ビジネスを拡大するためには、顧客に対して真摯に向き合うことが求められます。しかし、多くの業務をこなしながら、顧客の属性に応じて適切なアプローチをするには、かなりのエネルギーを要すため、容易なことではありません。

そこで多くの企業が導入しているツールがCRMツールです。顧客情報を一括で管理でき、ビジネス促進のための情報の取り扱いをサポートします。導入することで業績を伸ばした企業も多数存在しているので、導入を検討してみるのもよいでしょう。

しかしCRMツールにも複数の種類があり、目的に沿ったものを選択する必要があります。そこで今回は代表的なものから、Oracle社のCRMツールをピックアップして紹介します。ツールの特徴や導入のメリット、注意点についても見ていきましょう。

CRMツールとは

まずは、CRMツールの概要について押さえておきます。ツールの概要を知っておくことで、より明確なイメ―ジを持った状態でツールの情報を知ることが可能です。

顧客との関係性を補強するためのツール

CRMツールは企業が抱える膨大な顧客情報を一括で管理するためのツールです。一括管理することによって、より正確なマーケティング活動をおこなえるようになり、顧客とのコミュニケーションの質を向上させることができます。

会社が多くの部署で分かれている場合は、社内での情報共有も難しくなるでしょう。CRMツールの導入は、企業内部での密な連携を可能にしてくれます。顧客がアプローチに対してどのような反応を示したのかといった情報を共有することで、その後のアプローチミスを防ぐことにも繋がるでしょう。

CRMツールは、顧客との関係性を構築し、ビジネスを拡大するために重要なツールといえます。

新規層や見込み客とのコミュニケーションを円滑に

CRMツールを活用することで、新規層や見込み客へのアプローチ方法もわかりやすくなります。何に関心があるのかといった情報がツールの中に蓄積されることから、予測を立てる際の精度を高めることも可能です。

アプローチをする際に予測を立てることは従来からもおこなわれていましたが、顧客の行動に基づいたデータは心強い味方といえます。CRMツールは単に情報を管理するだけではなく、顧客と向き合う際に必要な情報を整理し、マーケティングを促進してくれるツールなのです。

CRMツールの種類

CRMツールは2種類あります。どちらを使うかによって大きく性質が異なるので、本項では2つの種類についてそれぞれ解説します。どのような会社に適しているのかといった点も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

オンプレミス型

オープンソースで活用できるのがオンプレミス型です。自社にエンジニアがいる場合には、適宜機能を拡張できる自由度の高さが特徴です。自社サーバーの中で管理ができるので、セキュリティの面でも安心して利用することができるでしょう。

無料で活用できるツールが多いことでも知られているので、CRMツールについて手っ取り早く知りたいという場合にもおすすめです。

クラウド型

クラウド型は、サービスの提供元が用意したサーバーにアクセスすることで利用可能です。インターネットを活用しているので、場所を選ばずにアクセスできることが特徴です。オンプレミス型と比べて拡張性には劣りますが、フットワークを軽くしたい企業には適しているでしょう。

外部のサーバーを活用するためにセキュリティ面で不安となる点があるので、導入の際は慎重に検討してください。