行きたい場所を入力するだけで経路を表示したり、電車やバスの乗り換え案内にも対応しているGoogleマップ。実はGoogleマップのホームページには、特設ページとして「Googleマップ アドベンチャー」と呼ばれるページが存在します。

このページでは、ストリートビューをはじめとするGoogleマップの機能を使って、世界中の文化的、歴史的、地理的な重要性を持つ様々な場所を擬似旅行に行くことができます。上手く活用すれば、事前に旅先を疑似体験できるかも!

そこで今回は、「Googleマップ アドベンチャー」を使って、世界のオススメスポット12選をご紹介します。

一瞬で世界中を旅行した気分に!世界のオススメスポット12選

1. アマゾン川流域 (ブラジル) - アマゾン川探索

amazon.png
アマゾン川流域 (ブラジル)

2012年3月21日の『世界森林デー』にGoogleマップのストリートビューで、リオのネグロ保護区の画像がストリートビューとして公開されました。その時のストリートビューを確認することができるだけではなく、自転車の先端に360度カメラを取り付けて撮影した様子も公開されています。

2. エル・キャピタン (アメリカ)

elcapitan.png
エル・キャピタン (アメリカ)

アメリカのカリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園のエル・キャピタン。Trecksの特設サイトでは、このエル・キャピタンに擬似ロッククライミングをすることができます。

エル・キャピタンに登るには、マウスを上にスクロールします。右側には標高が表示され、その場所の景色をストリートビューで見ることができます。高ければ高いほど、下を覗くとスリリングですが、絶景を楽しむことができます。特に、956mの山頂から見る景色は印象的です。

3. グレートバリアリーフ (オーストラリア) - 世界最大の珊瑚礁にダイビング

oceans.png
グレートバリアリーフ (オーストラリア)

グレートバリアリーフは、オーストラリア北東岸に広がる世界最大の珊瑚礁地帯です。
2,600kmを超える長さに2,900以上の暗礁群と900の島を持ちます。このグレートバリアリーフのストリートビューは、Googleマップ初の水中パノラマ写真です。スキューバダイビングの免許がなくても、魚の群れの中を悠然と泳いだり、マンタを追いかけたり、夕日に輝く珊瑚礁を楽しんだりできます。

4. ケネディ宇宙センター (アメリカ) - NASAと一緒に大空へ

nasa.png
ケネディ宇宙センター (アメリカ)

Googleマップとストリートビューがあれば、約6,000枚にも及ぶ施設の写真によって、フロリダにあるNASAのケネディ宇宙センターの中まで観光することができます。マウスをクリックすると、スペースシャトルの発射台や組立棟、発射管制室4も見ることができます。

5. 富士山 (日本) - 日本文化の象徴への旅

fuji.png
富士山 (日本)

2013年6月に世界文化遺産に登録された日本一高い山、『富士山』。何世紀にも渡って数えきれないほどの文学や絵画のテーマとして取り上げられ、日本を象徴するシンボルの一つとしても世界的に有名です。

3,776メートルの標高を、Googleマップのスタッフである男性がリュックに360度カメラを背負って撮影する様子もビデオで紹介されています。山頂から火口を見渡す景色も、絶景です。

6. アンコール遺跡 (カンボジア)

angkor.png
アンコール遺跡 (カンボジア)

カンボジアの森の奥深くにたたずむ、千年の歴史を誇る寺院、アンコール遺跡。クメール王朝の失われた王国を、Googleマップで散策することができます。「アンコール・ワット」「アンコール・トム」のほか、「バンデアイ・スレイ」や「ベンメリア」「タ・プローム」などの遺跡もストリートビューで楽しめます。

7. ブルジュ・ハリファ (ドバイ) - 世界一高い超高層ビル

burjkhalifa.png
ブルジュ・ハリファ (ドバイ)

世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリファは206階建て、全高828メートル。なんと今回はこのビルの80階の高さから360度カメラで撮影した景色を見ることができます。この高さからは、ドバイの街が丸見えです。

8. ゴンベ (タンザニア) - ジェーン・グドール博士のチンパンジー研究の拠点となった森

gombe.png
ゴンベ (タンザニア)

高等学校の英語の教科書でも取り上げられている、ジェーン・グドール博士のチンパンジー研究の拠点にもなった、ゴンベ渓流国立公園。ストリートビューでは、娘をおんぶしたチンパンジーの母親やフンコロガシ、ヤスデ、ブッシュバイパーなどの珍しい動物と出会うことができます。

9. ガラパゴス諸島 (エクアドル) - ダーウィンの生きた研究所をその目で

galapagos.png
ガラパゴス諸島 (エクアドル)

1835年にチャールズ・ダーウィンが行った野生動物の観察は、エクアドルのガラパゴス諸島で行われました。グレートバリアリーフと同じく、今回もストリートビューの機能を使って水中散歩を楽しむことが可能です。そのほか、ガラパゴスゾウガメやアメリカグンカンドリなど、ガラパゴス諸島特有の動物に出会うこともできます。

10. ペトラ (ヨルダン) - バラ色の都市

petra.png
ペトラ (ヨルダン)

2,000年以上前にナバテア人が建設した石の都市、それがペトラです。映画の舞台ともなったファサードの奥へ進んで、ストリートビューで遺跡を探索することができます。撮影秘話として、ヨルダン王妃の案内で遺跡を撮影した様子も紹介されています。死海のパノラマ風景やアルジュン城などを見ると、まるでそこにいるかのような感覚を覚えます。

11. ベネチア (イタリア) - 水上に作られた都市

venice.png
ベネチア (イタリア)

ベネチアでは、車ではなくゴンドラやヴァポレットという船で水上を移動します。迷宮都市をストリートビューで探索することで、思いがけない発見をすることも!ぜひ一度見てみてください。

12. イカルイット (カナダ) - カナダ北極圏を探検

arctic.png
イカルイット (カナダ)

人口の約6割がイヌイットであるカナダ北極圏の都市、イカルイット。ストリートビューで歩くと、全面雪景色ですが、一方向に歩いて行くと集落にたどり着きます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

まとめ

技術的な進歩だけでなく、撮影スタッフの努力の末に、私たちはどこにいても世界中のスポットを旅することが可能になりました。
海底や超高層ビルの上など、一生で訪れる機会のほとんどない場所も、その場にワープしたかのように体感することができます。VR技技術の発展によって、益々リアルに体験できるのも夢ではなさそうです。

今回紹介できなかった場所も、 ストリートビューのページGoogleマップ アドベンチャーページで体験することができます。

国内外問わず、仕事上の出張やプライベートで旅行したりと、今まで行ったことがある場所にもそうでない場所にも、足を運ぶ機会があるのではないでしょうか。逆に、日本にくる海外のお客様をもてなす上でも重宝するはずです。ぜひ「Googleマップ アドベンチャー」を活用してみてください。
きっとその旅を、もっと充実したものに変えてくれるはずです。