外出時やパソコンが手元にない時でも、Googleアナリティクスのデータを確認したい時はないでしょうか。

実は、Googleアナリティクス公式のスマートフォン用アプリAndroid、iOS)を利用すれば、簡単にレポートを確認することが可能です。
パソコンの代替となるだけではなく、Android・iOS版にしかないアシスタントと呼ばれるAIを利用した簡単な分析を行う機能もあります。

今回は、Googleアナリティクスのアプリ版の特徴を解説します。

Googleアナリティクスのアプリ版とは

Google アナリティクスの公式アプリは、 Android版・iOS版の両方でリリースされています。

Google_Analyticsアプリ.png
Android版

itunesapp.png
iOS版

両方とも無料で利用でき、基本的にブラウザ版と閲覧できるレポートに大差はなく、「リアルタイム」から「eコマース」までブラウザ版と同様に利用することが可能です。

マイレポート機能もありますが、ブラウザ版のマイレポートとは独立して別個に設定する仕様になっています。

セグメントが利用可能

アプリ版でもセグメント機能を利用できます。

セグメントとは特定の層(モバイル使用者、新規ユーザーなど)のみのデータを表示する機能のことです。

右上の三本線のアイコンをクリックすることで、セグメントする条件を選ぶことができます。

Screenshot_2016-12-02-16-24-57.png

しかし、ブラウザ版と違って自分で新しいセグメントを設定することや、複数のセグメントをグラフ上に表示して比較することなどは現在できないようです。他のセグメントと比較するのではなく、特定のセグメントのデータのみを確認する、といったように利用することになります。

アカウントの切り替えが簡単にできる

ブラウザでGoogleアナリティクスを利用する場合は、別のアカウントでアクセスしたい際には一度ログアウトして、該当アカウントでログインし直す必要があります。
しかし、アプリ版はアカウントの切り替えがブラウザ版と比べて簡単です。

端末にGoogleアカウントが登録されていれば、「Gmail」などのアプリと同じように切り替えることができます。それぞれのプロパティ・ビューの切り替えも問題なく行えます。

ビューなどの用語について不確かな点があれば、以下の記事を参考にしてください。

参考:
Googleアナリティクスの基本!アカウント、プロパティ、ビューの違いとは? | Analytics ガイド

このようにアカウントの切り替えも簡単に行えるので、複数のサイトを運営している場合でも各サイトをチェックするのに向いています。

アプリ版のみ「AIによるアシスタント機能」が付いている

アプリ版ではブラウザ版に比べて不十分なところもありますが、アプリ版のみの「アシスタント機能」があります。

GoogleアナリティクスのデータをもとにAIが自動的に分析を行い、そのデータをもとにどういった施策を行うべきか提言する機能です。(※現在は英語版しか提供されていません)

Googleの発表によると、ユーザーからのフィードバックをもとにAIを改善していく予定だそうです。

参考:
Explore important insights from your data — automatically | Google Analytics Solutions

「アシスタント機能」はどのレベルのアドバイスをくれるのか

現在、どのようなレベルのアシスタントをしてくれるのか実際の例をもとに紹介します。

insight.png

上記の画像のようなアドバイスが何件か、アシスタント欄に通知されるようになっています。

今回の例では「あるページPVが先日と比較して147%増」という見出しがついています。アシスタント機能が自動的に倍以上PVが増加したページを見つけて表示しています。
こうした特定のページに関する特徴的な変化というのは、全体のデータを見ていると気付きにくいのではないでしょうか。

それだけではなく以下のような提案もしています。

・ 関連したコンテンツを作る
・ そのページを呼び物にする
・ このページを他のコンテンツのプロモーションに利用する

このように数字を示すだけではなく施策の提案もしてくれます。Googleアナリティクスを利用する上で得た情報は、実際の施策に活かして初めて意味があるので、こうしたアナリティクス側からの情報が増えることで参考になるかもしれません。

アプリ版には「管理」タブの機能はほとんどない

アプリ版はGoogleアナリティクスのレポートの閲覧機能を中心としており、ブラウザの「管理」タブで設定するようなことは概ねできません。

具体的にはビューの設定や目標の設定などはアプリから行うことができません。アプリで全てが完結するわけではなく、あくまで閲覧を目的とした利用に限られます。

まとめ

Googleアナリティクスのアプリを活用することで、様々なシーンで手軽にレポートを見ることができます。
現在アプリ版のみに実装されているアシスタント機能の発展にも期待できるかもしれません。

ぜひGoogleアナリティクスのスマートフォン用アプリを活用してみてはいかがでしょうか。