制作物が評価に直結するWebデザイナーは、知識・スキルが測りづらい仕事といえます。

それだけに"もっと成長したい"と思っても……
やはり実績重視の世界であり、資格試験を受けるのに積極的な方は少ないのではないでしょうか。

しかし、資格があることで"知識を持っている"ということが証明できるため、クライアントによっては評価をする際の参考になります。

また、資格試験のために学習をすることで、自分自身のスキルをさらに高めることができるでしょう。

そこで今回はHTMLやデザインなど、Webデザインに関する資格23個をまとめてご紹介します。
Webデザイナーとしての価値を上げたい方、今よりもっと成長したいとお考えの方は、ぜひ資格試験を受けてはいかがでしょうか。

※各資格に関する情報は、2016年2月11日時点でのものです。今後変更となる可能性がございますのでご了承ください。
  

Webデザイナーにオススメ!Webデザイン関連資格まとめ

1. ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定
http://www.webdesign.gr.jp/

ウェブデザイン技能検定は関連国際標準規格等に基づき、Webの知識、技能を問われるものです。
技能検定制度の一つで、国家資格に定められています。

1級から3級まであり、出題形式は学科・実技の2部構成、試験科目は共通です。
受験区分によって受検対象者が決まっており、3級は実務経験等がなくとも受験できますが、1級・2級は実務経験や各種学校の卒業、または3級合格が必要です。

受験料:
1級 学科 7,000円 実技 25,000円 
2級 学科 6,000円 実技 12,500円 
3級 学科 5,000円 実技 5,000円 
資格有効期限:特になし

  

2. Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験
http://www.sikaku.gr.jp/web/wc/

Webクリエイター能力認定試験は、Webサイト制作のデザイン能力、コーディング能力を認定するものです。エキスパート・スタンダードの2種があり、出題形式はスタンダードは実技のみ、上級のエキスパートは知識・実技で、実務的な問題が多い印象があります。

受験資格が定められていないため、実務経験なしでもWeb制作能力があれば誰でも受験できます。

受験料:
エキスパート 7,300円(税込)
スタンダード 5,700円(税込)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.sikaku.gr.jp/web/wc/exam/sample/
  

3. Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験
http://www.sikaku.gr.jp/ns/il/

Adobe Illustratorの活用能力に関する認定試験です。
ドキュメントデザイン技術の知識があるか、 Illustratorを使ってコンテンツを制作することができるかを問われます。

エキスパート・スタンダートにわかれており、Illustratorの基本操作、Webデザイン・DTPの知識などの出題があります。

受験料:
エキスパート 8,400円(税込)
スタンダード 7,400円(税込)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.sikaku.gr.jp/ns/il/exam/sample/
  

4. Photoshop®クリエイター能力試験

Photoshop®クリエイター能力試験
http://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/

クリエイターとして必要な、Photoshopを使ってのコンテンツ作成スキルを証明するための試験です。
Photoshopの操作方法だけではなく、指示どおりにスムーズに作業ができるかどうかも問われるため、実践的な試験内容といえるでしょう。

こちらもIllustratorと同様、エキスパート・スタンダードの2つに分かれています。

受験料:
エキスパート 8,400円(税込)
スタンダード 7,400円(税込)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/exam/sample/
  

5. Webデザイナー検定

Webデザイナー検定
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/index.html

Webデザイナー検定は、Web制作スキルの習得を認定するもので、WebデザイナーはもちろんWebプロデューサー、Webディレクターなども想定した検定です。
コンセプトからページ作成作業、テスト、評価、運用まで、Webデザインにかかわる一通りの作業の能力が問われます。

実施レベルはエキスパート、ベーシックの2種類です。

受験料:
ベーシック 5,500円
エキスパート 6,600円  
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/third.html
  

6. HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格
http://html5exam.jp/

マークアップに関する知識・技術力を認定する資格です。
アイティメディア株式会社による「@IT スキル調査 2015.09」の「今後取得したい資格」でNo.1にも選ばれているとのことで、注目度の高い資格の一つといえるでしょう。

必要スキルとしてはHTML/HTML5マークアップ、Javascript、ビジビリティ、レスポンシブWebデザインなどを含んでおり、スキルに応じて2段階の試験レベルから選択ができます。

受験料:
15,000円(税別)
資格有効期限:5年

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://html5exam.jp/measures/sample.html
  

7. ホームページ制作能力認定試験

ホームページ制作能力認定試験
http://www.sikaku.gr.jp/web/hp/

HTML編集ソフトを使ってホームページを作成するための能力を認定する試験です。
ホームページ制作の基礎知識、実践スキルが問われます。

出題は実技形式で、与えられたコンセプトやテーマをもとにホームページを制作するというもので、試験中にトップページ+3〜4ページ程度を作成します。

受験料:
4,000円(税込)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://sikaku.gr.jp/web/hp/exam/sample/
  

8. アドビ認定エキスパート

アドビ認定エキスパート
http://www.adobe.com/jp/support/certification/

アドビ認定エキスパートは、Adobe社が公認する認定試験で、Adobe製品に関する知識・技術を問うものです。Webデザイナーのスキルを直接問うものではないものの、やはり幅広く普及している有名ソフトということで、能力をアピールするにはぜひ取得したいものです。

受験料:
18,900円(税込)
資格有効期限:特になし

  

9. Web検定

Web検定
https://webken.jp/

Web検定は、Webに関わる全ての人を対象とした検定試験で、Web活用に関する知識を認定するものです。Webリテラシー、Webデザイン、Webディレクション、Webプロデュース4つの認定資格によって構成されます。このうちWebリテラシーは標準的な知識を測るもので、そのほかの3つは専門分野を試験内容とした検定です。

Webデザイナーの方であれば、やはりWebデザイナー試験がオススメです。

受験料:
10,000円(税別)※ 教育機関や団体受験では割引チケットが利用可能
資格有効期限:2年

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.kentei.cc/k/531826/
  

10. ITパスポート

ITパスポート
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/

ITパスポートは国家試験である情報処理技術者試験の一つで、ITに関する基本的な知識を認定する試験です。知名度のある試験ですので、Webに携わる方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

出題範囲はストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の3分野からで、ITを活用する全ての人が対象となっています。

受験料:
5,700円(税込)
資格有効期限:特になし

  

11. マルチメディア検定

マルチメディア検定
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/multimedia/

マルチメディア検定はIT分野に従事する方だけではなく、全てのビジネスパーソンを対象にした検定試験です。マルチメディア、コンテンツ制作、インターネットといった、ITに関する幅広い知識を問います。

試験レベルはエキスパート・ベーシックの2つです。

受験料:
ベーシック 5,500円   
エキスパート 6,600円    
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/multimedia/third.html
  

12. カラーコーディネーター検定試験

カラーコーディネーター検定試験
http://www.kentei.org/color/

カラーコーディネーター検定試験は、実践的な色に関する試験です。ファッション色彩・商品色彩・環境色彩の3分野が出題範囲となっており、試験レベルは1級・2級・3級の3つです。

学習する上で色に関する知識を幅広く学ぶことができるので、普段感覚的に色を選んでいる方、色の特性などを知り仕事に活かしたい方にオススメです。

受験料:
1級 9,440円(税込)
2級 7,340円(税込)
3級 5,250円(税込)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.kentei.org/color/mondai03.html
  

13. 色彩検定

色彩検定
http://www.aft.or.jp/index.php

色彩検定は、色に関する知識・技能を学び認定するもので、文部科学省認定の技能検定です。
試験範囲は色の特性から文化、色彩心理、色の表示など多岐に渡り、仕事に活かせることも多いのではないでしょうか。

試験レベルは1級・2級・3級の3つで、1級には1次試験と2次試験があります。

受験料:
1級 15,000円
2級   10,000円
3級   7,000円 
資格有効期限:特になし

  

14. DTP検定

DTP検定
http://www.dtpkentei.jp/

DTP検定は、DTPクリエイターのセンス・技術を認定するための検定試験です。
シチュエーション別に試験区分がわかれており、編集職・広報職に適したディレクションDTP、ビジネスマン全般に向けたビジネスDTPの2つがあります。

Webデザインとは異なるものの、コンテンツ理解力、デザイン能力などを問われますので、機会があれば受験してみたいものです。

受験料:
II種 10,000円(税抜)
III種 10,000円(税抜)
資格有効期限:2年

  

15. DTPエキスパート

DTPエキスパート
https://www.jagat.or.jp/cat5/dtp

グラフィックに関わる全ての人を対象にした試験で、DTPに関心のある方であれば誰でも受験ができます。
出題内容はDTP概論、印刷技術、色、情報システム、コミュニケーションのカテゴリからなるもので、学科・実技試験で知識と技術を認定します。

受験料:
20,520円(税込)
資格有効期限:2年

  

16. CIW ウェブデザイン・スペシャリスト

CIW ウェブデザイン・スペシャリスト
http://www.ciw-japan.com/certifications/ciw-web-design-specialist.php

ホームページの設計・開発から管理までのスキルを認定する試験です。
Webデザインにおける基本的な知識・技術は理解していることが前提となっているため、中級者以上にオススメとなっています。

受験料:
$150
資格有効期限:特になし

  

17. PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験
https://www.phpexam.jp/

PHP技術者認定試験は、PHPの技術を正当に評価できる試験を実施することで、認定者の雇用機会、認定者が所属する会社のビジネスチャンス拡大を目的とした試験です。
初級試験、上級・準上級試験、認定ウィザードの区分に分類されています。

Webデザイナー向けに受験方法を紹介したページもありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

受験料:
初級試験 12,000円(税抜)
上級試験/準上級試験 15,000円(税抜)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます
https://www.phpexam.jp/summary/sampleexpert/
  

18. カラーデザイン検定

カラーデザイン検定 国際カラーデザイン協会
http://icd-color.com/colordesigntest/

カラーデザイン検定は、色の戦略家の育成を実現する、現場で応用可能な色の検定試験です。
カラーデザインの知識以外に、マーケティング、プレゼンテーションなどの知識が問われますので、あらゆる業種の役に立ちます。

受験料:
3級 一般受験 8,000円(税込)、団体受験 7,000円(税込)
2級 一般受験 8,000円(税込)、団体受験 7,000円(税込)
1級 一般受験 14,000円(税込)、団体受験 10,000円(税込)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://icd-color.com/colordesigntest/overview/
  

19. ウェブ解析士認定試験

ウェブ解析士認定試験
https://www.waca.associates/jp/learning/course/

アクセス解析の知識を持つだけではなく、成果につながるWeb解析ができる人材育成を目的とした認定試験です。ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターの3つの区分があり、一番易しいウェブ解析士は講座を受講後試験に合格することで認定を受けることができます。

既にスキルをお持ちの方は、いきなり試験を受けることも可能です。

受験料:
21,600円〜324,000円(税込)
※試験区分によって異なります。
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
https://www.waca.associates/jp/materials/exam_sample/
  

20. CGクリエイター検定

CGクリエイター検定
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/creator/

CGクリエイター検定では、デザイン、2次元CGの基礎知識をはじめ映像制作の基本、3次元CG……と、CGに関する幅広い知識が問われます。
試験区分はエキスパート・ベーシックの2つです。

受験料:
ベーシック 5,500円
エキスパート 6,600円 
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/creator/third.html
  

21. 画像処理エンジニア検定

画像処理エンジニア検定
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/img_engineer/

CGクリエイター検定同様、CG-ARTS協会が開催する検定試験です。
こちらは画像処理分野にフォーカスしたもので、画像に関する基礎知識、画像信号処理、パターン認識・計測などが出題範囲となっています。

受験料:
ベーシック 5,500円
エキスパート 6,600円 
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/img_engineer/third.html
  

22. CGエンジニア検定

CGエンジニア検定
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/cg_engineer/index.html

CGエンジニア検定は、CG分野の開発・設計者を対象とした検定試験です。
CGシステム、画像処理、CG理論などの分野から出題があり、VR、ARアプリ、アニメーションなどの開発をおこなうスキルを測ります。

受験料:
ベーシック 5,500円
エキスパート 6,600円 
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/cg_engineer/third.html
  

23. Flashクリエイター能力認定試験

Flashクリエイター能力認定試験
http://www.sikaku.gr.jp/web/fl/

インタラクティブ性の高いWeb制作に必要なFlashの実践的スキルを測る試験です。
アートワーク作成を実施する「オブジェクト作成部門」、インタラクティブムービー作成を実施する「タイムライン作成部門」の実技試験を行い、Flashスキルを証明します。

受験料:
初級 6,900円(税込)
上級 7,500円(税込)
資格有効期限:特になし

以下のリンクからサンプル問題が確認できます。
http://www.sikaku.gr.jp/web/fl/exam/sample/
  

まとめ

以上、Webデザイン関連の資格をまとめてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

資格より実績重視のWebデザイン業界では、資格が必須というわけではありません。

しかし、資格を持っていることで自分のスキルが証明されるのはもちろん、知識の再確認やレベルアップにもつながります。

特に、座学はせず実際に作業をしながらマスターしてきた方は、以外にも知らなかったことに気付けたり、新たな知識獲得につながるのではないでしょうか。

Webデザイン能力にフォーカスしたものだけではなく、IT全般にかかわるもの、幅広いデザイン力を測るものなど様々な資格がありますので、スキルアップしたいと思ったらぜひ挑戦してみてください。