Googleアナリティクスのチャネルの定義を正しくご存じでしょうか?

チャネルとは、Googleアナリティクス上でトラフィックを分類する際の一番大元のカテゴリになります。そのため、チャネルの認識が誤っていれば諸々の分析に支障が生じてしまいます。

今回は、流入元分析の精度を上げるために知っておくべきチャネルについての解説します。

デフォルトの設定では9つのチャネルがある

チャネルとはトラフィックを分類した際の一番大きなグループです。

Googleアナリティクスの「集客」をクリックし、そのすぐ下の「サマリー」をクリックするとチャネルによってトラフィックが分類されているのがわかります。

デフォルトの設定では以下の10個です。

  • Organic Search(自然検索)
  • Paid Search(有料検索)
  • Social(ソーシャルメディアからの流入)
  • Referral(別サイトからの流入)
  • Direct(直接の流入)
  • Other Advertising(他の広告
  • Email(メールからの流入)
  • Affiliates (アフェリエイトからの流入)
  • Display(ディスプレイ広告の流入)
  • Other (その他の流入)

参考:
デフォルト チャネルの定義 | アナリティクス ヘルプ

どのチャネルも意味自体は簡単ですが、精度の高い分析を行う上で注意すべき点はいくつかあります。

チャンネルを1つずつ確認していきましょう。

ウェブアクセスデータから顧客獲得のタイミングをつかむ方法とは

ウェブアクセスデータから顧客獲得のタイミングをつかむ方法とは

自社のウェブアクセスデータを最大限に活用し、ウェブページを「稼げるウェブページ」に進化させるBtoB企業向けアクセス解析の活用法をご紹介します。