Facebookでは現在、ユーザーがFacebookを離脱せずにコンテンツを閲覧することができる施策を進めています。

この施策の一環として、次のFacebookが発表したサービスが「キャンバス広告」です。
2015年6月にカンヌ映画祭での発表に後秋頃から試運転されていましたが、2016年2月26日より正式リリースされすべての広告主が利用可能になりました。

今回は、Facebook広告の新フォーマット「キャンバス広告」の概要をご紹介します。
新しい広告出稿スタイルとして、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Facebook広告とは何か
Facebook広告を活用できるようになるための設問4つ
Facebook広告はちょっと違う!コンバージョン測定をする方法を解説

キャンバス広告とは

「キャンバス広告」とは、モバイルデバイス上でインタラクティブなコンテンツを提供できる広告フォーマットを指します。
テキスト、画像、動画、リンクを組み合わせたコンテンツが作成可能で、カタログ機能やチュートリアルなど、様々なサービスのプロモーションに応用可能です。

例えば、ネットショップなど画像が多いホームページは表示されるまでに時間がかかってしまう場合があるため、Facebook上でユーザーの関心を惹く商品があったとしても表示速度の遅さがネックとなり直帰してしまう場合があります。
しかし、キャンバス広告の場合はロード時間が無いため、ユーザーを待たせることがないためユーザビリティ向上につながります。

海外で行われたテストによると、キャンバス広告をクリックしたユーザーの40〜50%が最後までスクロールした他、平均滞在時間が長くなったという結果が出ており、動画広告よりも高い効果を示した事例も出ています。
Facebookの「キャンバス広告」は、動画広告より効果的!?:約3分の滞在時間を獲得したテスト事例 | DIGIDAY[日本版]

配信できる広告タイプ

5.png
(Facebookでモバイルショッピングはもっと身近により引用)

キャンバス広告で配信できる広告のタイプには、以下の3つがあります。

・デフォルト
・拡大
・チルト・バン

デフォルト

カルーセル表示や画像を表示する、デフォルトタイプです。

拡大

画像をタップするとフルスクリーンで表示できたり、ズームさせることができるタイプです。

チルト・バン

モバイルを傾けると、画像が左右にスライドするタイプです。

出稿方法

step1.

1.png
まずはじめに、Facebookページの管理画面の上部の表示されているメニューから「投稿ツール」を選択します。
すると画面右側に「キャンバス」という項目が表示されますので、こちらをクリックしてください。

step2.

2.png
キャンバス広告を作成する画面に遷移します。
画面右上の「作成」というボタンをクリックしてください。

step3.

3.png
広告内容を設定する、キャンバスビルダーという画面に遷移します。
上から順番に、テーマ、ヘッダー画像、広告内に表示させたい画像やリンク先のURL、アクションボタンとその詳細を設定します。
設定した内容は、画面右側の「クイックビュー」に反映されます。
広告内に表示させたい画像やリンク先のURL、アクションボタンなどの表示させたい要素は、順番を入れ替えることも可能です。
要素の横に、上下矢印が表示されていますので、そちらをクリックして入れ替えてください。
さらにその横にあるゴミ箱マークをクリックすると、必要ない要素を削除することも可能です(赤枠部分)。

  • ヘッダー画像、広告内画像に最適な画像サイズは以下の通りです。
    ヘッダー画像:120 x 44px
    広告内画像:640px、72dpi

  • 広告内画像では、3種類の表示方法を選択することができます。
    上記で解説した3種類のうち、最適なものを選択してください。

  • アクションボタンには、アクションを促すテキストを入力することができます。
    ボタンスタイルも2種類用意されていますので、最適な方を選択してください。

さらに加えて「コンポーネントを追加」というメニューも用意されています。
動画やカルーセル、写真、テキストブロックなどを追加することが可能です。
さらにリッチな広告にしたい場合は利用してみるとよいでしょう。

step4.

作成できたら、画面右上の「下書きを保存」ボタンをクリックしてから「完了」ボタンをクリックしてください。
「下書きを保存」ボタンをクリックしなければ、完了ボタンをクリックすることはできません。

step5.

最後に、作業を終了するかどうか確認するメッセージが表示されます。
ここで「完了」ボタンをクリックすると、広告に添付できるURLが生成されます。

なお、URL生成後は作成したキャンバスを編集することができなくなりますので、注意してください。

step6.

4.png
URLが生成されると、画面右上に「投稿を作成」「URLを取得」というボタンが表示されます。
「投稿を作成」をクリックすると、新しいページ投稿が作成されます。

通常、Facebookページで記事などを投稿するように投稿を作成したり、投稿の広告を出稿することができます。

URLを取得」をクリックすると、生成されたURLが表示されます。
このURLをコピー&ペーストしてFacebook内で使用してください。

以上で作成完了です。
作成した広告は、step1で表示された画面上に作成された順に表示されます。

まとめ

キャンバス広告を利用すればFacebook内でユーザーをふるいにかけることで無駄なトラフィックを抑え、優良な見込みユーザーを自社ホームページへ誘導できます。
キャンバス広告作成に追加で費用が発生することはなく、実は作成もそれほど難しいものではありません。

これまでの広告以上にリッチかつユーザビリティの高い広告ユーザーを惹きつける可能性を持っているキャンバス広告、まずは一度利用してみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Facebook広告とは何か
Facebook広告を活用できるようになるための設問4つ
Facebook広告はちょっと違う!コンバージョン測定をする方法を解説

このニュースに関連するカリキュラム

Facebook広告とは何か

Facebook広告とは何か

Facebookの利用が広がっています。街なかでもスマートフォンの画面でFacebookをしている人が少なくありません。そこに広告出稿できる、それがFacebook広告です。