普段生活している中で「なぜあのビジネスは成長しているんだろう」と考えたことはありませんか?
例えば、実質無料で提供している携帯電話サービスやすぐそばに何店舗も出店されるコンビニなどは、実はそのビジネスモデルに事業が成長する秘訣があります。

今回は、戦略を考える際に役に立つ「ビジネスモデルキャンバス」と呼ばれるフレームワークをご紹介します。
一見わかりづらい仕組みも、ビジネスモデルキャンバスを使えば理解しやすくなります。

他社の戦略を理解できるだけでなく、自社の営業戦略を練るのにも役に立つフレームワークです。これを機に理解しておきましょう。

ビジネスモデルキャンバスとは

ビジネスモデルキャンバスとは、アレックス・オスター・ワルダー/イヴ・ピニュールによる著書『ビジネスモデルジェネレーション』にて紹介された、ビジネスモデルを理解するためのフレームワークです。

Strategyzer___Business_Model_Canvas.png
Strategyzer

図式化することでビジネスで重要な9つの要素の関わり方を明らかにし、ビジネスの収益構造そのものの理解を促します。

こちらの動画では、ビジネスモデルキャンバスの9つの要素について詳しく説明しているので参照してみてください。

9つの要素である「顧客セグメント」「顧客関係」「提供価値」「チャネル」「収入構造」「費用構造」「業務活動」「経営資源」「提携先」は、それぞれ相関関係にあります。

例えば、ビジネスモデルによる戦略の一つに「ドミナント戦略」と呼ばれるものがあります。これはセブンイレブンのようなコンビニエンスストアが行っている戦略であり、特定の地域に過密すぎるほどの出店を行う戦略です。

「こんなに近くに店舗を出して、共食いにならないの?」と考えたことはありませんか?
実はこの戦略の意味はビジネスモデルキャンバスを用いるとわかりやすく理解できます。
具体的に説明していきましょう。

ドミナント戦略の場合、一部地域の顧客に絞って顧客セグメントを設定します。
狭い地域の顧客に絞ることで、提供できる価値として「全ての顧客から近い店舗」を実現でき、かつ効率的な配送によりコストが下がるという費用構造を形成します。

このように要素が成り立つために別の要素が機能している場合もあります。
フレームワークを用いれば一部の要素だけ見ると損をしているように見えても、他の要素が得をしている場合もあるということに気づくでしょう。

参考:
[Strategyzer]
(https://strategyzer.com/canvas)
[ビジネスモデル・キャンバスを使ってビジネスモデルを考える]
(https://www.hivelocity.co.jp/blog/9820)
今枝昌宏『経営戦略を見る目と考える力を養う ビジネスモデルの教科書』(東洋経済新報社、2014)