リモートワークなどを行っている方は、場所の都合で対面での会議がなかなか難しい場合があります。

しかし、資料や映像などを見ながら会議を行いたい場合、電話音声のみではできることの範囲が狭いという問題があります。
そこで活用したいのが、インターネット回線を利用したビデオ会議(以後、Web会議)です。

Web会議を行うためのツールはいくつか存在しますが、音声が途切れてしまったり動画がうまく表示されなかったり、アプリのインストールが必要であったりと導入にあたり障壁のあるものも少なくありません。

今回は、パソコンまたはiPhoneとインターネット環境さえあれば誰でもすぐに使用できる無料ツール「Appear.in」を紹介します。

▼他のWeb会議システムもチェック▼
ファイルの共有や録画も無料でできる!Web会議システム7選

Appear.inとは

Appear.in.png
https://appear.in/

パソコンまたはiPhoneとインターネット環境があれば、事前にアカウント設定やアプリのインストール等は必要ない、Web会議のためのツールです。
海外サービスのためすべて英語表記となっていますが、本記事でご紹介する最低限の機能さえマスターしておけば使用に際して問題ありません。
ひとつの会議に参加できる人数は、最高で8人までです。

なお、使用する際のブラウザは以下の3つに限定されていますので注意してください。

  • Chrome
  • FireFox
  • Opera

使用方法

step1.

先にご紹介した3つのいずれかのブラウザで、Appear.inにアクセスします。

step2.

1.png
画面中央にボックスが表示されていますので、任意のアルファベットを入力してください。
適当な文字列で構いません。
これがWeb会議のURLとなります。

step3.

作成したURLを、会議の相手に送信します。
相手がURLにアクセスすれば会議をスタートすることができます。

知っておきたい基本機能

2.png
URLにアクセスすると、画面上にメニューが表示されています。
画面向かって左から順にご紹介します。

Invite

Web会議に招待することができます。
ここをクリックすると、会議のURLが表示されますので招待したい相手に送信してください。

Cam/Mic

カメラのオン/オフの切り替えボタンです。
カメラは、オン/オフを切り替えることができます。
オフにした場合は、音声のみの会話が可能です。

Lock

このボタンでは、参加者が全員アクセスしたら、ロックをかけることができます。
ロックをかけると、会議に関係のない人のアクセスを防止できます。

Claim

この機能は、基本的に使用するシーンはあまりありません。
会議に参加している人を、会議の主催者が退出させるなどの機能です。
この機能を使用する場合はあらかじめアカウント登録が必要となります。

Leave

会議を退出するボタンです。
Web会議が終了したらこのボタンをクリックしてください。

Terms of use

画面右下のアイコンです。
ビデオやマイクを使用したやり取りだけではなく、テキストでのチャットも可能です。
このアイコンをクリックすると、チャットボックスが開きます。

画面共有

_3.png
自分の映像の下に表示されているパソコンのアイコンをクリックすると、画面共有が可能になります。
この際、事前にChrome拡張機能をインストールしておく必要があります。
appear.in screen sharing|Google Chrome

まとめ

Appear.inは世界有数の電話会社が開発したツールで、動画・音声ともに他のWeb会議ツール以上のクオリティとなっています。
会議の相手が海外在住でも、特に時差なども発生しないようですので、その安定性はスムーズにWeb会議を進める上でも非常に便利です。

筆者も使用してみましたが、Appear.inにアクセスしてから1分未満で会議を開始することができました。
Web会議をしていて不便に感じていることがあるなら、ぜひ使用してみてください。

▼他のWeb会議システムもチェック▼
ファイルの共有や録画も無料でできる!Web会議システム7選