することも可能です。

質の高い情報はマーケティングを促進します。しかしそれを手に入れるのは難しく、業者を通して調査を依頼するケースもあるでしょう。それもMAツールを活用すれば、簡単に手に入れることができます。情報収集と分析作業を自社内で完結し、少ない工数で業務を進めていけるでしょう。

新しいビジネスの可能性を広げる

マーケティングの質が高まれば、それに応じて業績も変化してきます。これまでよりも成約が伸びているのであれば、新しい事業を打ち出すチャンスも巡ってくるでしょう。MAツールはただ自動でマーケティングのサポートができるだけでなく、データを集める機能も充実しています。

自社が現段階で求められている価値。これをツールを通して知ることで、新しい可能性を広げていくことができるようになるでしょう。

MAツールの導入に失敗しやすい活用法とは

MAツールが便利であることは分かったので、今すぐ導入していきましょう。こう思った場合は注意が必要です。便利なものには当然デメリットもあります。そこでMAツールの導入を円滑に進めていくためにも、失敗しやすい活用法についても見ておきましょう。

自社のマーケティングに合った使い方ができていない

まずは自社のマーケティングの目的が明確でない状態で使うことです。あくまでツールである以上、その使い方の方針が定まっていることは絶対条件となります。どれだけ便利な道具が合ったとしても、その価値を引き出せなければ意味はありません。

例えば、自社サービスを開発する初期のリサーチ段階でMAツールを導入してしまうと、効果が薄くなってしまうでしょう。MAツールは見込み客へのアプローチを強化することはできますが、意思決定や分析作業は自動化できません。何が課題となり重要なのかを整理して、MAツールの導入を進めましょう。

MAツールの効果を最大化するための人員を確保できていない

MAツールの導入を検討している会社の多くが、ツールを活用する人員の確保ができていないという問題もあります。顧客の反応などから得られたデータは誰が分析するのでしょうか。ツールはあくまでアプローチを補助するもので、分析作業をツールで代替することはできません。

MAツールを活用することと、そのツールで得た情報を整理し活用する人員を用意することはセットで考えておきましょう。

機能を効果的に活用できていない

MAツールは便利で有効なマーケティングを促進してくれます。しかしその機能の豊富さから、十分に使いこなせないまま終わるケースもあるでしょう。機能が豊富であるということは、ひとつひとつの機能と自社にあった活用法の理解が必須です。マーケティングに活かせる活用法を模索することが重要となるでしょう。

導入する前に人員の確保も含め、簡単にシミュレーションをおこなっておくのがおすすめです。自社に本当に必要なことを確認していく時間は重要といえます。