チャットワーク(ChatWork)は、今やビジネスにおいては欠かせないコミュニケーションツールのひとつとなっているサービスです。
無料で使用できる範囲が幅広く、パソコン・タブレット・スマートフォンとデバイスを問わずシームレスに使用可能、テキストだけではなく写真や動画、zipファイルなどさまざまな形式のメッセージを送信することもできます。

今回は、チャットワークをさらに便利に使用するためにオススメの、Chrome拡張機能7選をご紹介します。
パソコンでチャットワークを使用する機会の多い方は、ぜひ参考にしてみてください。

チャットワークとは

1.png
http://www.chatwork.com/ja/

チャットワークとは、オンラインのコミュニケーションサービスです。
デバイスを問わず使用可能で、テキスト以外にもさまざまな形式のデータを送信することができます。
さらに、メッセージを送信した後にミスに気がついた場合に編集・削除することもできます(ただしメッセージ削除前に相手が閲覧してしまう可能性はありますので、注意してください)。

基本的な使用方法については、ferret内の以下の記事にてご紹介していますので、参考にしてみてください。

ビジネスコミュニケーションに最適な「ChatWork(チャットワーク)」の基本的な使い方を解説|ferret

KDDI ChatWork

2.png
http://www.chatwork.com/kddi/

高度なセキュリティを重視しかつ使用人数が多いと想定される大企業や官公庁などには、ChatWork社とKDDI社が共同開発している「KDDI ChatWork」というサービスも提供されています。
使用環境や人数等によっては、こちらのサービスを検討することもオススメします。

チャットワークをより便利にしてくれる拡張機能7選

1.チャットワーク

チャットワーク.png
インストールはこちら

こちらは、チャットワークの拡張機能です。
Web上で使用することも可能ですが拡張機能をインストールしておくと、送受信したファイルの一覧や自分が関係しているタスクの一覧をすぐに確認することができます。
さらに、拡張機能を使用すると常時チャットワークを開いてタブを消費する必要もなくなるため、インターネットでの調査作業が多い方やタブを開きすぎてしまう方にはオススメです。

2.ChatWork Extension

ChatWork_Extension.png
インストールはこちら

こちらは、特に視認性の向上に役立つChrome拡張機能です。
チャットワークを開いた際に画面左側に表示される名前やグループのリスト項目の高さをカスタマイズして一画面で表示できる項目の数を増やす機能や、指定したキーワードをハイライトする機能、グループチャットで活躍してくれるメンション先候補リストの補完機能などが搭載されています。
特に、メンション先候補リストの補完機能は非常に便利で、FacebookやTwitterなどでと同様に「@」以降に相手のユーザー名やIDを入力した際に該当する候補を表示してくれるため、人数の多いグループチャット上で重宝します。

搭載されている機能はどれもカスタマイズできますので、使用してみて必要ない機能は無効化すれば、機能が多いことで煩わしさを感じることもありません。

3.ChatworkNameShortener

ChatworkNameShortener.png
インストールはこちら

こちらは、グループチャットをする際に便利なChrome拡張機能です。
グループの参加人数が多くなってきた時に参加者全員宛にメッセージを送信しようとするとメッセージの前に全員分の名前が表示されてしまい、読みにくくなってしまいます。
この拡張機能を使用すると、宛先が2人以上になった場合に名前部分が省略されてアイコンのみ表示されるため、すっきりとしたコンパクトな見た目になり、メッセージが読みやすくなります。

ちょっとした機能ではありますが、参加人数の多いグループが多くなってくるとやり取りするメッセージの量も必然的に多くなるため、メッセージを見逃さないためにも読みやすさは重要になります。
グループチャットを利用している方は、ぜひインストールしてみてはいかがでしょうか。

4.Chatwork Live Screen Sharing Plugin

Chatwork_Live_Screen_Sharing_Plugin.png
インストールはこちら

こちらは、チャットワーク上で画面共有をする際に必要となるChrome拡張機能です。
チャットワークにはビデオ通話機能が搭載されており、通話中はSkypeのようにパソコンの画面を相手に共有することができます。
リモートで業務を行う場合や、パソコンの画面を実際に見せて操作方法を指導する場合、クライアントと面談を行う場合など、画面共有機能を使用すると伝達ミスを防げる、テキストメッセージだけでは伝わりにくい内容を的確に伝えることができるなど、非常に便利です。

使用方法も非常に簡単で、ビデオ通話を始めると表示される画面共有アイコンをクリックするだけ。
画面共有を行う際には必須の拡張機能ですので、使用が想定される場合にはあらかじめインストールしておきましょう。

5.chatwork helper

chatwork_helper.png
インストールはこちら

こちらは、意外に便利な機能が多数搭載されたChrome拡張機能です。
先にご紹介した「ChatworkNameShortener」の宛先の省略表示機能や、読まなくてもよいメッセージが大量にたまってしまった際にワンクリックですべて既読にできる機能、グループチャット内で自分宛のメッセージを簡単に探してソートする機能などが搭載されています。

特に、グループチャット内で自分宛のメッセージを探すことができる機能は、人数の多いグループに参加している場合に読み飛ばしてしまうリスクを軽減できるため非常に便利です。
自分が送信したメッセージ以外を非表示にする機能も搭載されているため、過去のやり取りを見返す際にも重宝します。
こちらも、グループチャットを利用する機会の多い方にはぜひオススメしたい拡張機能のひとつです。

6.Chatwork Input Tools

Chatwork_Input_Tools.png
インストールはこちら

こちらは、メッセージの入力作業を補助してくれるChrome拡張機能です。
この拡張機能をインストールすると、メッセージ入力ボックス上部に「info」「title」「code」「hr」タグが表示されるようになるため、都度タグを手動入力する手間が省けます。
さらに、一般的に使用頻度の高い「おじぎ(bow)「了解(roger)」」「クラッカー(cracker)」の絵文字ボタンも同様にメッセージボックス上部に表示されるため、絵文字を使用したい時に絵文字アイコンをクリックして該当の絵文字を探す手間も省けます。

メッセージ作成時にタグや絵文字をよく使用する方は、一度使用してみてはいかがでしょうか。

7.Chat++ for Chatwork

Chat___for_Chatwork.png
インストールはこちら

こちらは、チャットワークを楽しみながら使用することができるChrome拡張機能です。
拡張機能をインストールすると、デフォルトで搭載されている絵文字以外にも、少し変わった笑える絵文字を多数使用できるようになります。
おもしろい絵文字を見つけて送信すると、相手との距離が縮まってコミュニケーションがより円滑になります。

さらに、便利なショートカットが多数搭載されているため、チャットワークを使用してメッセージのやり取りを行う作業の効率化が図れます。
拡張機能を使用することで1回あたりの作業に数秒の差しか生まれないとしても積み重なれば想像を超える時間になりますので、少しでも作業時間を短縮して思考や勉強の時間に当てたい、という方にもオススメです。

まとめ

今回ご紹介したChrome拡張機能は、どれもちょっとした機能で普段のチャットワークでの作業を効率化してくれるため、特に参加しているグループチャットが多い方には試していただきたいものばかりです。

すでに2016年6月時点で10万社以上が導入しているチャットワーク。
(参考:10万社突破!なぜChatWorkは導入企業数だけ公開しているのか社長に聞いてみた|ChatWork)

ユーザー数は公開されていませんが、導入している企業が10万社を超えているというだけでも数多くのビジネスマンが愛用しているツールであることは一目瞭然です。
デフォルトのままでも非常に便利なチャットワークを、Chrome拡張機能を使用してさらに快適に使用してみてはいかがでしょうか。