今、ビジネスシーンで動画の活用が急速に普及しています。しかし、初めて動画制作に携わる新人マーケターの方は、何から手をつければよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

動画を活用したマーケティング施策にはいくつかのパターンがあり、それぞれ目的・ターゲットが異なります。動画制作に着手する前にポイントをおさえておくことで、動画施策を成功に導くことができます。

この記事では、新人マーケターの方に向けて動画活用の基礎知識を説明するとともに、動画施策を成功させるために必要な9つのチェックリストを紹介します。

目次

  1. ビジネスにおける動画活用の主要パターン
  2. 【動画活用パターン①】SNS動画広告
  3. 【動画活用パターン②】マニュアル動画
  4. 【動画活用パターン③】採用動画
  5. 制作前に気をつけたいSNS動画広告で効果を出すためのポイント
  6. 動画制作に着手する前に行うべき9つのチェックリスト
  7. 動画施策で成果を出すには知識と事前準備が大切

▼動画活用の基礎知識について知りたい方はこちら

動画制作を始める前に必ず押さえておきたいチェックリスト

動画制作を始める前に必ず押さえておきたいチェックリスト

動画制作を始める前に必ず押さえておくべき9項⽬の概要をチェック!

ビジネスにおける動画活用の主要パターン

企業が動画を活用するパターンは以下の3つです。

1.SNS動画広告
2.マニュアル動画
3.採用動画

動画はWebサイトや紙媒体に比べて伝えられる情報量が多く、人の記憶に定着しやすいコンテンツです。商品やサービスの広告に留まらず、使い方マニュアルや社内教育、採用などさまざまなシーンで活用されています。

新任マーケターの方や新しく動画施策を始める方は、自分がどのパターンの動画を担当し、その動画の目的は何なのかを把握することが重要です。目的がわからなければ成果を測る指標も意識できませんし、効果を最大化する戦略も考えられないからです。

動画施策を実施する前に、動画活用のパターンごとにどのような目的があるのかを知っておきましょう。

【動画活用パターン①】SNS動画広告

SNS動画広告とは、FacebookやTwitter、Instagramなどを利用した動画広告のことです。

SNS動画広告の目的

SNS動画広告の目的は主に以下の3つです。

  • ブランド・サービスの認知獲得や理解促進
  • 潜在顧客の認知獲得
  • 広告効果の改善

ブランド・サービスの認知獲得や理解促進

SNS動画広告は、ブランドやサービスの認知度を効率的に上げることができます。関連する情報を音声や字幕、テロップで伝えたり、動画がSNSで拡散されることで、広告費以上の認知獲得に成功するケースもあります。

潜在顧客の認知獲得

SNSはニーズが顕在化していない潜在顧客の認知獲得に優れています。理由はユーザーの大半がタイムライン上に流れている情報を受動的に閲覧しているからです。検索したキーワードに合わせて表示されるリスティング広告よりも、購買行動の間口を広げられます。

広告効果の改善

SNS動画広告は費用対効果が高いです。株式会社オープンエイトが静止画と比較したところ、獲得単価を約40%削減、クリック単価を約22%削減、コンバージョン率を約1%改善したとのデータがあります。

SNS動画広告の利用シーン

image4.jpg

SNS動画広告は主に企業のプロモーション、商品やサービスの訴求に活用されています。話題性や感情を揺さぶる要素を盛り込み、ユーザーが思わずシェア・拡散したくなる動画を制作しましょう。

▼効果的なSNS動画広告を作成するポイントはこちら

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

マーケティング担当者が押さえておきたいSNS動画広告の効果的な活用ポイントについて解説致します。

【動画活用パターン②】マニュアル動画

マニュアル動画とは、商品やサービスの使い方を説明したり、企業の社内マニュアルを動画にしてわかりやすくしたコンテンツです。

マニュアル動画の目的

マニュアル動画の目的は主に以下の3つです。

  • 社員研修や教育にかかるコスト削減
  • 属人化の排除
  • 営業活動のリソース削減と効率化

社員研修や教育にかかるコスト削減

マニュアル動画は業務効率化につなげられます。社員はデバイスや時間を選ばずいつでもマニュアル動画を視聴できますし、わかりにくい箇所があれば何度でも見返すことができます。企業側は担当者や会場を手配する必要がなくなるため、施設利用料や人件費も削減できます。

属人化の排除

属人化とはある担当者のみが業務の手順を把握し、他の社員には手順が十分に共有されていない状態のことです。たとえば新人研修で教育者のレベルに差があれば、研修内容にバラつきが出て均一性に欠けてしまいます。マニュアル動画によって安定した教育を実施できるのです。

営業活動のリソース削減と効率化

営業の場で新しい製品やサービス情報などの説明に利用できます。サービス説明や操作手順を動画にすることで、文字や口頭では難解になりがちな箇所をスムーズに伝えられます。浮いたリソースで顧客満足度の向上や、顧客接点を強化できます。

マニュアル動画の利用シーン

image8.jpg

マニュアル動画は社内教育や顧客向けの製品紹介や取扱説明書などさまざまな場面で利用されています。視聴後にアンケートを行い、定期的に更新していくことで運用改善、効果アップを期待できます。

▼わかりやすいマニュアル動画を作成するコツはこちら

マニュアル動画で業務工数を大幅削減

マニュアル動画で業務工数を大幅削減

業務の円滑化、業務改善を可能にするマニュアル動画の作り方の注意点や有効活用について解説します。

【動画活用パターン③】採用動画

採用動画とは、業務内容や職場の風景など自社の魅力を動画にして、求職者に働きたいと思ってもらうためのコンテンツです。

採用動画の目的

採用動画の目的は主に以下の3つです。

  • 認知度の向上
  • 採用活動のコスト削減
  • マッチング精度の向上

認知度の向上

採用動画は自社の認知度向上に役立ちます。レバレジーズ株式会社の調査によると、採用動画を見たとこのある就活生は7割を超え、うち動画視聴によって6割の志望度が上昇したとの結果があります。求職者の印象に残る動画を採用サイトやSNSで拡散すれば、他企業との差別化を図れるとともに、応募者の獲得が期待できます。

採用活動のコスト削減

採用動画は採用のコストを抑えられます。株式会社マイナビの調査によると、企業が求人広告へ投入する金額は平均150.3万円/年でした。自社で採用動画や採用サイトを制作・運用すれば採用コストを削減でき、コンテンツを資産として蓄積することもできます。

マッチング精度の向上

動画を使った仕事内容の説明や社員インタビューは、具体的な勤務イメージやキャリアプランを作るのに役立ちます。企業の理念や社風を知ることで求職者の志望度は向上し、ミスマッチ防止につながります。

採用動画の利用シーン

採用動画の利用シーンは以下です。

  • 採用サイト(SNS含む)
  • 会社説明会
  • 求職者向け企業CM

また、採用動画の制作パターンは、大きくわけて「ブランドイメージ型」「インタビュー型」「会社説明型」の3種類があります。

▼採用動画の制作パターンの説明と作り方はこちら

採用活動のDX化で競争に勝てる!採用コンテンツの動画活用のポイント

採用活動のDX化で競争に勝てる!採用コンテンツの動画活用のポイント

採用コンテンツの動画化のメリットについて詳しく説明します。

制作前に気をつけたいSNS動画広告で効果を出すためのポイント

ここからはSNS動画広告を中心に解説していきます。
SNS動画で効果を出すポイントは以下の3つです。

  • 自社のターゲットに合った配信先の選定
  • 動画広告に対する認識
  • 指標と検証方法

それぞれについて解説します。

自社のターゲットに合った配信先の選定

SNS動画広告は、ターゲットに合ったプラットフォームを選ぶ必要があります。なぜならSNSごとにユーザー層や媒体の強みが異なるからです。たとえば、訴求したい製品のターゲットが30代後半の男性なら、TwitterやFacebook、YouTubeなどが該当します。

SNS広告の媒体別比較表と、自社の商品やサービスのターゲットを照らし合わせ、適切なプラットフォームを選びましょう。

▼SNS広告の媒体別比較表はこちら

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

マーケティング担当者が押さえておきたいSNS動画広告の効果的な活用ポイントについて解説致します。

動画広告に対する認識

image7.jpg

動画クリエイティブ(広告素材)は、各プラットフォームごとに最適化させたり、使い分けたりする必要があります。また、静止画・動画に関わらず配信してから7日前後でパフォーマンスが低下するため、定期的に新しいクリエイティブの配信が必要になります。

動画制作を内製(インハウス化)することでコストを削減できますし、スピーディーな制作を実現できます。

▼SNS動画広告を自社で制作・運用する方法はこちら

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

マーケティング担当者が押さえておきたいSNS動画広告の効果的な活用ポイントについて解説致します。

指標と検証方法

image12.jpg

SNS動画広告は、どのユーザー広告が配信されたのか、さらに広告が表示された回数、クリックされた回数がわかります。

たとえば広告の目的が自社製品の認知であれば、リーチ数(実際にSNS広告や投稿を見た人数)やリーチ単価(1,000人にリーチするためにかかった平均コスト)に着目します。

SNS動画広告で成果を出すには、目的に合わせて成果指標を定めることが大事です。目的達成度を数値化できますし、PDCAを回転させることでSNS動画広告の改善が可能になります。

PDCAを高速回転させて成果を出す方法はこちら

動画広告・SNS動画投稿の高速PDCAガイド

動画広告・SNS動画投稿の高速PDCAガイド

動画広告・SNS動画投稿の高速PDCAガイドについて解説致します。

動画制作に着手する前に行うべき9つのチェックリスト

動画を制作する前にチェックすべき9つの項目を紹介します。

チェック① 目的

最初に動画制作の目的を決めます。目的を明確にすることで、ユーザーに伝えたいメッセージや、動画クリエイティブに一貫性を持たせることができます。

チェック② 予算

image2.jpg

動画制作にかかる各費用の相場を把握して、予算を決定します。製作費は利用目的、長さ、実写orアニメーション、演出内容によって細かく相場が分かれているため、作成したい動画に近い動画の相場を参考にします。

チェック③ 納期

image13.jpg

企画・撮影・編集時間を考慮してスケジュールを作成します。納期は動画の構成やクオリティによって上下しますが、だいたい1.5〜3ヵ月程度です。

チェック④ ターゲット

image9.jpg

ターゲットの年齢や性別、ライフスタイルなどを設定します。ターゲットよりも詳細なペルソナ(典型的なユーザー像)を設定してもよいでしょう。ペルソナによって属性や趣向が具体化され、動画の長さやテイスト、強調すべき要素が定まりやすくなります。

チェック⑤ 企画

image1.jpg

動画全体の構成を固めるために、企画書を作成します。企画書に必要な要素は、ここまで検討してきた目的、目標、ターゲット、配信媒体、伝えたいメッセージ、動画の種類(実写、アニメ)、長さ、配信日、絵コンテ、予算などです。

チェック⑥ 機材

image10.jpg

自社で動画クリエイティブを制作するなら、最低でもカメラ、三脚、編集用パソコン、マイク、記録メディア、動画編集ツール、シンバル(回転台付きグリップ)、スピライザー(振り子の原理でバランスをとる機材)などが必要です。

チェック⑦ 撮影

image3.jpg

機材を揃えてから企画に沿って撮影を開始します。性能のよいカメラを使えば、誰でもクオリティの高い動画を撮影できます。撮影はカメラの固定、照明、背景(色・明るさ)、見やすいカメラワークを意識します。

チェック⑧ 編集

image6.jpg

撮影した動画をフォーマットに合わせて編集します。使い勝手のよい動画作成ツールを導入すれば、代理店や制作会社に外注しなくても自社で動画制作を制作できます。

チェック⑨ 著作権、使用権

最後に制作した動画が著作権違反を起こしていないかチェックします。各プラットフォームのプライバシーポリシーも詳細まで読み込みましょう。

ここで紹介している9つのチェックリストは、PDF資料「動画制作を始める前に必ず押さえておきたいチェックリスト」の一部を抜粋したものです。

▼さらに詳細なチェックリストを確認したい方はこちら

動画制作を始める前に必ず押さえておきたいチェックリスト

動画制作を始める前に必ず押さえておきたいチェックリスト

動画制作を始める前に必ず押さえておくべき9項⽬の概要をチェック!

動画施策で成果を出すには知識と事前準備が大切

動画施策は動画を制作して公開・配信するだけではありません。動画を効果的に活用するために、随時改善していく必要があります。そのためにも、動画制作の知識や事前準備が不可欠です。

新任マーケターの方が押さえておきたい動画活用のポイントについては、PDF資料「マーケティング担当者が押さえておきたいSNS動画広告の効果的な活用ポイント」を以下のリンクよりダウンロードしてください。

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

SNS動画広告の効果的な活用ポイント

マーケティング担当者が押さえておきたいSNS動画広告の効果的な活用ポイントについて解説致します。