Twitterアナリティクス

2014年8月から追加された新機能で、自分のアカウントで呟いたツイートの簡単な状況分析が可能になりました。

15.インプレッション

自身のツイートが、ユーザーに何回見られたかを示す数値です。

16.エンゲージメント

・クリック
・リプライ
・お気に入り
・リツイート
・フォロー
のいずれかのアクションを起こした場合にカウントされます。

17.エンゲージメント率

インプレッション(見られた回数)に対し、どれだけエンゲージメントされたかの割合を表します。

ユーザー間でよく使われる用語

18.なう

英語の「now」が語源で、今行っているものを表現するものです。「通勤なう」「ランチなう」というように使われます。

19.わず

英語の「was」が語源で、何かを行った後の状態を指します。「新宿わず」「カラオケわず」と使われます。

20.だん

英語の「done」が語源で、「わず」と意味合い的には近いのですが、「だん」は「マラソンだん」「お祓いだん」というように何かを完了した時に使われる場合が多い用語です。

21.うぃる

英語の「will」が語源で、これから起こす行動を表現する時に使います。「買い物うぃる」「魔界村うぃる」という風に使われます。

22.エゴサーチ

Twitter内で、自分の名前・運営しているブログ・会社名などを検索する行為を「エゴサーチ」と呼びます。

23.パクツイ

ユーザーの過去ツイートを盗用したものを「パクツイ」と呼びます。過去に大量のリツイートやお気に入り数を獲得したツイートを、あたかも自分のつぶやきのようにツイートし、そこでまたリツイートやお気に入りを獲得する、という現象が頻繁に起きています。

24.空リプ(からりぷ)/エアリプ

他のユーザーに対し、アカウント名を入れずに返信を行うことです。ほとんどの場合、まずはリツイートが行われ、そのリツイート内容に対して返信しているような内容のツイートが投稿されます。直接返信を避けたい場合に使われます。

まとめ

TwitterはFacebookに比べればカジュアルに利用されるイメージが強いSNSです。上記で紹介したようなハッシュタグ等で今話題のものが検索しやすいような作りになっているので、SNSとしてだけでなく、マーケティングツールとしても有用です。
2014年8月にTwitterアナリティクスという解析機能も新設されたので、今後ますます活用の幅は広がるでしょう。
いきなりビジネス活用をしようとすると躊躇してしまいがちですが、まずはいちユーザーとしてTwitterを利用し、上記で紹介したような機能を実際に使って、Twitterユーザーの心理を理解してみましょう。

このニュースに関連するカリキュラム

Twitterと同様、FacebookもWebマーケティングにおいては欠かせない要素です。こちらのカリキュラムでビジネスにおけるFacebook運用の基礎をおさらいしてみましょう。