ビジネス環境におけるIT化が進み、各企業に蓄積される電子データが膨大になりつつある現在、情報を可視化し、活用できるようにするBI(Business Intelligence)ダッシュボードの重要性が高まっています。

MotionBoardは、豊かな表現力、操作性の高さが評価され、多くの企業で導入が進められている国産BIツールの一つです。本記事では、このMotionBoardに注目し、機能や特徴、動作環境、価格などについて詳しく解説します。

MotionBoardとは?

MotionBoardはウイングアーク1st株式会社が開発・販売しているBIツールです。ここではMotionBoardの基本的な機能や動作環境、利用料金などについてご紹介します。

データを集約し、リアルタイムで可視化

MotionBoardでは、企業内のあらゆるデータソースと接続し、使用者の要求に合わせてデータを集計しながら、瞬時にグラフや表を作成・可視化できます。データベース・データウェアハウスに追加された情報はリアルタイムで反映されるため、閲覧している情報にタイムラグが発生しません。

また、高度なインメモリ技術によって、大量のデータを高速で処理できる点も魅力です。差分データの取り込みや条件指定による取り込みなども行うことができ、顧客の運用に合った利用方法を選べます。

企業内の多様なデータベースと連携可能

企業では社内に複数のシステムを持ち、それぞれに膨大なデータが蓄積されているのが一般的です。

例えば、経理部門であれば企業が導入している会計・経理システムに財務情報が保管され、製造部門が利用している生産システム、営業部門が使用している営業支援システムなどにもそれぞれ大量のデータが保管されているわけです。

MotionBoardはそれら社内で用いられているあらゆるデータベースと連携し、必要な情報を集約、ダッシュボードで可視化できます。また、社員が日常的に使用しているExcelやCSVファイルからデータも取り込めるので、膨大な情報をデータソースで一挙に確認することができます。

MotionBoardの動作環境と利用価格

Windows版のMotionBoardを利用する上で必要となる動作環境は、サーバー環境はOSがMicrosoft Windows Server 2012~2019、CPUがIntel Xeon 1GHz以上、メモリが16GB以上となっています。

Linux版のMotionBoardの場合、サーバー環境はUbuntu Server16.04~20.04 .x LTS、Red Hat Enterprise Linux6.1~8.1に対応し、CPU とメモリ使用量はWindows版と同じです。

クライアント環境には、OSとしてMicrosoft Windows 8.1、Microsoft Windows 10 、macOS Catalina、OS X Yosemite、OS X El Capitan、macOS Sierra、macOS High Sierra、macOS Mojaveのいずれかが必要です。

CPUは1GHz以上、メモリ使用量は1GB以上、ディスク使用量は512MB以上が求められます。WebブラウザーはMicrosoft Edge、Internet Explorer、Mozilla Firefox、Google Chromeなどに対応しています。

MotionBoard(Ver.6.1)導入にかかる費用は、クラウドサービスの場合は初期費用が10万円(税別)で、月額費用は最低3万円(10ユーザーからとなっています。

パッケージ版の場合は、初年度における年間保守料金込みで230万円(10ユーザー)からです。