営業マンであれば、外出先や取引先でスマートフォンを利用する機会は多いでしょう。
外出先でインターネットを利用する際に、読み込み速度が遅かったり、使いづらかったりといった悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、Androidで快適に利用できるブラウザを8つご紹介します。

Androidでは、標準ブラウザとして「ブラウザ」が設定されています。ですが、標準ブラウザを他のブラウザに切り替えることも可能です。
ぜひ自分に合ったものを見つけて、業務を効率化しましょう。

参考:
なぜAndroidのブラウザはChromeでないのか?

Android版オススメブラウザ8選

1.Google Chrome

Google_Chrome__高速で安全___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.android.chrome&hl=ja

GoogleChrome」はGoogleが提供しているブラウザです。

パソコン向けのChrome同様、検索候補の表示機能や音声検索といった充実した検索機能を利用できます。
ページ内検索も行えるので、特定のワードについて詳しく調べたい時も重宝するでしょう。

Googleアカウントにてログインすれば、ブックマークやパスワード・設定などを他の端末とも共有できます。
仕事用のパソコンで利用しているアカウントと同じアカウントでログインすれば、Androidのためだけにブックマークし直す手間が省けるでしょう。

2.Firefox

Firefox_ブラウザー_高速___プライベート___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.mozilla.firefox&hl=ja

「Firefox」は高いカスタマイズ性が特徴のブラウザです。

検索候補や以前検索したワードは自動で表示され、素早い検索を行えます。
また、パソコン向けFirefoxとパスワードやブックマークといった情報を共有できるので、パソコンやタブレットなど複数の端末を利用している人にとっても重宝するでしょう。

また、アドオンを利用すれば、広告のブロックやパスワードの管理、ダウンロードデータの管理と行った拡張機能を追加できます。
自分好みにカスタマイズできるので、より業務内容に沿った活用ができるでしょう。

3.Opera ブラウザ

Opera_ブラウザ___ニュースおよび検索___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.opera.browser&hl=ja

「Opera」はネット検索だけでなく、ニュース記事のチェックも行いやすいブラウザです。
ホーム画面からスワイプで各種ニュースをチェックでき、記事は保存して後で読み直せます。

また、動画の圧縮機能がついており、通常よりも軽い通信量で動画を視聴できるのが特徴でしょう。

4.ドルフィンブラウザ

ドルフィンブラウザ:フラッシュ&アドブロック対応最速ブラウザ___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dolphin.browser.android.jp&hl=ja

「ドルフィンブラウザ」はAndroid向けに開発されたブラウザで、ブラウザゲームなどに利用されるFlashへも対応しています。

GoogleChromeやFirefoxといった他のブラウザとブックマークを同期できるので、Android向けにブックマークを登録しなおす手間も省けます。

また、パソコン版GoogleChromeのようにタブを切り替えて操作する事できます。
片手で持ちながら親指でタブを切り替えるといった事もできるので、鞄や荷物を持ったままの操作もしやすいでしょう。

5.UCブラウザ

UC ブラウザ-それを高速にサーフィン___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.UCMobile.intl&hl=ja

UCブラウザはネットでの動画視聴に特化したブラウザです。

通信自体が素早いだけでなく、動画のデータ圧縮を利用すれば通信量を抑えた視聴が可能です。
手振りだけで画面の明るさや音量を調整できるのもメリットでしょう。

6.Yahoo!ブラウザ

Yahoo_ブラウザ:QRコード&自動最適化___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.ybrowser&hl=ja

「Yahoo!ブラウザ」はYahoo!JAPANが提供しているAndroid向けブラウザです。
Yahoo!JAPAN IDでログインすると天気やメールといったYahoo!各種サービスの新着情報をチェックできます。

Yahoo!音声アシストと連携すれば、閲覧中のホームページを音声で読み上げることも可能です。

7.Sleipnir Mobile

Sleipnir_Mobile___ウェブブラウザ___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fenrir.android.sleipnir&hl=ja

「Sleipnir Mobile」は自分で画面をカスタマイズできるブラウザです。
ブックマークなどのボタンを移動することができるので、自分にとって操作しやすい画面にしていくことができるでしょう。

あとで読みたい記事は画面を長押しするだけで、操作している画面の隣に新しいタブを開いて読み込ませておくことが可能です。

例えば動画などの容量が多いコンテンツの場合、読み込むにも時間がかかってしまい、やきもきしてしまうことがあるかもしれません。
Sleipnir Mobileであれば、別の操作を行いながら読み込ませておけるので、読み込みの時間を無駄にしてしまうことがないでしょう。

8.モカシャモブラウザ

モカシャモブラウザ_浮遊ブラウザゲームアプリとの併用に最適____Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.mocashamo.webbrowser&hl=ja

「モカシャモブラウザ」はウィンドウのサイズを自由に変えられるブラウザです。

通常、スマートフォン向けのブラウザはウィンドウのサイズは変えられず、画面いっぱいを利用して操作します。
そのため、ホーム画面など他の画面を見ながら操作することはできません。

その点、モカシャモブラウザであれば、他のアプリを利用しながらホームページも閲覧できます。例えば、ホームページで飲食店の住所を見ながら、Googleマップで場所を確認するといった利用方法が挙げられるでしょう。

参考:
Androidの人気ブラウザアプリ8つの機能比較

まとめ

AndroidGoogleが開発したOSながら、標準搭載のブラウザはGoogleChromeではありません。
ですが、GoogleChrome自体はAndroidにも対応されているので、普段からChromeを使い慣れている人は利用してみてもいいかもしれません。
また、ドルフィンブラウザやUCブラウザのように、Android向けに独自に開発されているブラウザもあります。

それぞれ動画の読み込みが速かったり、ウィンドウの操作方法が特徴的だったりと行った個性があります。業務内容や自分にとっての使いやすさを意識して、仕事を効率化できるブラウザを選びましょう。