スマートフォンの普及や5Gの本格導入などにより、動画を視聴しやすい環境が整ってきました。動画メディアが普及するなか、新たな広告手法としてマンガ動画広告が注目を集めています。マンガ動画広告を活用するためには、広告の特徴や制作工程を把握することが大切です。

この記事では、マンガ動画広告の概要や注目される理由、押さえておくべきポイントについて解説します。自社の商品やサービスをマンガ動画広告でプロモーションしたい方はぜひ参考にしてください。

今回解説する内容の一部は、PDF資料「制作工程を4ステップで解説!マンガ動画広告のはじめ方」から抜粋しています。

制作工程を4ステップで解説!マンガ動画広告のはじめ方

制作工程を4ステップで解説!マンガ動画広告のはじめ方

マンガ動画広告の制作工程を4ステップで解説します。

目次

  1. マンガ動画広告とは?
  2. マンガ動画広告が注目される理由
  3. マンガ動画広告を成功させる3つのポイント
  4. マンガ動画広告を制作するには
  5. マンガ動画広告を集客に役立てよう!

マンガ動画広告とは?

マンガ動画広告とは、動くイラストと音声で作られたプロモーション用の動画です。YouTubeなどで動画本編が再生される前などに表示されます。広告内に表示されるリンクから、商品やサービスを紹介するランディングページにアクセスを促すことが可能です。

また、YouTube以外の動画共有サイトやWeb広告、SNSなどでもマンガ動画広告が使用されます。

マンガ動画広告が注目される理由

マンガ動画広告は、いくつかの理由で注目されてる広告手法です。特に、マンガ動画が日本人から受け入れられやすいことや、実写動画と比べたコストの低さなどが特徴となっています。また、伝えられる情報量の多さも、マンガ動画広告が注目される理由の1つです。

ここでは、マンガ動画広告が注目を集めている3つの理由を紹介します。

マンガ好きな日本人が多い

出版業界の調査機関である全国出版協会・出版科学研究所の調査によると、紙と電子を合わせたコミック市場規模は2020年に初めて6千億円を突破しました。前年比では23.0%増え、1978年の統計開始以来、史上最大の売上規模です。

スクリーンショット 2021-10-28 13.10.47.jpg

引用:公益社団法人出版科学研究所 出版月報2021年2月号

また、総務省が発表した統計データによると、電子書籍の購入ジャンルはコミック・マンガが多数となっています。
参考:総務省 電子書籍に関する利用状況についての調査研究報告書

これらのデータから、マンガは多くの日本人から親しまれている表現形式だと考えられます。動画広告にマンガの表現を取り入れると、日本人の興味を引きやすく、親近感を得ることが可能です。

マンガ好きな日本人が多いことが、マンガ動画広告に注目が集まる理由となっています。

実写動画よりも低コストで制作できる

実写で動画を制作する場合、撮影スタッフやモデルなどの人件費、撮影場所を確保するための費用などが必要です。また、屋外で撮影する場合は天候などの影響を受けるため、スケジュール調整で余計な費用が発生することもあります。

一方、マンガ動画広告はイラストを動かして制作するため、実写動画と比べて人件費を抑えることが可能です。また、スケジュール遅延などの影響で想定外の出費が発生する心配もありません。

実写動画よりも低コストで制作できるため、マンガ動画広告が注目されています。

文章や画像よりも伝えられる情報量が多い

マンガ動画広告では、文章や画像だけの広告と比べて多くの情報量を伝えることが可能です。

一般的に、テキスト広告バナー広告は文字数やサイズに制限があるため、一定の情報量しか伝えられません。一方、マンガ動画広告は音声とアニメーションによって、視聴者の興味が続く限り情報を伝えることが可能です。

また、マンガ動画広告はストーリー展開が作りやすく、ほかの動画広告より興味を引きやすい点でも注目されています。

マンガ動画広告を成功させる3つのポイント

マンガ動画広告には多くのメリットがあるものの、デメリットにも注意が必要です。特に、ディレクションが大変な点や、怪しいマンガ動画広告に対して不信感を抱くユーザーもいる点がデメリットとして挙げられます。

これらのデメリットを解消し、マンガ動画広告を成功させるために、以下に紹介する3つのポイントに気を付けましょう。

脚本や動画、音声の品質にこだわる

マンガ動画広告を制作する時は、脚本や動画、音声などの品質を高くすることが重要です。

品質の低いマンガ動画広告を配信すると、視聴者に悪い印象を与えてしまうリスクがあります。脚本や動画の表現が視聴者を傷つけるような内容になっていないか、十分に注意しましょう。

また、内容だけでなく、画質や音質などの設定にも注意が必要です。マンガ動画広告を配信する媒体によって最適な画質や音質、再生時間などが異なります。利用する媒体の仕様に合わせて、適切な設定でマンガ動画広告を制作しましょう。

ユーザー目線の動画を作る

視聴者の興味を引く動画広告を作るためには、ユーザー目線に立って動画の内容を考えることがポイントです。商品・サービスのスペックなどを一方的に紹介するような動画は、売り手目線のためすぐにスキップされてしまいます。

ターゲットユーザーが抱えている悩みや解決したい内容を動画の冒頭に含めると、共感を得ることが可能です。そして、悩みを解決する手段として商品やサービスを紹介すると、ユーザーにとって役立つ内容になります。

マンガ動画広告を制作する時は、ユーザー目線で脚本を考えましょう。

広告の反応を見て内容を改善する

再生時間やスキップされた箇所、費用対効果など、マンガ動画広告の反応をチェックして改善施策を考えることも重要なポイントです。

特に、マンガ動画広告を使ったマーケティング施策が初めての場合、必ずしも期待通りの成果が出るとは限りません。

たとえば、想定よりも早いタイミングでスキップされていた場合は、動画の冒頭で興味を引けていない可能性があります。そのため、開始数秒間の流れを変更するなどの施策が必要です。

マンガ動画広告をリリースしたあとは放置せず、得られた反応を確認したうえでPDCAを回しましょう。

マンガ動画広告を制作するには

マンガ動画広告を制作する方法には、自社で作るパターンと、プロの制作会社に依頼するパターンの2つがあります。いずれの場合も、基本的な制作工程は同じです。

ここでは、自社で制作する場合と、プロの制作会社に依頼する場合の違いについて解説します。

自社で制作する場合

マンガ動画広告を自社で制作する場合、動画制作に使用するパソコンやソフトなどが必要です。また、ナレーションを収録する場合はマイクなどの録音機材もそろえる必要があります。

動画制作用のハイスペックなパソコンは10万円前後から購入が可能です。マイクや録音機材は3万円~5万円程度で一通り揃えることができます。

動画に使用するイラストやBGMの音声に無料素材を使用すると、低コストで制作が可能です。ただし、著作権や商用利用の可否を確認する必要があります。

プロの制作会社に依頼する場合

プロの制作会社に依頼する場合は、依頼したい業務内容に合わせて製作会社を選ぶことが大切です。マーケティングに強い動画制作会社なら、マンガ動画広告の制作だけでなく、配信後の効果検証や改善も依頼できるケースがあります。

また、制作会社によって特異なジャンルが異なるため、自社に近い業種の成功事例が豊富な制作会社を選ぶこともポイントです。

制作会社に依頼する場合の費用は、マンガ動画広告1本あたり20万円~30万円程度が目安となっています。ただし、実際の制作費用は会社によって異なるため、見積もりやサービス内容を確認したうえで依頼先を決めましょう。

尚、具体的なマンガ動画制作の流れや、各工程にかかる目安の時間は、PDF資料で確認できます。詳しく知りたい方は、ぜひ以下のリンクからダウンロードしてください。

マンガ動画広告の詳しい制作工程と作る際の注意点とは?

マンガ動画広告の詳しい制作工程と作る際の注意点とは?

マンガ動画広告の制作工程をわかりやすく解説します。

マンガ動画広告を集客に役立てよう!

マンガ動画広告に取り組むことで、新たなユーザー層にアプローチすることが可能です。特に、YouTubeなどの動画共有サイトを視聴している数多くのユーザーに対して、自社の商品やサービスを広告できます。

脚本や映像、音声などのクオリティにこだわって、ユーザー目線のマンガ動画広告を制作しましょう。

制作前の準備やスケジュール感など、より細かな内容はPDF資料「制作工程を4ステップで解説!マンガ動画広告のはじめかた」でご覧いただけます。マンガ動画広告を始めたい方は、ぜひ以下のリンクからPDF資料をダウンロードし、参考にしてください。

制作工程を4ステップで解説!マンガ動画広告のはじめ方

制作工程を4ステップで解説!マンガ動画広告のはじめ方

マンガ動画広告の制作工程を4ステップで解説します。