Googleアナリティクスで流入元を調べようとすれば必ず出てくる「チャネル」「参照元」「メディア」というキーワード。それぞれトラフィックの流入元を分類するための言葉ですが、Web担当者の皆様は正確に理解できているでしょうか。

正しく用語を理解していないと、Googleアナリティクスは有効活用できません。アナリティクスを始めて間もないうちは曖昧な理解で済ませてしまっている用語も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Googleアナリティクスを使う上で基礎知識となる「チャネル」「参照元」「メディア」の違いを説明します。
  

チャネルとは:ホームページへの流入経路を10種類に分類

Googleアナリティクスで、左のメニューを見ると「集客」という項目があります。「集客」配下のサマリーをクリックすると、流入経路別のデータが見ることができます。

集客サマリー___アナリティクス.png

チャネルは、広告ではない自然検索からのトラフィックを表す「Organic Search」や外部サイトからの流入を表す「Referral」など、デフォルトの設定で10種類あります。

参考:
Googleアナリティクスの流入チャネルの詳細と注意点を解説|ferret

チャネルでは、分析対象のサイトの検索エンジンからの流入がどれくらいなのか、SNSからの流入がどれくらいあるのかなど、流入経路の種類別の情報を得ることができます。しかし、チャネルだけを見てもYahoo検索とGoogle検索のどちらからの流入が多いのか、FacebookとTwitterどちらからの流入が多いのか、という具体的な情報は見えてきません。

個別のサイトごとにデータを見たい時に利用するのが、参照元(メディア)です。
  

参照元とは:流入元のサイト情報

参照元は、チャネルよりもより詳細にトラフィックを分類しています。

例えば、Google検索の結果からの流入ならチャネルは「Organic Search」、参照元は「google」になります。Yahoo検索ならチャネルは「Organic Search」、参照元は「yahoo」になります。

参照元では、サイトドメインなどの個別データを見ることができます。Referral(外部サイトからの流入)が増加した際に、どのサイトで貼られたリンクからの流入が多くなっているのか、なども参照元を調べることでわかります。
  

チャネルと参照元だけではなく、メディアという分類がある

ここで一度チャネルと参照元を整理しておきましょう。

チャネル:一番大まかな分類 ※例 Google検索ならOrganic Search
参照元:より詳細な分類 ※例 Google検索ならgoogle

ここまでは単純なのですが、そこに「メディア」という分類が加わることで少し複雑に感じられるのではないでしょうか。メディアの種類の中には「organic」や「referral」などチャネルと被るところがあり、チャネルとの明確な区別がつかない人もいるでしょう。実質的にはメディアとチャネルの内容は似てくるのですが、アナリティクス上の扱いが異なります。
  

メディアとは:参照元の一般的な分類

Googleのアナリティクスヘルプによると、「メディアは参照元の一般的な分類」となっています。

参照元の一般的な分類とは何かを具体例を用いて説明します。

例えば、参照元が「ferret-plus.com」であった場合、その一般的な分類は「referral」です。つまり、そのトラフィックのチャネルは「Referral」、参照元は「ferret-plus.com」、メディアは「referral」となるのです。

このほかにもGoogleやYahoo!などの自然検索ならメディアは「organic」。FacebookやTwitterなどのSNSなら「social」に分類されます。

すべてのトラフィック___アナリティクス.png

これらはチャネルの「Organic Search」や「Social」と同じような分類であることがわかります。こうなるとチャネルとメディアの違いがより不明瞭になると思われますので、それぞれの仕組みについて解説します。
  

チャネルとメディアの関係

ユーザーがサイトに訪れると、トラフィックを分類するためのデータとして参照URLがアナリティクス上で取得されます。どのURLから来たかわかることで、そのサイトのドメインがわかるので「参照元」が自動的にわかります。

次に、Googleアナリティクス上で自動的に参照元に応じてメディアが分類されます。googleの検索結果URLから来たのであれば「organic」を割りあて、検索エンジンでない別のサイトから来たのであれば「referral」を割り当てるといった要領です。

ここでの分類は自動的に行われますが、どのトラフィックがどのメディアに分類されるかはGoogleが登録しているかどうかに左右されます。そのため、数年前では楽天やau、docomoのような検索エンジンからの流入も「referral」に分類されていました。もちろん、今でもGoogle検索エンジンとして登録されていないサイトの場合は「referral」と分類されます。

同様に、メディアの「social」も自動的に分類されます。ただ、そもそもサイトからの流入でない場合(アプリなど)や、Googleからソーシャルメディアだと認識されていない場合は分類されないので注意しましょう。

こうして自動的に分類されたメディアの値に応じて、各トラフィックはそれぞれのチャネルに割り振られます。また、パラメータを設定することで手動で参照元やメディアを設定することも可能です。

"どういうメディア" が "どのチャネル"に割り振られるのかというと、次のようになります。

チャネル 説明
ノーリファラー 参照元 - 完全一致 - Direct AND メディア - 完全一致 - (not set)ORメディア - 完全一致 - (none)
オーガニック検索 メディア - 完全一致 - organic
ソーシャル ソーシャル メディアからの参照 - 完全一致 - Yes OR メディア - 正規表現に一致 - ^(social|social-network|social-media|sm|social network|social media)$
メール メディア - 完全一致 - email
アフィリエイト メディア - 完全一致 - affiliate
参照元サイト メディア - 完全一致 - referral
有料検索 メディア - 正規表現に一致 - ^(cpc|ppc|paidsearch)$ AND 広告掲載ネットワーク - 完全一致しない - Content
他の広告 メディア - 正規表現に一致 - ^(cpv|cpa|cpp|content-text)$
ディスプレイ メディア - 正規表現に一致 - ^(display|cpm|banner)$ OR 広告掲載ネットワーク - 完全一致 - Content

参考:
デフォルト チャネルの定義|アナリティクスヘルプ

正規表現についてなど細かい説明はここでは割愛しますが、以上のように特定の参照元・メディアの値を元に作成されるのがチャネルだということがわかります。これはあくまでデフォルトの設定であるため、よりサイトに適したチャネルグループを編集することも可能です。
  

まとめ

参照元はユーザーが前に訪れていたサイトのドメイン検索エンジンを表し、メディアはその一般的な分類を表します。また、そのメディアに応じて分類されたものがチャネルです。

用語の定義や、仕組みを知ることで不測のことが起きた際にも適切に対応できますし、よりサイトにあったカスタマイズも可能になります。