MAツール導入から活用するまでの流れ

ではMAツールを実際に活用する流れを簡単に押さえておきましょう。

まずは導入するにあたって自社が解決すべき課題を整理します。その課題に応じて適したツールを決めていくのですが、MAツールといわれるものは無数に存在するので、吟味して選んでいくことが重要です。費用感や使いやすさなど総合的に判断した後に決めましょう。

ツールの選定後は各種設定をおこなっていきますが、この工程がツールを使いこなせるかに直結します。始めは上手くできなくても、活用していく中で改善を繰り返していきましょう。その途中で得た情報は自社内でも積極的に利用していくと、相乗効果も見込めます。

MAツールを選択する際のポイント

ではMAツール選定をする際のポイントについても紹介します。これらのポイントを押さえておくことで、ツールを比較する際の基準を作ることが可能です。取り入れて最適なツールを見つけてください。

自社が何を目的にしてマーケティングをおこなうのか

何度もいいますが、目的をもってツールを活用することが重要です。自社が何を課題としていて、それをツールによってどう改善できるのか。これをイメージしながら活用をおこなってください。自社の目的を整理し見つめ直す機会にもなるので、ツール選定を通して方向性を定めていきましょう。

十分なリソースが整っているか

MAツールを活用する中で、十分に価値を引き出せる土壌が求められます。ツールを使いこなす人員にしても、費用にしても自社の状況を圧迫するようなことがあれば、ツール導入は悪手となるでしょう。ツールを導入する必要性が本当にあるのか。それを活用できるだけの実力や余白はあるのかを考えてください。

導入実績から求めている結果が得られるかを吟味

MAツールのホームページを確認すると、実際に活用した企業の導入実績が載っていることがあります。これを確認して導入判断につなげるのもおすすめです。自社が求めている活用法で結果が出ている場合は、導入してよい結果が得られる可能性も高くなります。実際に活用している例で比較をしていくと、よりイメージしながら検討していくことが可能です。

活用しやすいサポートが得られるか

ツールについての問い合わせなど、各種サポートについても注意が必要です。やはり活用していく中で、わからないことが発生する場面は起こり得ます。そこで自力ですべて解決するのは難しいでしょう。その際にサポートが必要になりますが、どの範囲まで対応してくれるのかは事前にチェックしておきましょう。

初歩的な内容から踏み込んだ内容まで幅広く対応できる場合は、導入後も安心して活用できます。

MAツールでマーケティングの質向上へ

MAツールについて紹介してきましたが、マーケティングを促進するために効果的なツールであることが分かりました。しかし便利なだけでなく注意すべきこともあるので、今回紹介したポイントを参考にしてもらえれば幸いです。

MAツールを適切に導入して、質の高いマーケティング活動を進めていきましょう。