顧客とのコミュニケーションを促進するためには、ニーズに沿った対応を適宜おこなっていく必要があります。しかし日々変化の激しいビジネスの現場においては、毎回適切な対応ができる保証がありません。そのため顧客によって対応の質が異なるという問題が発声してしまうのです。

そこで活用できるのがMAツールマーケティングを自動化することが目的とされ、顧客コミュニケーションをサポートしてくれるものです。導入によって、有力な見込み客を把握することや次の施策に役立つデータを確保することもできるでしょう。

今回紹介するのは、CRMでトップといわれるSalesforceが提供するPardotです。導入をする上で気になる価格や特徴について解説していきます。

Salesforce Pardotとは

image5.jpg

出典:マーケティングの自動化で成功への新たな道を開く

まずはSalesforce Pardotについて解説します。Salesforce Pardotは、世界でトップのCRMツールで知られるSalesforceが提供しているMAツールです。ユーザーの属性や行動を自動でまとめ上げてくれるため、工数を削減しつつ効果を出すことが可能です。

施策に対しての費用対効果を把握したり、情報共有をより円滑にしたりと、ビジネス全体の生産性を高めたい場合に活躍するツールです。ユーザーの属性をスコアリングしたり、リード獲得をしたりするための機能が充実しているところも魅力的といえます。

Pardotで使える機能

image2.jpg

出典:B2Bのマーケティングの自動化その利点を詳しくご紹介します

ここからはPardotで使える機能を詳しく見ていきましょう。Salesforceが提供しているMAツールということもあり、機能は豊富に揃っています。今回はその中でも実践的な用途に絞って紹介するので、導入した場合をイメージをしながら確認してください。

顧客属性を把握できるトラッキング

顧客がどのような行動をサイト上でおこなったのかを確認できるのが「トラッキング」機能です。サイトのどの部分に関心を示しているのかは、自社のビジネスにおいてどこに注力すべきかのヒントになります。顧客の滞在時間もわかるため、より購買意欲の高いユーザーへのアプローチにも役立つでしょう。

マーケティングにおいて顧客の心理に沿った施策ができるかは、成果に大きく影響します。Pardotでビジネスを拡大させたい場合には、使いこなしたい機能のひとつです。

Pardot(パードット)ってどんなMAツール?機能や特徴などを紹介

Pardot(パードット)ってどんなMAツール?機能や特徴などを紹介

Pardot(パードット)は、Salesforceと連携して使える優れたMAツールです。この記事では、Pardotの特徴や機能、導入事例などをご紹介します。MAツールを探している方やSalesforceを利用している方に特にお役立ていただける内容です。

メールシナリオで効果的にアプローチ

メールシナリオ」など、顧客の段階や属性にフォーカスしたアプローチに効果的です。ビジネスにおいて顧客対応は重要ではありますが、注力しすぎるとリソースが削られてしまう問題があります。そこで、メールシナリオを活用することで、適切なタイミングで効率的なアプローチが実現できます。

顧客の行動に沿ってメールが送信される仕組みとなっているので、顧客の満足度を高める効果もある機能です。メールには顧客の反応を計測する機能もついており、データをもとにシナリオの精度を高めることもできます。

簡単にフォームやレポートを作成

フォームやレポートの作成が簡単なことも魅力的な機能です。顧客からほしい情報を入手する際にフォームを設置することはありますが、従来の方法だと手間がかかるのが難点でした。こちらは反応されやすい設置の仕方ができるので、情報も集めやすいでしょう。

またレポートもさまざまな種類が用意されており、ユーザーの動きから費用対効果などをわかりやすくまとめることができます。PDCAを回すための重要な情報源となるでしょう。リアルタイムで顧客情報の確認ができるので、組み合わせて活用するのがおすすめです。

スコアリング・グレーディングでリードを把握

顧客の行動によって「スコアリング」をする機能も搭載。より効率的にビジネスを進めていきたいのであれば、モチベーションの高い顧客に対するアプローチを強化するのが得策です。しかしツールなしでは類推する方法しかありませんでした。Pardotでは、顧客の行動によってスコアリングやグレーディングが可能です。

ユーザー属性に合わせたアプローチができるので、上手に活用すれば成果にもつなげやすい効果といえます。