ブログを運営されている方であれば「Google Adsense」という単語を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
自分のホームページブログ広告を設置して収益を得られる、Googleのサービスです。
ユーザーが実際に商品を買わなくても、設置している広告をクリックするだけで報酬が支払われるので、比較的収益化しやすいというメリットがあります。

ある程度流入があるブログやホームページを運営している場合は導入を検討してみてもいいかもしれません。
今回はGoogle Adsenseの基本とメリットを解説します。

Google Adsenseとは

スクリーンショット_2016-12-14_15.22.04.png
http://www.google.co.jp/intl/ja/adsense/start/

Google Adsenseはウェブサイトに広告を設置して収益化するための無料のサービスです。サイトを登録して審査を受け、発行されるコードをサイト内の所定の位置に貼付するだけで広告を配信し、報酬を得ることができます。

Google Adwordsで配信される広告Google Adwordsのディスプレイネットワークで出稿されている広告です。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Google Adsenseを利用する3つのメリット

1. 自動的に関連性の高い広告が配信される

アフィリエイト広告や純広告をウェブサイト上で配信しようとした場合、サイトと関連性のないコンテンツであればコンバージョン率は下がってしまいます。

極端な例で説明すると、女性向けの化粧品に関する情報が主なサイトで、男性向けの商品に関する広告を配信すればユーザーが興味を持つ可能性は0に等しいでしょう。関連性の低い広告を配信することは、サイト運営者の収益の低下だけではなく、広告主の余計な出費やユーザーの体験低下につながります。

Google Adsenseで表示される広告は、サイトのコンテンツや訪れたユーザーの情報に基づいて自動的に決まります。
手動で設定する必要はありません。そのため、関連性の高い広告を効率的に表示することができます。

2. 成果報酬型ではないので初心者でも始めやすい

サイトを収益化しようと考えた時に、Google Adsenseの他にアフィリエイト広告を利用するということが考えられます。作成するコンテンツのジャンルにあった商品・サービスを選ぶことで、収入が見込めるでしょう。

しかし、アフィリエイト広告の場合は成果報酬です。商品の購入やサービスへの会員登録などの成果が発生しないことには、どれだけ見込み客を集めようとも収益を得ることはできません。

Google Adsenseは成果報酬型ではありません。アクセス数を集めることができれば、収益化できるためアフィリエイトのようにコンバージョンにこだわる必要がありません。そのため初心者でも始めやすいことが特徴です。

3. 自由にカスタマイズを行える

Google Adsenseはカスタマイズ性の高さも特徴の1つとです。サイト上の任意の場所に設置できることはもちろんですが、テキスト広告ディスプレイ広告広告のサイズなどを選ぶことができます。

また、特定のカテゴリごとに広告の許可・不許可を設定することができます。例えば、同業他社の広告を表示しないように特定のカテゴリに対して不許可とするといった設定も行えます。

以上のような広告の種類やサイズ、カテゴリなどをカスタマイズすることで、サイトのイメージを損なわない程度に広告を設置することができます。

Google Adsenseの登録方法

Adsense申し込みに必要なもの

Adsenseに申請し、承認されるために必要なものは、公開されているウェブサイトが必要です。

承認されるためには、ウェブサイトが公開されていて、審査に十分なテキスト コンテンツが含まれている必要があります。

引用元:お申し込みが承認されるためのヒント | Adsense ヘルプ

「審査に十分なコンテンツ」について公式には明示的な基準はありませんが、実際に試したところ1,000文字程度の記事を5つくらいでも問題なく承認されたため、これだけあれば十分でしょう。

また、この時点でコンテンツの内容がAdsenseのポリシーに遵守した内容であるか注意しましょう。この点については後で解説します。

Adsenseに申し込み

Adsenseに申し込み、承認されるためのプロセスは以下のようになります。

1. アカウントを作成する
2. サイト上にテストコードを貼り付ける
3. Googleが審査し、承認後広告が配信される

アカウントの作成はこちらのページ(Adsenseトップページ)より行えます。申し込みの直後の審査が完了すると、Adsenseの管理画面にアクセスできるようになります。そこで、テストコードをコピーし、サイトに貼り付けGoogleの審査を待ちます。

Google Adsenseを設置する上での注意点

利用できないコンテンツの種類

Google Adsenseはすべてのサイトに設置できるわけではありません。コンテンツの種類によっては規約により禁じられていることがあります。法律に反するものや、麻薬、アダルト関連の情報など禁じられている理由がわかりやすいものもありますが、アルコール・タバコ・誹謗中傷(批評はOK)など不注意で規約違反してしまいかねないものもあります。

サイトのコンテンツ内容を確認して、Google Adsenseに適しているか確認しておきましょう。コンテンツ内容の規約違反に関しては以下の記事を参考にしてください。

参考:
明日AdSenseが止まるかもしれない、コンテンツ内容の規約違反12選|ferret [フェレット]

禁止事項があるので注意

Google Adsenseを運営する上で、規約により厳格に禁じられていることがいくつかあるので注意しましょう。
例えば、自分自身でクリックすることや、サイトの中にクリックを依頼する文言を書くことなどがあります。Adsenseで得られた収益などのレポートを公表することも規約違反になってしまうため、利用する際は一度規約に眼を通しておくようにしましょう。

具体的な規約違反に関しては以下の記事を参考にしてください。

参考:
アカウントが凍結されてからでは遅い!GoogleAdSense運用における規約違反7例|ferret [フェレット]

まとめ

Google Adsenseは、個人のブログでもサイトで導入しやすいサービスです。
広告をクリックしたくなるようなコンテンツを作成する必要があるので、コンバージョンにつながるコンテンツ作成の練習として、個人ブログに導入してみるのも1つの手です。
テーマ性があり、ある程度流入があるブログを運営されている方は、ぜひ一度導入してみてはいかがでしょうか。