SNSのタイムラインに毎日のように流れてくるレシピ動画の流行により、改めて注目を集めている"HowTo(ハウツー)動画""マニュアル動画"

BtoC商材・BtoB商材のマーケティングツールや営業ツールとしてはもちろんのこと、社内研修などにも有効で、活用範囲が非常に広い動画コンテンツです。さらに、モノの作り方や操作方法、サービスや接客の方法などが、動画ならではの高い情報伝達力でより理解しやすくなるという強みがあります。

今回は、レシピ動画で注目を集めている"HowTo動画"や"マニュアル動画"の価値を改めて整理するとともに、その活用事例や制作時のポイントなどをご紹介していきます。

ぜひ今後の動画マーケティングにお役立てください。
  

なぜ今"HowTo動画"や"マニュアル動画"が注目されるのか?

7081_001.jpg
  
まずは、HowTo動画やマニュアル動画が、今改めて注目されている理由を考えてみましょう。
  

1. 動画視聴環境の進化

かつて、商品の説明書やマニュアル、あるいは料理レシピなども全て、紙に印刷されたものが一般的でした。それが今や、PCはもとより、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでも動画再生が可能になり、環境を問わず、必要な時にいつでも動画を視聴できるようになってきました。そのため、従来、紙に印刷されていたものを動画化する動きが加速しています。
  

2. SEOとしての"HowTo動画" "マニュアル動画"

スマートフォンの普及により、人々は「●●の使い方」や「●●の方法」を知りたいと思った瞬間に手元のスマートフォンですぐに検索できるようになりました。YouTubeでは2014年から2015年にかけて、「How to」の検索件数が70%も増加したそうです。

このトレンドを受け、企業のSEO対策において、ユーザーや顧客のこれらのニーズに応えるためのHowTo動画やマニュアル動画の重要性が高まっています。

動画マーケティングに積極的な企業は、HowTo動画を何十本と制作し、自社サイトやYouTubeチャンネルに掲載することで、検索をとおした新しいファンの獲得を図っています。
  

3. 企業によるIoT推進

三菱総合研究所が昨年11月に公開した、中小企業におけるIoT導入に関する調査によると、今後の取り組みの1つとして、マニュアルのデジタル化が挙げられています。業務効率の向上、ペーパーレス化によるコスト削減など、企業のIoT推進においてもマニュアル動画は重要なファクトの1つとなっているのです。

参考:
平成28年度エネルギー使⽤合理化促進基盤整備委託費(中小企業におけるIoTの導入に関する調査)
  

"HowTo動画" "マニュアル動画"のメリット

7081_002.jpg

次に、HowTo動画やマニュアル動画が持つ4つのメリットを見ていきます。
  

1. 高い情報伝達力

文字や写真だけとは異なり、動画であれば、動きや音、時間軸などの要素まで含めて伝えることができるため、「●●の方法を伝達する」という目的を果たすという意味では最適な手段の1つと言えます。微妙なニュアンスや“さじ加減”なども、動画であればより正確に視聴者に伝えることが可能です。

弊社(株式会社LOCUS)が手がけたプロジェクトでは、クライアント企業内で活用されたマニュアル動画の視聴者の85%から「理解がより深まった」との回答を得ています。
  

2. 情報の均質化

「●●の方法」は、人が直接説明して伝えることも可能です。しかしその場合、人によって伝える内容や伝え方に差が出てしまうことは避けられません。その点、HowTo動画やマニュアル動画を用いれば、動画を視聴する人に同一の情報を提供することができます。

特に教育研修目的のマニュアル動画の場合、より正確性が求められますが、動画であれば伝達情報の均質化が担保されます。
  

3. エンターテインメント性の付加

昨今、人気のレシピ動画のように、エンターテインメント性を持たせることも可能です。情報として役に立つ上、“見ていて楽しい”という要素が加わるため、コンテンツとしての価値がさらに高まります。

あるいは接客マニュアル動画などでも、例えばドラマ仕立てにすることで視聴者をストーリーに引き込め、具体的な場面もイメージしやすくなります。
  

4. 高いアクセシビリティ

インターネットに接続できる環境であれば、時間も場所も問わず、オンライン動画にアクセスすることができます。紙のマニュアルは時間をかければ手元に届けることも可能ですが、対面研修は開催時期も場所も限定的なため、参加できる人は限られてしまいます。

いつでもどこでも、視聴者にとって必要かつ都合のいい状況で繰り返し動画を視聴できるからこそ、HowTo動画やマニュアル動画としての情報価値が高まると言えます。
  

5. コスト削減効果

紙のマニュアルの場合、原稿制作費とともに、印刷費もランニングコストとして発生し続けます。あるいはリアルな研修の場合は、準備期間も含めた人件費や場所代が、開催のたびに必要になります。

動画ももちろん制作コストがかかりますが、完成した動画をWebサイトやYouTube等の無料プラットフォームにアップロードする形であれば、費用もかからず、半永久的に配信・視聴することができます。
  

HowTo動画・マニュアル動画の具体的事例

冒頭でも述べた通り、HowTo動画やマニュアル動画は様々なシーンで活用することができます。いくつか実例とともにご紹介していきます。
  

1. 商品の取り付け方法を説明するHowTo動画

上記は、アプリを使って鍵を開閉できるスマートロックの設置方法を解説する、一般的なHowTo動画です(弊社実績)。多少難解な仕組みであっても、動画を使って丁寧に解説していくことで、誰でも簡単に取り付けられるようになります。

本動画を商品のサポートページに掲載しておけば、カスタマーサポート業務の削減も期待できます。
  

2. HowTo動画で新商品をプロモーション

こちらは、ヘアケアブランドの新商品ラインナップの特徴と使い方をメインコンテンツとしたプロモーション動画です(弊社実績)。豊富なラインナップの中から自分の悩みに合った商品を選べるよう、その選び方や使い方を訴求し、購入を後押ししています。

プロモーション目的であるため、演出にもこだわって制作されています。
  

3. リアルイベントでのルール説明

続いてこちらの動画は、ラジコンドラフト競技大会で競技ルールを説明するためのマニュアル動画です(弊社実績)。

紙の説明資料や、係員からの淡々とした説明ではなく、カッコいい演出を加えたマニュアル動画にすることで、参加者の理解が深まるだけでなく、大会の雰囲気も盛り上げています。
  

4. アルバイト従業員を対象とした研修動画

最後の動画は、商業施設内のテナントで働くアルバイトに対して、館内の仕組みやルールを説明するものです(弊社実績/試聴用に短く編集されています)。

実写映像とイラストを適宜組み合わせ、施設に初めて来た人でも全体感をすぐに理解できるように工夫されています。新しいアルバイトが入るたびに全てを説明するという手間を省けるため、人的コストの大幅削減を目指せます。
  

動画制作のポイント

それでは最後に、HowTo動画やマニュアル動画の制作について知っておきたいポイントをご紹介しておきます。

今は誰でも手軽に動画を撮影編集できる環境が整っているため、社内用のマニュアル動画などであれば、予算を抑えるために社員が内製することも不可能ではありません。

ただし、HowTo動画やマニュアル動画では、制作者側の「このように見せたい」「こういう風に伝えたい」という意思も大切ですが、もっとも重要なのは、“視聴者にとってわかりやすくなっているか”、ということです。

正確さや、わかりやすさを高めるためには、台本(構成)や演出が重要です。既存の紙マニュアルを動画化する場合であっても、その内容をそのまま映像にするだけではあまり意味がなく、動画というフォーマットの中での最適な表現方法を見極める必要があります。さらに、長尺になる場合は視聴者を飽きさせないためのメリハリや工夫も必要です。

実績のある動画制作会社などは、これらのポイントをよく理解しており、第三者の視点でわかりやすく魅力的な動画を企画制作できますので、動画資産として長期的に活用していきたい場合は外部の制作会社に依頼する方が良いでしょう。
  

まとめ

今回ご紹介してきたHowTo動画やマニュアル動画は、あらゆる企業にとって活用価値の高い動画コンテンツです。

自社の商品やサービスの使い方を紹介する動画を用意しておけば、顧客へのサービス価値が向上するでしょう。あるいは毎年新入社員に対して行っている研修なども、動画化することでコストを大幅に削減できるかもしれません。

まだ動画に取り組んだことがない企業の方も、まずはHowTo動画やマニュアル動画から検討を始めてみてはいかがでしょうか?