ECサイトを運営するなかで、新たな集客経路としてInstagramを活用したいと考える方も多いのではないでしょうか。Instagramを上手に活用すれば、 新たなユーザー層に対して自社商品の魅力を伝え、ECサイトへのアクセスを促すことが可能 です。

この記事では、EC集客に役立つ「Instagramショッピング」の概要や利用手順、具体的な事例について解説します。Instagramを使ったEC集客のポイントを知りたいWebマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

Instagramでリーチできるターゲットユーザー

Instagramを運営するFacebook社の公式発表によれば、Instagramの国内における月間アクティブユーザー数は2019年3月時点で3,300万件を突破しています。利用者のうち57%は女性、43%は男性として登録されているため、さまざまなユーザーにリーチすることが可能です。

また、20歳~34歳のユーザーは男女がほぼ同数の割合であることも発表されました。そのため、 女性だけでなく、男性をターゲットとしたEC集客にも Instagramが活用できます。

InstagramをEC集客につなげるショッピング機能とは?

Instagramのアカウントでは、写真や動画とともにテキストを投稿することが可能です。ただし、投稿内容に外部サイトへのリンクを含めることはできません。

そのため、Instagramから自社のECサイトへアクセスを集める際は、Instagramショッピングと呼ばれる機能を使う必要があります。Instagramショッピングのメリットや利用条件は次の通りです。

Instagramショッピングを利用するメリット

Instagramショッピング機能を使うと、投稿した写真に商品をタグ付けすることができます。商品タグをタップするとInstagram内の「ショップ」と呼ばれるページに遷移し、そこから外部サイトへのアクセスが可能です。

Instagramショッピング機能には下記のようなメリットがあります。

  • Instagramの投稿からECサイトへの誘導ができる
  • ショップページで商品の詳細が説明できる
  • ショップページからアカウントへのメッセージ送信が促せる
  • 無料で利用できる

Instagramショッピングを利用できるECサイトの条件

Instagramショッピング機能は、下記の条件を満たすECサイトで、主に有形商品を扱っている場合のみ利用が可能です。

  1. FacebookおよびInstagramのポリシーに準拠していること
  2. 該当するビジネスとドメインに紐付いていること
  3. 所在地がコマースを利用できる国であること
  4. 信頼性を示すこと
  5. 正確な情報を提供し、ベストプラクティスに従うこと

参照:コマースの利用要件

2番目の条件は、Instagramショッピング機能で宣伝する商品が、ECサイトで直接購入できることを表します。

4番目の「信頼性」とは、アカウントの運営状態やフォロワー数に関する条件です。ただし、具体的な数値などは公式サイトに明記されていません。後述するアカウントの審査に通過することで、ショッピング機能の利用が可能です。

5番目の条件は、商品の価格や在庫情報が正確であることや、返金・返品に関するポリシーを表示することを表します。InstagramをEC集客に利用する際は、自社のビジネスが上記の条件を満たしていることを確認しましょう。