まとめ

今回ご紹介したように、Googleからの警告解除は時間や労力を必要とします。
そのため、Google曰く、警告解除にかかる労力は時にして、サイトを一から作り直した方がコストが安い場合があるとの事です。

また、このような警告解除でのやり取りに関しては、Googleの担当者を介していると思われる部分もあるため、単純に削除を行った旨だけでなく、具体的にどういったことを行ったかを事細かに記することで、解除に至る傾向が多いようです。

今回の事例を踏まえて、不自然なリンク数や種類数に応じて、解除に至る可能性が極めて低くなるか、解除するために長期間を要することが分かる事例でした。

この事例の元になったカリキュラム

過度なSEOを施しGoogleから目をつけられた人がいます。Googleから行き過ぎたSEOには警告が来ることが知られています。そして、その結果、検索結果でホームページが表示されなくなる(順位が大きく落とされる)ことがあり、それをGoogleペナルティとよびます。