まとめ

アプリは市場で発売されている数は膨大ですが、一人のユーザーが利用するアプリの数は多くても30個程度です。
また、ダウンロードされても3日のうちに80%利用しなくなるというデータもあります。

参考:
モバイルアプリの80%が数日で使われなくなる理由と対策

アプリによる収益を高めるためにも、配信後は継続的に周知を行いましょう。
大々的な展開を望むなら様々な広告の手法があります。

広告を打つ際は、狙うユーザー層がどのようにアプリを利用しているのかを把握しましょう。アンケートなどで現在の顧客のスマートフォンを使う時間の傾向がわかれば、その時間に合わせて広告を配信すると効果的です。

企業がアプリを運営する上で大切なのはダウンロード数だけではなく、実際の利用者を増やすことです。
まずは現在の顧客に周知を行い、確実にアプリの利用者数を増やしていくようにしましょう。