商品やサービス販売に欠かせないECサイト。しかし、サイト構築が難しく諦めてしまうマーケターも多いはずです。そんなときにおすすめなのが、手軽に使えて便利なECサイト構築ツールです。

今回はおすすめのECサイト構築ツール18選とともに、選び方をまとめました。これからECサイトを構築したい、ネットショップを開設したいと考えているマーケターはぜひ参考にしてください。

目次

  1. ECサイト構築ツールとは
  2. ECサイト構築ツールの選び方
  3. ECサイト構築ツール【レンタル・ASP】
  4. ECサイト構築ツール【クラウド・SaaS】
  5. ECサイト構築ツール【オープンソース】
  6. ECサイト構築ツール【パッケージ】
  7. ECサイトを構築してビジネスを加速させよう

▼リピート通販事業を成功へ導くことに特化したECプラットフォームはこちら

リピートPLUS

リピートPLUS

D2C/定期通販特化型ECプラットフォームです。

ECサイト構築ツールとは

ECサイト構築ツールとは、その名の通りECサイトを作成するためのツールです。作成だけでなく、決済や商品管理など運営まで一括して行えるものも多くあります。ECサイト構築ツールに備わっている主な機能は以下の通りです。

  • ECサイトの作成
  • 商品の管理
  • 決済
  • 顧客の管理
  • 集客
  • 販促
  • アクセス解析

上記の通りECサイト構築ツールには、商品や顧客の管理など多くの機能が搭載されたツールがほとんどです。

こうした便利な機能が備わっているツールでは、集客や販促などサイト運営がより便利に行えるメリットがあります。他にも、Googleアナリティクスなどと連携し、データの分析を行える便利なツールもあります。

自社の目的などにあわせ、適したツールを選ぶようにしましょう。

ECサイト構築ツールの選び方

次に、ECサイト構築ツールの選び方を4つ解説します。

1. 目的に合う種類で選ぶ

目的に合う種類で選ぶ.png

画像引用:EC事業者に役立つ資料まとめ!集客やサービス選定のポイントと成功事例を紹介

ECサイト構築ツールにはさまざまな種類があり、目的によって適した種類が異なります。ここでは、種類ごとの特徴について見ていきましょう。

・レンタル・ASP

レンタル・ASPは、ECサイトに必要な機能をレンタルできるツールです。サイトの構築にかかる費用が比較的安く、コストを下げたい企業に向いています。ただし、使える機能などに限りがあるため、オリジナリティを出したいときには不向きです。

・クラウド・SaaS

クラウド・SaaSは、クラウドサービスとしてさまざまな機能が提供されています。主に顧客管理やカート機能が搭載されており、クラウド型のため常にアップデートが行われた最新の状態で使用できます。

ただし他ツールとの連携や機能のカスタマイズなどが制限されている場合もあるので注意しましょう。費用はレンタル・ASPよりやや高額な傾向です。

・オープンソース

オープンソースは、Web上で公開されているソースコードをカスタマイズし、自由に利用できるツールです。自分でカスタマイズしながらECサイトを構築していくため、自由度が高いのが魅力ですが、セキュリティ対策やトラブル対応も自ら行う必要があります。

・パッケージ

パッケージは、ECサイトの運営に必要な機能があらかじめセットになったツールを指します。カスタマイズ性が高く、柔軟にサイト構築が行えるのが魅力です。ただし、ほかの種類に比べると費用が高額な傾向にあるのがデメリットです。

・スクラッチ

スクラッチはパッケージやASPなどとは異なり、まっさらな状態からECサイトを構築する方法です。自社でイチからECサイトを作成するため専門的な知識が必要ですが、自由度が高く自社らしいサイトを構築できるのが魅力です。

しかしサイト構築までに多大な工数がかかる上に管理コストが高いため、最近ではスクラッチ型を採用する企業は少なくなっています。

2. 外部サイトと連携できるかで選ぶ

ECサイトを運営する際、SNSやほかのサイトと連携ができると、より効率よく運営が行いやすくなります。ネット上にさまざまなタッチポイントを作っておくだけでも、売上アップにつながるでしょう。したがって、外部サイトと連携できるかでECサイトツールを選んでいくのも一つの方法です。

3. 決済手段の豊富さで選ぶ

ECサイトで決済手段が限られていたり、ユーザーが希望する決済手段がなかったりすると、とカゴ落ちになる可能性が高くなります。そのため、ECサイト構築ツールを選ぶ際は、対応している決済手段をチェックしましょう。

クレジットカードや銀行振込などの基本的な決済手段はもちろん、ID決済やキャリア決済などにも対応しているツールがおすすめです。ツールによって決済手数料が異なるため、あわせて確認してください。

4. 機能面やサポート体制で選ぶ

販売促進機能・在庫管理・出荷管理など、運営のサポート機能が充実しているかどうかも、ツール選びの基準になります。クーポンの発行やメルマガの発行など、販売促進に関する機能が充実したツールなら、上手く活用すれば売上アップにつなげられるでしょう。

また、商品の梱包や在庫管理、配送までを代行する有料サービスが備わっているツールも人気です。どこまでの機能を求めるのか考えながら、ツールを選んでみてください。

ECサイト構築ツール【レンタル・ASP】

ここからは、おすすめのECサイト構築ツールを紹介します。まずは、レンタル・ASPのおすすめツールを4つ見ていきましょう。

リピートPLUS

リピートPLUS.png

●定期通販に特化した機能が充実し、カスタマイズ性の高さが魅力

リピートPLUSは、定期通販特化型のECサイト構築ツールです。デザインのカスタマイズ性が高く、レンタル・ASPツールでありながら自由にサイトを構築しやすいのが特徴です。

クーポンやセット販売など、定期通販特化型ならではの機能も充実しています。フォーム一体型LPが作成可能なため、効率よくCV率アップが図れるのも魅力です。初期費用や月額費用が安く、初心者でも気軽に利用できます。

リピートPLUSには事業規模に応じて、以下3つのプランが設けられています。

プラン 初期費用 月額費用
スタンダードプラン(〜月商1,000万円規模) 49,800円 49,800円
プロフェッショナルプラン(月商1億円規模) 79,800円 79,800円
エンタープライズプラン(月商1億円以上規模) 要問い合わせ 要問い合わせ

公式サイト:リピートPLUS

BASE

BASE.png

●知名度の高さと優れた操作性で、初心者でも安心

BASEはCMなどでも有名なECサイト構築ツールで、誰でもネットで気軽にお店を開けるのが魅力です。操作のしやすさと豊富なテンプレートで、初めてネットショップを開設する方でもスムーズに作成できます。

初期費用も月額費用もかからず、サービス利用料(3%)と決済手数料(3.6%+40円)のみで利用できるのも嬉しいポイントです。

月商17万円以上のショップは有料プランの方がお得に利用できます。有料のグロースプランでは決済手数料(2.9%)のみ発生し、サービス手数料はかかりません。いつでも好きなタイミングで有料プランに変更できます。

  • スタンダードプラン:月額無料、サービス利用料(3%)、決済手数料(3.6%+40円)
  • グロースプラン:月額5,980円、決済手数料(2.9%)
    ※初期費用は両プランとも無料

公式サイト:BASE

STORES

STORES.png

●商品登録が無制限に行えるほか、リアル店舗運営にも役立つ機能が搭載

STORESは、個人でも使いやすいECサイト作成ツールとして定評がある、初期費用無料のツールです。最短10秒と短時間でサイトの作成ができ、無料プランでも無制限で商品登録が可能です。

有料のスタンダードプランでは、予約管理機能の拡充、販売手数料の減率などの機能が充実しています。さらにリアル店舗での予約受付やテイクアウトなど、幅広い機能を利用できるのも魅力的です。

  • フリープラン:月額無料、決済手数料(5%)
  • スタンダードプラン:月額2,178円、決済手数料(3.6%)
    ※初期費用は両プランとも無料

公式サイト:STORES

aishipR

aishipR.png

●スマホで売れるECサイト構築に強みのあるツール

aishipRは、スマホでのネットショッピングをメインとしたECサイトを構築できるツールです。レスポンシブデザインに対応しており、スマホの小さな画面でも快適に買い物ができるように設計されています。

カスタマイズ性に優れている上に、月2回のアップデートにより常に新しいバージョンを使用できるのが特徴です。InstagramなどのSNSとの連携も可能で、PayPayやAmazonPayなど豊富な決済にも対応しています。

プランは登録商品数やストレージ容量、トランザクション料金などによって、合計8種類に分かれています。

一番人気のプランは「ベーシック1000」で、登録商品件数は1,000点まで、Amazon Payが無料で利用可能など、更なる売上アップを目指すECサイトにおすすめの基本プランです。「ベーシック1000」の価格は以下の通りです。

  • 初期費用:30,000円
  • 月額費用:19,800円

公式サイト:aishipR

カラーミーショップ

カラーミーショップ.png

●低コストで売れるECサイト構築が可能

カラーミーショップは初期費用無料で立ち上げにかかる費用が少なく、低コストでネットショップを作りたい方におすすめです。80種類の豊富なテンプレートが用意されており、初心者でも簡単にECサイトを構築できます。

HTMLを使ったカスタマイズも可能なため、デザインにこだわりたい方にもぴったりなツールです。

カラーミーショップには以下2種類のプランがあり、いずれのプランも初期費用無料で商品登録数に制限はなく、ディスク容量やフリーページ数に違いがあります。

  • レギュラー:月額4,950円
  • ラージ:月額9,595円

公式サイト:カラーミーショップ

ECサイト構築ツール【クラウド・SaaS】

次に、クラウド・SaaSのECサイト構築ツールを紹介します。

shopify

shopify.png

●世界中で利用されており、拡張性の高さが魅力

shopifyは高機能でありながら、初期費用無料で簡単にECサイトを構築できるツールです。世界中のECサイトで利用されており、知名度が高いのも特徴です。

拡張性が高いため自社のイメージに合ったネットショップが作成できます。

ストア開設のためのガイドブックも用意されており、初心者の方にもおすすめです。レスポンシブデザインに対応しており、スマホからの買い物にも対応しています。shopifyには以下3種類のプランがあり、スタッフアカウント数や決済手数料、在庫のロケーションなどが異なります。

  • ベーシック:月額$25(初めの3ヶ月間は$1)
  • ラージ:月額 $69
    -プレミアム:月額 $299

公式サイト:shopify

MakeShop

MakeShop.png

●売上手数料不要で、オリジナルテンプレートが豊富

MakeShopは、売上手数料がかからずカード手数料3.14%〜と、コストパフォーマンスに優れているEC構築ツールです。オリジナルのテンプレートが用意されており、イメージに合ったサイト作成が行いやすく、会員制やBtoB向けのショップも作成可能です。

ポイントやクーポンなど便利な機能も充実しています。クレジット払いや後払いのほか、人気のPayPayやLINE Payなどの決済にも対応しているのも特徴です。

プラン 初期費用 月額費用
プレミアムプラン 11,000円 11,000円
MakeShopエンタープライズ 55,000円〜 110,000円

公式サイト:MakeShop

futureshop

futureshop.png

●デザイン性の高いECサイトの構築が可能

futureshopは特にサイトデザインを重視するアパレル系の企業に人気があるツールです。キャンペーン実施機能も搭載されており、顧客のニーズにあわせたショップ運営が可能です。

基本プランはスタンダードとゴールドの2種類があり、スタンダードは掲載商品数によってさらに5種類のプランが用意されています。ゴールドプランはオールインワンパッケージプランで、本格的なEC運用におすすめです。

プラン 初期費用 月額費用
スタンダードプラン 22,000円〜 22,000円〜
ゴールドプラン 52,000円 81,000円

公式サイト:futureshop

メルカート

メルカート.png

●運用までを見据えた手厚いサポート体制が充実

メルカートはWEB広告運用・コンテンツ支援・SNS支援など、豊富なサポート体制が魅力です。サイトの構築だけではなく、運用までを見据えた手厚いサポートが受けられます。そのため、初心者の方にもおすすめです。

初期費用がやや高額なのがネックですが、クラウドECプラットフォーム サポート満足度 No.1など多数の賞を受賞しており、価格以上のサポートが受けられるでしょう。また、MAツールや分析ツールなどもオプションで利用可能と、機能も充実しています。

  • 初期費用:490,000円~
  • 月額費用:50,000円~

公式サイト:メルカート

ECサイト構築ツール【オープンソース】

オープンソース型のECサイト構築ツールを紹介します。

EC-CUBE

EC-CUBE.png

●無料でダウンロードでき、カスタマイズ性が高いのが魅力

EC-CUBEは国産のオープンソース型ECサイト構築ツールです。無料でダウンロードできる上に、自社で自由にカスタマイズできるのが魅力です。ソースコードが公開されているため、社内に開発者がいれば自由にカスタマイズしながらサイトを構築できます。

開発は自社で行うのはもちろん、ベンダーに依頼することも可能です。セキュリティに関しては、自社でしっかりと対策を講じる必要があります。

公式サイト:EC-CUBE

Adobe Commerce(Magento)

Adobe Commerce.png

●多言語・多通貨に対応した、大規模サイト向けツール

Adobe Commerce(Magento)は、アメリカ発のオープンソース型ECサイト構築ツールです。世界中で愛用されているシステムで、多言語・多通貨に対応しています。

商品登録数が無制限のため大規模なサイト構築には向いていますが、日本語の情報が少なくややハードルが高いと言えるでしょう。

Commerce ProとManaged Servicesの2種類のプランから構成されており、Managed Servicesの方が上位プランになります。価格詳細を知りたい場合は、両プランとも問い合わせが必要です。

公式サイト:Adobe Commerce

ECサイト構築ツール【パッケージ】

最後にご紹介するのは、パッケージ型のECサイト構築ツール7製品です。

W2Commerce value5

W2Commerce value5.png

●あらゆる顧客ニーズに対応

W2Commerce value5はセキュリティ面が充実しており、売上向上が期待できるツールとして知られています。独自のCMS機能が搭載されているため、自由度の高いデザインでサイトを構築できるのも魅力的です。

自動SEO設定やSNSとの連携によって、新規顧客が獲得しやすいのが特徴です。既存顧客向けにシークレットセールなどが行える機能や、かご落ちを防止する機能もあり、売上のアップが期待できます。価格詳細を知りたい場合は、問い合わせが必要です。

公式サイト:W2Commerce value5

ecbeing

ecbeing.png

●ECサイト業界実績で14年連続1位と、実績の豊富さが魅力

ecbeingは国内最大シェアを誇る、パッケージ型のECサイト構築ツールです。BtoB向けに開発されたecbeing BtoB」なども提供しており、自社の求めるスタイルにあわせたシステムを構築できます。

ECサイト業界実績で14年連続1位を獲得しているツールで、大企業から小規模事業者など、さまざまな規模のECサイト構築実績を有しています。

導入事例も多いことから、安心して利用できるでしょう。また、開発やマーケティング等のサポート体制も充実しています。価格詳細を知りたい場合は、問い合わせを行いましょう。

公式サイト:ecbeing

コマース21

コマース21.png

●複数店舗を一括管理できる、大規模サイト向けツール

コマース21は、大規模なECサイトの構築に特化したツールです。企業規模により、製品は以下2種類のラインナップが用意されています。

  • ECo2:年商10億~30億円規模のEC事業者向け
  • Sell-Side Solution:年商30億円以上のEC事業者向け

複数店舗の一括管理が行えるため、1店舗だけでなく複数運営もスムーズに行えます。同一のプラットフォームで管理が行えることから、作業の効率化が図れるのも魅力的です。

ソースコードが開示されているため、社内に開発者を有する企業なら自由にカスタマイズしながらサイトを構築できます。

どちらの製品も価格詳細を知りたい場合は、問い合わせを行いましょう。

公式サイト:コマース21

ecforce

ecforce.png

●ECカートの改善が期待できる

ecforceはショップの構築からCRM管理まで幅広いサポート体制が整っているツールです。特にECカート改善に強みを持っており、離脱を防ぎ集客を漏らさず売上アップが期待できます。無制限の会員ランク機能や確認画面のスキップ機能など、豊富な機能が利用可能です。

アフターケアも充実しており、トラブルや困ったことがあった際も気軽に問い合わせができるのが魅力です。国産のSaaSで安心してECサイトを運営したい方におすすめです。

プランはスタンダードとエキスパート、移行の3種類があり、ECサイト構築目的や規模によって最適なプランが用意されています。いずれのプランも価格詳細を知りたい場合は、問い合わせが必要です。

公式サイト:ecforce

Bカート

Bカート.png

●6種類のプランがあり、BtoBのあらゆるECサイト構築に対応

Bカートは、BtoBの受発注業務に特化したECサイト構築ツールです。BtoBに特化しているため個別にカスタマイズする手間が省け、簡単にサイトを構築できます。

複雑な取引条件やシステム要件にも対応しており、業務体制に合ったサービスを組み合わせることでよりスムーズなECサイト運用が行えるのが特徴です。商品数と会員数に応じて6種類のプランが用意されています。

毎月無料でアップデートが行われており、常に最新の状態でツールを利用できます。セキュリティ体制も充実しており、低コストでスタートしたい企業におすすめです。

  • 初期費用:80,000円~
  • 月額費用:9,800円~

公式サイト:Bカート

楽楽リピート

楽楽リピート.png

●定期・単品通販に特化しており、専属担当によるフォローが充実

楽々リピートは、リピート通販やD2Cに特化したツールです。単品リピートをはじめ、定期販売の商品にも向いています。

サイト構築から店舗管理、分析、売上施策まで一貫して行える便利なツールです。また、DMやメールなど顧客フォロー機能が充実しているのも特徴です。

インターフェースが楽天に似ており、直感的な操作で構築や運営ができます。専属担当によるフォロー体制が充実しているため、導入ハードルが低いことから専門知識がない方でも使いやすいでしょう。

プラン 初期費用 月額費用
ライトプラン 68,000円 49,800円
スタンダードプラン 98,000円 79,800円
エキスパートプラン 240,000円 98,000円
ゴールドプラン 600,000円 198,000円

※エキスパートプランのみ従量課金あり

公式サイト:楽楽リピート

EC-ORANGE

 EC-ORANGE.png

●ベンダーの制限を受けず、自由度の高いECサイト構築が可能

EC-ORANGEは、EC-CUBEを基盤としたパッケージ型のECサイト構築ツールです。パッケージの心臓部分までソースコードが開示されているため、ベンダー制限を受けることなく開発が可能です。そのため、特に社内に開発者が在籍している企業に人気があります。

基盤がオープンソースのECカートシステムであることから、セキュリティは自社で行う必要があります。価格詳細を知りたい場合は、問い合わせを行いましょう。

公式サイト:EC-ORANGE

ECサイトを構築してビジネスを加速させよう

今回はECサイト構築ツールの選び方とともに、おすすめのツールを紹介しました。ECサイトを一から自社開発するのはなかなか難しいですが、構築ツールを使えば初心者でも簡単に魅力的なサイトが作成できます。

これからECサイトを構築したいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしながら自社に合ったツールを利用してみてください。

▼リピート通販事業に最適なECプラットフォームはこちら

リピートPLUS

リピートPLUS

D2C/定期通販特化型ECプラットフォームです。