トリプルスクリーン

  動画を読み込んでいます。

トリプルスクリーン とは、 ユーザー と接触するポイントをPC画面、モバイル画面、テレビ画面の3つのスクリーンに分けて、それぞれにおいて最適なコミュニケーション戦略を考えるための概念です。

これら3つのスクリーン(PC画面、モバイル画面、テレビ画面)はそれぞれ画面のサイズが違うというだけではなく、 ユーザー との距離感が異なるために 広告 主の課題を踏まえた上でコミュニケーションを取っていく必要があります。

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社によると、2014年度、スマートフォンからのネット利用者数は19%増加し、2015年4月で4,800万人になったのに対して、「PCからのネット利用者は5,100万人程度で横ばいに推移」と、確実にモバイル画面がPC画面を追い抜く日はきます。

また、同社の調査によると、スマートフォンからの インターネット 利用は「29歳以下の女性」が最も利用時間が長くなりました。つまり、スクリーンが違えばそれを利用している ユーザー 層も違い、 ユーザー 層が違えば戦略が変わってくるということです。

尚、似たような言葉に トリプルメディア という言葉があります。こちらは、「Paid Media( ペイドメディア )」「Earned Media( アーンドメディア )」「OwnedMedia( オウンドメディア )」となり、企業の核となるメディアを3つに分類した フレームワーク となります。

使い方

「自社のターゲットを考えた結果、 トリプルスクリーン の内モバイル画面に集中しよう。」
トリプルスクリーン トリプルメディア の違いを説明して。」
「WEB 広告 の戦略を考える上で トリプルスクリーン の違いを踏まえて議論しよう。」