リスティング広告を運用されている方は、ランディングページの作成に頭を悩まされる時間が多いのではないでしょうか。
ホームページほどボリュームは無いので作成時間自体は短く済みます。しかし1ページで自社サービスの魅力を伝え、お客様に何かしらの行動(資料請求や会員登録、サンプル請求)などをしていただかなくてはいけないため、構成が難しいと感じている方は多いのが現状です。
今回は、大きな成果を出したランディングページの事例をご紹介します。ランディングページ作成で悩まれている方は参考にしてみてください。

1.基本に立ち返ってランディングページを修正したらCV率が6.7倍に

***
畳屋さんのコンバージョン率が 6.7 倍になった、驚きの成功事例
個人客向けの畳張替サービスのランディングページの改善例です。
もともと作成されていたランディングページを改修する際に、選択肢を減らす、ヘッドラインをわかりやすくする、メディアに取材された実績を盛り込むなど、ランディングページの基本を丁寧に実行されています。結果的にコンバージョン率が6.7倍に増えています。基本に則った構成がいかに重要なのかが理解できます。

2.ABテストを繰り返し行いランディングページの効果を上げていく

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

***
A/Bテスト6連発! コンバージョン率の高いランディングページはどっちだ!?
どんなランディングページも、公開してみないと実際の効果はわかりません。なのでランディングページの効果を上げていくには、繰り返しABテストを行っていく必要があります。こちらの記事では、あるコラーゲンドリンクランディングページを実験対象に、6回ABテストを実施しています。こABテストの手法(ファーストビューの構成を変える、申し込みボタンの色を変える等)を真似するところから始めてみてもいいでしょう。

3.ほんの少しの改善でも成果が上がる場合も

***
ランディングページの簡単な改善で成約率が大幅に上がった5つの事例
少しの改善で大きな成功を収めた海外のランディングページの事例を5つ紹介されています。
人は不思議なもので、ちょっと表現を変えるだけで購買行動をおこしやすくなったりします。ここの事例はすべて英語サイトですが、改善内容はどれも応用の効くものばかりです。

4.ランディングページだけでなく包括的な取り組みで大きな成果を出す

***
広告費用対効果126%!1.3万円の広告費で売上164万円実現
ランディングページの内容を吟味するのも重要ですが、集客施策全体を戦略的に考えることが前提となります。
こちらはリゾートホテルの集客施策において、広告費を1.3万円に抑えたにも関わらず、包括的な取り組みによって計146万円の売上を生み出した成功事例を紹介されています。

5.スマホ用ランディングページのコツとは?

***
「今すぐ欲しい!」と「商品について知りたい」両方OK ドモホルンリンクルのスマホECサイトをチェック
スマホ用のランディングページは、パソコン用のものとは違った工夫が必要です。スマホの場合は表示領域が狭いため、パソコン版と同じような感覚で情報を詰めこむと情報過多となり、ユーザーは混乱してしまいます。
こちらの記事では、ドモホルンリンクルのスマホ用ランディングページを例に、どのような構成であればユーザーに見られるページになるのかが解説されています。

まとめ

ランディングページだけでなく広告全般に言えることですが、反響が出るか出ないかは実際にユーザーに提示してからでないとわかりません。
ユーザーに提示して地道にABテストを重ねてランディングページを育てていくのが王道ですが、多くの手間と時間がかかるため実践するのは難しいかもしれません。
そんな時に役立つのが既に成功している事例です。彼らが試行錯誤して掴んだメソッドを真似てみれば、大幅に時間を節約しつつ、成果を生み出せるかもしれませんのでぜひ参考にしてみてください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

LPOとは
ランディングページ(LP)の構成について
ランディングページ(LP)のA/Bテストとは

このニュースに関連するカリキュラム

効果的なホームページランディングページの作成を順を追って説明しています。配色のみにこだわらず全体的な構成もしっかり考えましょう。