Facebookでは、投稿内容の公開制限や特定のユーザーからの投稿を防ぐブロック機能など細かいプライバシー設定が可能です。

今回は、Facebookのプライバシー設定の中でも、特に覚えておきたいものをピックアップして紹介します。

設定のなかでも、自分のページに対して宣伝目的のコメントや強い誹謗中傷を繰り返すユーザーが現れた際にブロック機能の使い方は覚えておきたいところでしょう。
トラブルを未然に防ぎ、Facebookを使いこなすのにプライバシー設定は欠かせません。ぜひこの機会にどういった設定が可能なのかおさえておきましょう。

※記事内ではWebブラウザ版を利用しています。アプリ版では画面や操作内容が異なる可能性がありますのでご了承ください。

1.「プライバシー」から設定できるもの

Facebookでプライバシー設定を行うには、ページ右上部のタブから「設定」を選択します。設定の中でも、投稿内容の公開や他のユーザーとの関わりを制限する「プライバシー」と「タイムラインとタグ付け」「ブロック」の3つの機能を紹介します。

一般アカウント設定.png

参考:
[基本的なプライバシー設定とツール | Facebookヘルプセンター] (https://www.facebook.com/help/325807937506242/)

1-1.共有する範囲

 プライバシー>私のコンテンツを見ることができる人>今後の投稿の共有範囲

「プライバシー」設定では、投稿に対して以下の通り共有する範囲を選択できます。

 公開…Facebookユーザー以外を含むすべての人に公開されます。
 友達…Facebookでつながっている友達へ配信されます。
 次を除く友達…特定のユーザーを除いた、友達へ配信されます。
一部の友達…特定のユーザーを特定して配信します。
 自分のみ…自分しか投稿を見れない状態となります。

なお、共有する範囲からは、設定後に投稿した内容のみ適応されます。
過去の投稿の公開範囲を変更したい場合はプライバシー設定の中にある「友達の友達とシェアまたは公開でシェアした投稿の共有範囲を変更」より、過去の投稿の公開範囲をすべて「友達まで」に変更できます。また、投稿画面から、投稿ごとに共有範囲を変更することもできます。

1-2.友達リクエストが送られてくるユーザーの範囲

 プライバシー>私に友達リクエストを送信できる人

友達リクエストを送信できる人の範囲が変更できます。
「全員」または「友達の友達」から選べるので、より狭い交友範囲にとどめたい人は「友達の友達」に設定しておくといいでしょう。

1-3.自分を検索で見つけられるユーザーの範囲

 プライバシー>私を検索できる人

検索機能を使って自分を見つけられるユーザーの範囲を選択します。メールアドレスで検索できる人と電話番号で検索できる人を「全員」「友達」「友達の友達」の3つから選択できます。
また、GoogleやYahoo!検索などの検索エンジンによる検索時に表示されるようにするかも設定できるので、自分のつながりたい対象に合わせて決めましょう。

2.「タイムラインとタグ付け」から設定できるもの

Facebookには「タグ付け」という投稿内容や写真に対してユーザー名を追加できる機能があります。例えば、タグ機能を利用すれば、イベント開催時後の投稿や添付する集合写真にユーザー名を追加することで、そのイベントにユーザーが参加していたことを紹介できるでしょう。
一方で、自分の行動が他のユーザーによって明らかになることを嫌がる方もいるかもしれません。そういった際には、タグ付けのプライバシー設定を変更して対応しましょう。

2-1.タグ付けの許可設定

 タイムラインとタグ付け設定>タイムラインのコンテンツのプライバシー設定>タイムラインにある自分がタグ付けされたコンテンツのプライバシー設定

自分のタイムラインに表示され、自分がタグ付けされている他のユーザーの投稿に対して、公開範囲を決められます。

 全員、友達、友達の友達、知り合い以外の友達、自分のみ、カスタム(特定のユーザーのみ公開)、地域、家族、知り合い

上記の設定から選択できます。
ただし、この公開範囲はあくまで自分のタイムラインに限られます。タグ付け自体を削除することはできないので注意してください。

参考:
[Facebookで勝手に写真タグ付けさせない!1分で承認制にする方法|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/466)

3.「ブロック」から設定できるもの

Facebookでつながりを持ちたくないユーザーに対して、ブロックが可能です。ユーザーをブロックすると相手から自分の投稿が見えなくなり、タグ付けやグループへの招待もできなくなります。特に悪質なユーザーに対して、関わりを断ちたい際に活用できるでしょう。

3-1.「友達に公開」設定している投稿を見えなくする友達の設定(制限リスト)

 ブロック>制限リスト

「友達まで公開」と設定している投稿であっても、特定の友達から投稿を見えなくする機能です。ただし「公開」に設定している投稿や、その友達がタグ付けされた投稿は見ることができます。
制限リストに友達を追加しても、その友達には通知はいきません。

3-2.ユーザーへのブロック

 ブロック>ユーザーをブロック

ブロックを行うと、特定のユーザーとFacebook上での関わりを断つことができます。
具体的に、相手は以下のことができなくなります。

 自分がタイムラインに投稿した内容の閲覧
 自分をタグ付けすること
 自分に対するイベントやグループへの招待
 スレッドの開始
 友達としての追加

ユーザー名を特定して追加するとブロックできます。ただし、メッセンジャーアプリを利用して連絡を取り合うことは可能です。もしメッセンジャーアプリでの関わりも断ちたい場合は「メッセージをブロック」からも設定するようにしましょう。

3-3.アプリに対するブロック

 ブロック>アプリをブロック

アプリをブロックすると、そのアプリはFacebook上にある自分の情報にアクセスできなくなります。例えば、一度Facebookへの連携を許可したけれど、連携を解除したい場合などで利用できます。

3-4.企業ページへのブロック

 ブロック>ページをブロック

個人のユーザーではなく、企業のFacebookページをブロックしたい場合は「ページをブロック」から設定しましょう。個人のユーザーに対するブロックとは異なり、自分から相手へも交流できなくなります。

具体的には、相手からは下記のことが行えなくなります。

 コメントへの「いいね!」
 メッセージの送受信 など

また、現在、そのページに対して「いいね!」を付けている場合、ブロックすると「いいね!」とフォローが取り消されます。

まとめ

Facebookでは投稿の共有範囲やユーザーとのつながりを制限できます。特に運営の中では悪質なユーザーページとの関わりを断つブロック機能などは覚えておいた方がいいでしょう。

今回紹介した以外にも、イベント招待へのブロックや自分のタイムラインに表示されるユーザーの範囲などもFacebookでは設定可能です。
企業で運営する以上、ブロックや共有制限は最低限にとどめた方がいいかもしれませんが、あまりにも悪質なユーザーへの対応策としてもいざという時に活用してみてください。