昨今、「動画の時代」とも言われ、YouTubeをはじめとする動画プラットフォームでもSNS上でも、日頃から数多くの動画広告を目にするようになっています。このことはつまり、企業側が自社のマーケティング施策に動画を活用する場面が急増している、ということを意味します。

今回の記事ではマーケターに向けて、これから「動画マーケティング」に取り組む上での基本を解説し、その成功事例などもお伝えします。

動画マーケティング市場の最新動向

株式会社ジャストシステムでは、全国の17歳から69歳の男女1,100名を対象に「動画&動画広告月次定点調査」を毎月1回実施しています。

2019年の年間総括によると、10代の6割以上が「毎日、動画コンテンツを視聴」という事実が明らかになっています。動画プラットフォームは「YouTube」が引き続き1強であり、回答者の3割以上が「1日平均60分以上、動画コンテンツを視聴」していることも明らかになりました。「動画広告を最も見かける場」に関しても「YouTube」が強力なプラットフォームになっています。

また、「Instagram」においても、過去2年で動画広告を見る人の割合が増えており、特に10代による接触が多くなっています。なお、「Twitter」での動画広告には20代~30代による接触が多いようです。

また、SNS動画広告エンゲージメント率が上昇していることも明らかになりました。

つまり、今や動画広告とはスマホの普及、および動画プラットフォーム・SNSプラットフォームの拡大とともに一般消費者の生活の中に自然に溶け込んでおり、ユーザー側も自然に受け入れている様子が浮かび上がってきます。

参考:過去2年で、動画広告を見る人の割合が増えたのは「Instagram」|Marketing Reserch Camp

:動画マーケティングに必要な動画はどうやって制作する?

動画マーケティングに必要な動画はどうやって制作する?

未経験から月100本の動画制作を達成した事例資料をダウンロード!

動画マーケティングとは?

それでは、「動画マーケティング」とは具体的にはどのような取り組みを指すのでしょうか。

例えば次のような事例も、「動画マーケティング」に当てはまります。

  • 自社サイトに、自社のサービス・製品を愛用者であるユーザーインタビュー動画を掲載
  • You Tubeにて、自社で仕入れを行っている農産物の生産者を紹介する動画を公開
  • 人材採用のために、業界を紹介する動画を自社サイト上や採用説明会で公開

しかし、「ただ綺麗な動画を作って、公開して終わり」ではありません。

  • 目的達成のための戦略立案
  • 目的を達成するための動画クリエイティブの企画制作
  • 動画を掲載するSNSの運用
  • 動画広告設計
  • 動画を公開するキャンペーンサイトの構築
  • 効果検証

つまり、「動画」を軸にした上記のようなマーケティング施策すべてが「動画マーケティング」の取り組みに当てはまります。

「動画マーケティング」のポイントは、動画企画〜制作〜公開〜効果検証のプロセスにおいて「PDCA」の考え方を取り入れることだと言えるでしょう。

参考:マーケティングコンサルティング - LOCUS(ローカス)

どんな動画をつくるかも合わせて考えてみましょう。

どんな動画をつくるかも合わせて考えてみましょう。

「動画制作の基礎知識」が分かる資料をダウロード