現在では、スマートフォンを使って手軽に魅力的な動画が作成できるようになりました。
iPhoneの最新の機種「iPhone7」では4Kビデオやスローモーションビデオを撮影できるようになるなど、スマートフォンのカメラはより高性能・高機能なものとなっています。
そのため商品紹介などにおいてビデオカメラやデジタルカメラを使わずに、スマートフォンで撮影を行っている方もいるかもしれません。

今回は、iPhoneでの動画作成時に役に立つ動画編集アプリを7つ紹介します。
撮影後にぶつかるのが「編集」という作業です。パソコンを利用した本格的な動画編集に時間をかけるよりも、アプリで素早く編集したいという場合もあるでしょう。

そんな時に役に立つ動画編集アプリをご紹介します。アプリであっても字幕やフィルターを利用して本格的な動画が作れます。
自社の作りたい動画のイメージを想像しながら見てみましょう。

iPhoneで便利な動画編集アプリ7選

iPhoneのアプリストアであるAppStoreはGoogle Playと比べて審査基準が厳しく、ガイドラインに反していたり不具合の多いものは登録ができないため利用におけるトラブルが少ないのが特徴です。

登録されているアプリ数は200万を超え、動画編集アプリも豊富に取り揃えられています。
そのなかから、無料で利用できる高品質なアプリを紹介していきましょう。

参考:
AppleのApp Store、アプリ数200万本、総ダウンロード数1300億回、デベロッパーへの支払い総額は500億ドルに
遂にGoogle PlayがApp Storeのアプリ数を上回る

1.FilmStory

FilmStory.png
http://filmstory.jp/

FilmStoryでは、自分の好きな曲をBGMにするだけでなく内臓されている50曲のBGMから選んで動画を作成できます。

ユーザーが動画を視聴する際に気にしがちな音声に関しても再生音量を調整できるだけでなく、字幕もつけられるのがポイントです。
字幕は上下左右どの位置にでもつけられ、日本語のフォントも複数取り揃えています。
画像や動画をドロップ方式で編集できるのもので、編集ソフトに慣れていない人でも直感的に操作できるでしょう。

なお、無料版では30秒までの動画しか作成できません。

2.Triller

Triller___Your_life_in_video_(1).png
http://www.triller.co/

Trillerはミージックビデオ風の動画が簡単に作れるアプリです。
BGMを先に選んでから動画を撮影するので、音楽に合わせた動画を作成できます。

ファッショナブルな商品のプロモーション動画など、より感性に訴えかけたい映像を作る時に重宝するでしょう。楽曲を利用する際にはライセンスをよく確認するよう、注意してください。

3.SlideStory

SlideStory__Broadcast_your_story_.png
http://slidestory.tv/

SlideStoryは画像や動画を元にしたスライドショーが作成できるアプリです。
iPhone内のフォルダからだけでなく、Facebook、Instagram、FlickといったSNSのアルバムに含まれている画像・動画をピックアップして作成することも出来ます。

ピックアップした画像を元に自動で動画が生成されるので、素早く動画を作りたい人でも使いやすいでしょう。

4.Magisto

Video_Editing_By_Magisto___An_Automatic_Online_Video_Editor_(1).png
https://www.magisto.com/

Magistoは画像や動画を元に自動で動画を生成するアプリです。

利用する画像・動画をピックアップし、シチュエーションを選択するだけで自動で動画が作れます。人工知能や独自の感情検出テクノロジーを利用して動画に含まれている表情に合わせた加工を行うので、細かく手を加えなくてもイメージにあった印象的な動画が出来上がります。

ビジネス向けの有料版では商用でも利用できるBGMを用意しています。本格的なプロモーション動画を作りたい人は無料トライアルを試してみるのもいいでしょう。

5.InShot

InShot___ビデオ_フォトエディターを_App_Store_で.png
InShot

InShotはシンプルな操作画面が特徴の動画編集アプリです。
ナレーションやテキストの挿入できるだけでなく、効果音を追加することもできます。

インスタグラムの画面に合わせた正方形に変換もできるので、インスタグラム運営を行っている企業にとって重宝するでしょう。

6.VideoShow

動画編集はVideoShow___ムービー作成アプリを_App_Store_で_(1).png
VideoShow

テキスト入力やフィルター加工、BGMの選択など、基本的な動画編集機能を搭載した動画編集アプリです。
作成できる動画の時間に制限はありませんので、商品を実際に操作した映像など撮影時間が長くなりがちな映像にも利用できるでしょう。

インスタグラム向けに正方形への加工もできます。

7.Animoto

Animoto___Make_great_videos.Easily.(1).png
https://animoto.com/

写真や動画を選択してスライドショーが作成できるアプリです。
画面を分割して複数の写真を組んだり、テキストで説明を加えたりといった編集機能があります。

14日の無料トライアル期間中は無制限で動画作成が可能ですが、その後は有料版となります。ビジネスプランの場合、商用可能のBGMが2000曲以上収録されているので、プロモーションビデオ作成にも役に立つでしょう。

まとめ

動画編集アプリによっては、文字やスタンプを追加するだけでなく、フィルターをかけて動画全体の雰囲気を変えることもできます。
フィルターを使えば、動画編集に不慣れな人であっても手軽に編集できるでしょう。

アプリによってはBGMがすでに用意されていたり、写真や動画をピックアップするだけで編集作業自体を自動で行えたりと、少ない手間で動画を作成できます。

一方では、作りたい動画によっては遠くの音を拾うためのマイクや、明かりを操作するレフ板が必要となる場合もあります。
また、BGMを使う際には、商用可能なものを使い、トラブルは防ぐようにしてください。
自社がどのような動画を作成したいのか改めて確認し、必要な機能や求めるレベルを考えるようにしましょう。