マーケティングにInstagramを活用する企業が増えている今、Instagramでの集客を成功させるには工夫が必要です。さまざまな手段がありますが、動画をうまく活用している企業がInstagramからの集客を成功させやすい傾向があります。

この記事では、Instagramで集客するメリットや方法を解説したうえで、Instagramで動画コンテンツを発信してBtoCビジネスの集客を成功させた動画事例をご紹介します。企業でInstagram運用を担当している方や、SNSマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

今回ご紹介する内容の一部は、PDF資料「動画活用でセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善」「InstagramからのEC流入率が120%増加!」「Instagramで月間100本公開、保存数が120%に増加」から抜粋しています。

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率120%アップを実現した秘訣を語ります。

目次

  1. Instagram(インスタグラム)で集客するメリット
  2. Instagram(インスタグラム)集客を成功させる方法
  3. Instagram(インスタグラム)集客を成功させた動画事例3選
  4. Instagram(インスタグラム)で見られる動画の条件を知れば、SNS集客が成功する

Instagram(インスタグラム)で集客するメリット

SNSがマーケティングツールとして注目され始めて久しく経ちますが、そのなかでもInstagramで集客するメリットは、大きく3つあります。それぞれ詳しく見ていってみましょう。

メリット1. SNSの中でも特にユーザー数の伸び率が高い

FacebookやTwitterに比べてInstagramは歴史が浅く、ユーザー数の伸び率が高いSNSとして知られています。TikTokも急激に伸びていますが、TikTokよりは年齢層が高く商品を買う経済力を持っている大人ユーザーが多いので、企業の集客ツールとしても適しています。

メリット2. 口コミの信ぴょう性が高く、購買意欲が上がりやすい

ユーザー口コミ効果を期待して多くの企業がSNSアカウントを運用しています。
なかでもInstagramは写真や動画とテキストの両方で商品情報を発信できるため、1投稿で多くの情報を発信でき、より信ぴょう性が高い口コミを拡散することが可能です。ユーザーの購買意欲を高めやすい点がメリットだと言えます。

メリット3. ホットなユーザーがハッシュタグ検索している

ハッシュタグによる検索性に優れているのもInstagramのメリットです。
Instagramではハッシュタグの利用率が高く、すでにニーズが顕在化しているホットユーザーが気になる商品をハッシュタグ検索することがよくあります。そのためCVにつながりやすい優秀な集客ツールとして活用できるのです。

Instagram(インスタグラム)集客を成功させる方法

Instagramは集客に最適なツールですが、やみくもにInstagramを運用するだけでは集客にはつながりません。ここでは、Instagramでの集客を成功させる方法を解説します。

写真だけでなく動画を活用する

Instagram=写真というイメージがあるかもしれませんが、最近は動画投稿も増えてきました。
動画なら写真(静止画)だけでは伝えられないニュアンスや使い方など、より豊富な情報を伝えられるため訴求力が上がり、フォロワー数も伸びやすくなります。通常投稿はもちろん、Instagram広告でも注目されやすいです。

ニーズに合った動画を作る

せっかく動画を作っても、ユーザーのニーズに合ってなければ、ただの押し売り広告になってしまいます。
ただ商品やサービスの特徴や強みを伝えるだけでなく、ユーザーのニーズに合った情報を届けることも重要です。「訴求したい情報×ユーザーのニーズ」をうまく掛け合わせた動画を制作・発信しましょう。

運用しやすい体制を整える

SNSを運用してフォロワーを作り、発信力を持つには、コンスタントかつスピーディーに情報を発信し続ける必要があります。動画となればなおさら労力がかかるので、運用しやすい体制を整えておかないと継続できません。

外注でもいいのですが、できればタイムリーに投稿できる自社体制があることが理想です。社内の体制づくりに加えて、コンテンツを定期的に量産できるツールを選定し、積極的に活用していきましょう。

Instagram(インスタグラム)集客を成功させた動画事例3選

動画を活用してどのようにInstagramで集客の成果を上げられるか、具体的な成功事例をみていきます。今回は動画編集ツール「Video BRAIN」を利用して、動画を自社制作し、Instagramの集客を成功した事例を3つ紹介します。

Instagram (インスタグラム)ストーリーズでセッション数が130%に増加

アパレルブランドを中心に15 ブランド以上を展開するS社の事例では、Instagramの投稿数を増やせないという課題を抱えていました。

Instagram用に新しい素材を用意するとなると、時間と手間がかかり投稿数を増やしにくくなります。そこで、手元にある限られた素材でも投稿のバリエーションを増やすため、写真ではなく動画にしてコンテンツの見せ方を変えることで、量産を実現しました。

その時にカギとなったのが、タイムリーかつコンスタントに動画投稿できるツールです。動画編集の知識がなくても簡単に短い時間で動画を制作できる動画編集ツールとして選んだのは、低コストでサポートが手厚い「Video BRAIN」です。

「Video BRAIN」を活用し始めたところ、15分で1動画を作成できるようになりました。効果がよかった動画は各ブランドに共有し、毎日投稿を続けた結果、リーチ数やセッション数の総数が伸びていったのです。

さらにInstagramのストーリーズ機能(24時間で消える投稿で、タイムラインの上部に表示される)でセールを告知したところ、1投稿あたりのセッション数が昨対比130 %にまで増加。

毎日投稿によって、商品動画とセール動画それぞれでユーザーから多くの反響を得られる集客のコツも把握できるようになりました。その勝ちパターンはPDF資料「動画活用でセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善」からぜひご覧ください。

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!

SNSでのセッション数昨対比130%アップの秘訣を語ります。

Instagram(インスタグラム)からのEC流入率が120%、動画保存数が2倍に増加

幅広い化粧品を取り扱うG社では、もともとInstagramを活用していたものの、外注と内製を含めて3か月に1本ペースでしか動画制作ができていませんでした。

外注だと時間がかかりすぎてしまうため季節物の訴求が間に合わず、コストも割高になるため、できれば商品理解が深い社内メンバーで動画を制作したいと考え、社内メンバー全員が簡単に動画を作れるツールを検討し、未経験者でも使える動画編集ツール「Video BRAIN」を導入しました。

これまで動画制作に2週間かかっていましたが、即日で動画が完成するようになりました。動画編集の知識がない営業メンバーも、ツールの豊富なテンプレートと宣材動画を活用して、簡単に商品の魅力を伝える動画を制作できるようになったのです。

メンバーで月初に企画を考え、各自が自宅で撮影し、週1本ペースでSNS投稿をするという流れで運用が軌道に乗り、InstagramからのEC流入率は120%に、動画の保存数は2倍に増加し、完売までの期間も短縮されました。

また、InstagramのほかにTwitterでも動画を運用していて、Twitterでヒットする動画とInstagramでヒットする動画に違いがあることも把握できたようです。それぞれどんな動画を出すと反響がいいのか、PDF資料「InstagramからのEC流入率が120%増加!」にて詳しく解説されているので、ぜひ参考にしてみてください。

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率120%アップを実現した秘訣を語ります。

Instagram(インスタグラム)で月間100本公開、保存数が120%に増加

全国でスポーツクラブを運営しているR社では、集客用に外注・内製含めて動画を制作していましたが、1本あたりに数十万のコストがかかっていたため、多くの動画を制作できないのが課題でした。

そこで、コストカットするために外注をやめ、低コストで手軽に制作できるツールを活用して動画制作を内製化することに決め、「Video BRAIN」を導入しました。決め手となったポイントは、直感的に操作できることと、手元にある素材で作れることの2つです。

「Video BRAIN」を導入後、プロカメラマンが撮影した素材とスマホで撮影した素材の両方を活用し、社内で月100本の動画を量産することに成功しました。動画のサイズをSNSごとに簡単に変えられる機能があり、同じ動画をTwitterやInstagramなどあらゆるSNSにスムーズに展開できるのもメリットです。

また、インターネット環境とパソコンがあればどこでも制作できるクラウドサービスのため、アカウント数を30個に増やし、10部署以上で運用することで、動画の大量作成も可能になりました。また、一元管理できる点が類似動画制作の防止や、データのスムーズな保管に役立っています。

Instagramでは、フィードで短尺の動画を投稿し、検索からの流入を増やしました。フォロワー外からの反応が良く、画像より動画のほうが保存数が120%多い結果になっています。

さらに「Video BRAIN」で動画の配信結果を素早く分析・効果検証して改善につなげています。分析を重ねるなかで、動画編集初心者でも月100本制作するコツ、ユーザーが反応する動画のポイントが明らかになりました。詳しくは、PDF資料「月間100本以上制作!社内全体で動画を活用」にて解説されています。

未経験から月100本の動画制作を達成!

未経験から月100本の動画制作を達成!

動画編集ツール『Video BRAIN』の導入事例についてご紹介致します。

Instagram(インスタグラム)で見られる動画の条件を知れば、SNS集客が成功する

気になる商品があると、購入前にSNSで検索するユーザーが増えています。特にInstagramは写真や動画とテキストの両方でチェックできるので、うまく活用すればニーズが顕在化したホットユーザーへピンポイントで訴求でき、CV率を大きく向上させることにつながるでしょう。

ただ、やみくもにInstagram運用をしても埋もれてしまい、ユーザーに響くコンテンツを届けられません。Instagramでは訴求力の高い動画を投稿することが重要です。今回紹介した成功事例を踏まえてポイントを把握し、動画を使ってInstagram集客を成功させましょう。

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率120%アップを実現した秘訣を語ります。