まとめ

Twitterでは同じユーザーであっても、アカウントを複数作成することができます。
特にiPhoneやAndroidアプリであれば、1つのアプリから複数のアカウントを切り替えることができます。一方、ブラウザ版の場合はアカウントごとにログインを行わなくてはいけません。

複数のアカウントを運営する上では、ブランドやサービスごとにアカウントを分け、ユーザーにとって興味のある内容に限った情報発信を行うことが大切です。
また、学生向けの採用情報や投資家向けのIR情報のように対象ごとにアカウントを分ける方法もあるでしょう。
そのようにユーザーの属性ごとに特化したアカウントへしていくことで、情報に対して反応されやすくなります。

その際にはユーザーにとってわかりやすいように、他のアカウントとの違いを明示します。プロフィール情報やホームページで、どのような情報を発信するアカウントなのかを表記しておくようにしましょう。

複数アカウントを同じ担当者が運用する場合、レギュレーションを事前に決めておくなど、アカウントを混同しない工夫が必要です。
誤ったアカウントでツイートしてしまうとフォロワーが混乱してしまう場合もあるので、注意しましょう。