休日に出かけようとした時、天気予報によって行き先を変えた経験はありませんか?
動物園に行く予定だったけれど雨が降っているから博物館に行き先を変えたり、暑いからデザートをケーキではなくアイスにしたりといった経験は誰しもあるでしょう。
気候の変化に合わせて、消費者の行動は変わります。企業にとっても、消費者の行動変化に合わせた商品展開を行うことで売上を伸ばすことができるでしょう。

こういった気温や天候などの気象情報に合わせて展開する商品や価格を変えるマーケティング戦略を「ウェザーマーチャンダイジング」と言います。
今回はウェザーマーチャンダイジングの意味と活用事例を紹介します。
ウェザーマーチャンダイジングは、リアルの集客に関連する店舗だけでなく、Webマーケティングでも活用されています。基本的な考え方を学び、自社の戦略にも生かしていきましょう。

ウェザーマーチャンダイジングとは

ウェザーマーチャンダイジングとは、気象を使った販売促進計画を指します。
具体的には、気温の変化に合わせて商品の仕入れや並び順、広告の方法などを変えることなどが挙げられるでしょう。

駅の売店で普段は取り扱っていないのに、雨の日だけ傘が販売していたなどの経験をしたことはありませんか?
これもウェザーマーチャンダイジングの1つの例です。

また、このような今目の前で起こっている天気に合わせたものだけなく、未来の天候に合わせた商品の仕入れや広告キャンペーンの実施なども良い例でしょう。

参考:
[弊社の取組と中期予報への期待(株式会社ライフビジネスウェザー)|気象庁]
(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/minkan/ws161214/shiryou5.pdf)
商品需要予測事業|日本気象協会
MD(マーチャンダイジング)|オービック

天気がネットにもたらす影響

「天気が関係するのはオフラインだけでのことじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。確かに飲食店や小売店のような店舗では、天気が晴れか雨かでも客足に差が出ます。
しかし、それはネットの世界でも例外ではありません。

Yahoo!JAPANが2013年におこなった調査によると、天気によって行おうと思っていた予定を変更した経験がある人は全体のうち45%にものぼり、なかでも予定以外の行動をするためにネットで情報収集をした人は7割という結果が得られました。

また、雨や雪の日の過ごし方について「ネットサーフィンをする」と答えた人は42.3%とおり、「自宅でくつろぐ」「テレビ/DVDを観る」について三番目に多い結果となっています。このように、悪天候時にはネットが活発に利用されていることがわかるでしょう。

天候によって人の行動が変わることで、ネットの世界にも影響を及ぼします。特にネットショップの担当者などは天候の変化も、ショップの売り上げに影響するかもしれないと認識しておきましょう。

参考:
[「天気」によって人の行動はどう変わるのか?|Yahoo!プロモーション広告]
(https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/whitepaper_weather.html)