まとめ

感情AIは、すでに広告業界やカスタマーサポートでの活用、対話型ロボットへの実装が行われています。開発途上の技術ということもあり、今後の普及が期待される技術です。

感情を分析することで、コンテンツの"どの部分を好み" "どの部分を嫌うのか"というような詳細な検証できます。今回は、ビジネスにおける活用事例を紹介しましたが、医療分野での活用も進められています。

個人の表情や声を分析することからプライバシー上の課題があるものの、感情AIが普及することで、コンテンツユーザーのミスマッチを削減できるほか、広告ならば成約率の向上なども見込めるでしょう。