動画の活用は不動産だけではなく、多様な業界で活用されるケースが増えています。不動産の動画の場合、豊富な情報を短い時間で効率良く収集できるため、物件紹介や採用動画、お客様へのインタビュー動画など幅広いシーンで利用できます。

今回紹介する記事では、不動産関連の動画制作を検討しているマーケッターに向けて、不動産業界の動画を活用するメリットや制作ポイント、注意点や動画活用事例を詳しく解説します。予め動画制作における重要項目を把握しておきましょう。

目次

  1. 不動産業界で動画を活用するメリット
  2. 不動産業界の動画の種類
  3. 不動産業界における動画活用のポイント
  4. 不動産業界の動画活用事例を紹介
  5. 不動産の魅力や特徴を動画を活用してアピールしよう

▼不動産業界の動画活用について今すぐ知りたい方はこちら

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントとは?

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントとは?

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントについて解説致します。

不動産業界で動画を活用するメリット

不動産業界の集客方法の一つである動画を利用したマーケティングのメリットについて紹介していきます。

物件の特徴や魅力を分かりやすく伝えられる

物件紹介における動画は、文章や写真では伝えることが難しい各部屋の詳細や特徴を詳細に伝えられることで、ユーザーが物件に住むイメージを膨らませやすくなるほか外観や周辺環境なども伝えられるので、顧客満足度の向上に繋がります。

例えば、日当たり具合や部屋の雰囲気、隣の部屋との距離感や周辺にどんな建物が見えるのかなど、写真や文章では伝えきれない物件情報をよりリアルに伝えられます。360度カメラを利用すれば、まるで自分がその現場にいるかのように感じられ、ユーザーにとっても入居後の想像がしやすく有益です。

また、入居者へのインタビュー動画や物件の案内付き動画など、カテゴリ分けにして作っておくことで、お客様に分かりやすく伝わります。

オンライン上で手軽に閲覧や訪問ができる

物件の詳細が分かる動画をYouTube上やホームページで公開しておくことで、海外在住の方や遠方の方でも時間や場所を問わずにオンライン上で手軽に閲覧や訪問ができます。

また、お客様の中には「直接足を運んで物件を見たいけれど、不動産屋に足を運ぶ時間がない」という方もいるため、潜在的なニーズにアプローチでき購入候補者の増加に繋がります。

さらにはユーザーが前もって動画で不動産の詳細を把握してもらうことで、後々スムーズに案内できたり、時間と手間をかけずコストを抑えたりできます。

企業ブランディングができる

不動産業界は競合他社と差別化できる強みを持っておくことが重要です。動画を活用すれば自社の特徴や魅力などをアピールできるので、企業ブランディングに繋がります。

動画内で影響力のある企業のトップや実績のあるスタッフが出演することでお客様に安心感や信頼感を伝えることができたり、ユーザーに信頼感や透明性がある企業というイメージを与えることができたりとメリットが多いです。

他社と差別化を図れる

不動産会社は競合ライバルが多いため、お客様から選ばれる会社になるには動画を取り入れ、より深い情報を伝えていくことが差別化戦略のポイントです。

最近は集客方法の一つとしてデジタルマーケティングを活用し、ポータルサイト内で物件の魅力や特徴を動画でアピールする企業が増えている現状があります。

特にポータルサイトは物件に関する情報を提供するサイトなので、利用率が高いですが、他社と自社の物件が同列に並んでしまうため差別化するのが難しいです。

しかし、ポータルサイト以外のYouTubeやTikTokなどの動画を活用すれば、差別化戦略として自社の魅力や特徴を際立たせられるのでおすすめです。

不動産業界の動画の種類

不動産業界の動画と一口に言っても様々な動画の種類があります。下記では動画の特徴や動画作成のポイントを併せて紹介します。

物件紹介動画

物件紹介の動画は、物件の雰囲気や日当たり、間取りや収納の使い勝手などの詳細情報を盛り込むことができます。お客様が気になる情報を満遍なく伝えることができるので、物件のイメージが掴みやすいです。

例えば、物件紹介文と動画を組み合わせることで、立体的・臨場感のある情報を届けたり、360度の様々な角度から撮影するVR動画を作ることで生活のイメージに繋がったりと豊富な情報を提供できます。

また、最寄駅から物件までの実際に歩いたアクセスの動画や内覧する際の視点で撮影した動画など、工夫次第で様々な動画コンテンツを作成できます。

会社紹介動画

会社紹介動画は、企業理念や事業内容、代表のあいさつやメッセージなどを紹介する動画です。テキストよりも動画の方が親しみやすく明確に伝えられるので、企業の好感度アップや知名度の向上などを目的に動画を作成することをおすすめします。

特にサービス紹介の動画は、提供するサービスの特徴や魅力、導入するメリットなどを具体例を交えながら説明することがポイントです。お客様に簡潔に分かりやすく伝えることで、馴染みの薄いサービスでも興味を持ってもらうことができます。

採用動画

採用動画は、企業が新卒採用や中途採用など人材を募集するための手段として活用する動画です。文章や写真だけでは伝わらない企業の魅力や仕事内容、職場の雰囲気などをまとめて動画にすることで視聴者は働くイメージを抱きやすくなります。

また、企業側は求める人材を動画にてアピールできるので、採用したい人材にターゲットを絞って採用活動が行えるので採用コストを抑えられます。求職者側も入社後のギャップを軽減できるので離職率の防止などにも役立つためWin Winの関係を築けます。

動画広告(SNS・不動産ポータルサイト)

動画広告は、SNSやWeb広告(不動産ポータルサイト)を利用してニーズのある人にダイレクトに広告を出稿できます。テキストや写真よりも動画の方が情報量が豊富なので、ユーザーの目を引くことができます。

例えば、自社でYouTubeやTikTokなどの動画共有サービス、FacebookやTwitterなどのSNSを作成して自社が保有している不動産の動画コンテンツを作成すれば、自社のファンを作ることができます。

ファンは潜在顧客です。何かしらのきっかけを与えることでニーズを認識させ見込み顧客化させられます。しかし、不動産の広告はルールがあるので、虚偽や広大広告にならないように最新の注意を払って情報発信を行いましょう。

入居されたお客様へのインタビュー動画

入居されたお客様へのインタビュー動画は、今現在物件を検討しているお客様にとって判断材料の一つになるため、とっても重要な動画です。

例えば、物件探しのきっかけや入居の決め手、入居後のギャップの有無などのリアルな感想などを動画でまとめておくことで、お客様に安心感や信頼感を与えることができます。

また、口コミや評判のように入居者の体験談をリアルに把握できるため、入居までの流れが具体的にイメージできます。

▼不動産業界の動画マーケティングのポイントはこちらから

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントとは?

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントとは?

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントについて解説致します。

不動産業界における動画活用のポイント

ここでは、不動産の動画コンテンツを作成する方法やポイントについて具体的に紹介します。

ターゲットと動画の目的を明確にする

不動産の動画を制作する時は、動画の目的を明確にしてターゲット層を絞っておくことが大切です。なぜなら、ペルソナ設定が上手くいかない商品やサービスは対象者がばらばらなので、メッセージが届かず効果的なマーケティング活動ができないからです。

例えば、ファミリー層向けの不動産の場合、近隣に商業施設や学校、公園などの情報を含めることで生活のイメージをしてもらいやすいです。一方で独身向けの不動産では、交通機関や公共機関、深夜営業のスーパーなどの情報を盛り込むことが大切です。

不動産は独身の社会人から新婚、子育て世帯まで幅広いニーズがあります。そのため、誰のためにどんな動画にするのかターゲットを定め、予め動画のシナリオを作成しておくことがポイントです。

物件の魅力や特徴が分かる動画を撮る

不動産の動画では、物件の魅力や特徴を分かりやすく伝える動画を撮ることが大切です。色々な角度からお部屋を撮影したり、スタッフによるおすすめのコメントを入れたりと居住イメージが湧きやすい動画を作成しましょう。

特に動画内でのスタッフによる説明は、実際にお客様が内見をしているようなイメージを抱きやすく、何も説明がないお部屋の動画よりも圧倒的に分かりやすいです。不動産のプロが丁寧に説明してくれるという付加価値から集客力が上がります。

配信する場所や活用場面を決定する

不動産の動画を作成する時は、予めどのプラットフォームで動画を配信するのか活用場面を決めておくことが大切です。なぜなら、プラットフォームごとにテイストや構成方法が異なり、配信する場所に適した動画コンテンツを作成しなければいけないからです。

例えば、ポータルサイトに動画を掲載する場合、掲載料やパッケージメニューが異なったり、アップ可能な動画数や時間などが決められています。また、ホームページに掲載する場合は、自社の強みや魅力を数分でPRできる動画などが求められます。

その他にもYouTube動画では、自社のブランドを崩さない動画やサムネイルの雰囲気を作ったり、TikTokであればインパクトのある物件を紹介しショートムービーで引きつけたりとプラットフォームによって特徴があります。予め活用方法を決めておくことがポイントです。

不動産業界の動画活用事例を紹介

ここでは実際に動画を活用した不動産会社の事例を紹介します。

【森住建】新卒採用動画ロングver.

岐阜県西濃にある住宅販売会社の株式会社 森住建は、新卒採用を募集する手段として動画を活用しています。映画のワンシーンのようなオープニングから始まり、営業に出る社員の姿やお客様との打ち合わせなどがリアルに紹介されています。思わず最後まで見入ってしまう品質の高い仕上がりになっています。

引用:森住建 新卒採用動画ロングver.

【LIFULL HOME’S】不動産・住宅情報サイト

住宅・不動産ポータルサイトのLIFULL HOME’Sを運営する株式会社LIFULLは、サービス紹介動画として女性3人の会話に基づいた視聴者の共感を呼びやすい動画を活用しています。1分以内と短い尺の中にクスッと笑える内容とサービスの利便性・メリットを取り込むことで分かりやすく自社の特徴を伝えています。

引用不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」WEBプロモーション動画(Crevo制作実績)

【住友不動産】オフィス施設紹介動画

住友グループの大手不動産会社である住友不動産株式会社は、ベンチャー企業向けにオフィス施設紹介の動画を活用しています。約3分半の中に数十種類のオフィスを紹介する内容になっており、具体的な利用方法をイメージしやすいように実際に利用された動画を一部抜粋する形で端的にまとめられています。この動画は物件の紹介をしつつも会社の紹介を上手に取り入れており同時にブランディングも行っています。

引用:「住友不動産」オフィス施設紹介動画(Crevo制作実績)

不動産の魅力や特徴を動画を活用してアピールしよう

ここまで不動産業界における具体的な動画活用方法とマーケッターが知っておきたいポイントについて詳しく解説してきました。

動画の種類によっては目的に応じた活用方法が重要になってくるので、予めターゲットと提供するプラットフォームを決めておくことが大切です。

本記事をきっかけにして不動産業界における動画活用方法を把握し、一人でも多くのお客様に自社の魅力を感じてもらえるようにアピールしましょう。

▼不動産業界の動画活用のポイントをまとめた資料はこちら

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントとは?

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントとは?

不動産業界における動画活用の最新トレンドとポイントについて解説致します。