まとめ

シミュレーションアプリは、家具やリフォームといった実際にすぐに商品を利用できない事例だけでなく、メイク用品やメガネなど実店舗であれば試用できる商品にも広がっています。

今回紹介したアプリは写真をもとにコラージュを行うものやARとして現実に商品を投影するものなど、利用されている技術が異なります。
特に、現実の映像を利用するのではなく、バーチャル空間の中に人間自体が入り込んだような感覚を楽しめるVR技術は最新のシミュレーションアプリと言えるでしょう。

こういったアプリを配信することで、Web上では実際に買ったイメージが掴めず購入に至らなかった商品でも、シミュレーションを通じて購入につながるかも知れません。
VR技術やAR技術の発展により、シミュレーションはよりリアリティなものへと変化してきています。
「実際に試着することができないから自分に似合うかわからない」というネットショップの弊害が取り払われる日もくるかもしれません。