StatCounterによる世界Webブラウザシェア1位の変遷を見ると、2010年以前には「Internet Explorer」が60%以上を占めていたものの、2017年3月時点では、高速・シンプルで差別化してシェアを伸ばした「Google Chrome」が52%を占めています。

参考:
Browser market share Worldwide | StatCounter Global Stats

一方で「Internet Explorer」や「Google Chrome」ほど利用されてはいないものの、機能性に優れたブラウザは多数存在します。
そのうちの1つが、Chromeよりもさらに柔軟なカスタマイズが可能な「Vivaldi」です。

今回は、「Vivaldi」のインストール方法から基本的な利用方法を解説します。
Chromeのカスタマイズ性に物足りなさを感じている方は一度利用してみるといいかもしれません。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

目次

  1. Vivaldiとは
  2. Vivaldiの特徴
  3. ダウンロード・インストール
  4. Vivaldiの使い方
    1. スピードダイアル
    2. クイックコマンド
    3. 巻き戻し・早送り
    4. タブ
      1. セッション
      2. タブスタッキング
      3. タブタイリング
  5. まとめ

Vivaldiとは

Vivaldi_1TOP.png
https://vivaldi.com/?lang=ja_JP

Vivaldiは、Operaの開発者で共同創設者であるヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナーを中心に開発、2015年に発表されたWebブラウザです。ITに習熟したパワーユーザー向けに開発され、柔軟なカスタマイズが可能です。名前の由来は音楽家のアントニオ・ヴィヴァルディで、革新的なブラウザを制作したいという思いが込められています。

Vivaldiの特徴

  • スピードダイアル・クイックコマンド・早送り・巻き戻し機能などを活用した、高速ナビゲーション機能
  • ブックマーク・ダウンロード・ノートに素早くアクセスできるサイドパネル
  • カスタム検索エンジン・検索ボックス
  • テキストメモを残せるノート機能
  • 複数タブをまとめるタブスタッキング、スタックしたタブを並べるタブタイリングなど、柔軟なタブ操作
  • ブックマークにニックネームを割り当て、短縮アクセス
  • マウスジェスチャー・キーボードショートカット機能
  • スピードダイアルの背景変更や、UIやWebページの拡大・縮小、色変更などのビジュアルカスタマイズ

ダウンロード・インストール

Vivaldi_3ダウンロード・インストール3.png
TOPページ右上の「ダウンロード」ボタンをクリックします。exeファイルをダウンロードし、実行します。

Vivaldi_3ダウンロード・インストール2.png
「Accept and Install」をクリックし、インストールの完了を待ちます。

Vivaldi_3ダウンロード・インストール3.png
インストール完了すると、Vivaldiが起動します。

Vivaldiの使い方

1. スピードダイアル

Vivaldi_4使い方_1スピードダイアル1.png
スピードダイアルでは、あらかじめ登録したページサムネイルがタイル表示され、ブックマークよりも素早くアクセスできます。ブラウザ上部のタブの+(プラス)マークをクリックします。

Vivaldi_4使い方_1スピードダイアル2.png
スピードダイアルに登録されたページの一覧が表示されます。新規ページを追加するため、右下の大きな+(プラス)をクリックします。

Vivaldi_4使い方_1スピードダイアル3.png
URLを入力し、追加ボタンをクリックします。

Vivaldi_4使い方_1スピードダイアル4.png
スピードダイアルの一覧に追加したページが登録され、しばらくするとサムネイルが読み込まれます。

2. クイックコマンド

Vivaldi_4使い方_2クイックコマンド1.png
クイックコマンド使うと、キーボードだけで簡単にページにジャンプできるようになります。F2キーでウィンドウを表示します。

Vivaldi_4使い方_2クイックコマンド2.png
文字を打ち込むと、ブックマークや履歴などを元に、入力文字と部分一致するページ候補が表示されます。Enterキーを押せば、選択したページにジャンプできます。

3. 巻き戻し・早送り

通常のブラウザの進む・戻るボタンのほかに、巻き戻し・早送りボタンが搭載されています。

Vivaldi_4使い方_3巻き戻し・早送り1.png
巻き戻しボタンでは、複数のページを閲覧した後、そのタブで最初に開いていたページに一気に戻れます。

Vivaldi_4使い方_3巻き戻し・早送り2.png
早送りボタンでは、Google検索結果一覧など複数ページが続くサイトでは、サイトのページ送りができます。Facebookのタイムラインなどポストが並ぶページでは、ページをスクロールダウンできます。

4. タブ

1. セッション

Vivaldi_4使い方_4タブ_1セッション1.png
現在開いているタブをセッションとして保存し、後でまとめて開けます。左上のメニューボタン >「ファイル」 > 「セッションとして開いているタブ保存」をクリックします。

Vivaldi_4使い方_4タブ_1セッション2.png
セッションの名前を入力し、「保存」ボタンを入力します。

Vivaldi_4使い方_4タブ_1セッション3.png
保存したセッションを開くには、左上のメニューボタン >「ファイル」 > 「保存されたセッションを開く」をクリックします

Vivaldi_4使い方_4タブ_1セッション4.png
開きたいセッションを選択し、「開く」ボタンをクリックすると、セッションに登録したタブが開きます。

2. タブスタッキング

Vivaldi_4使い方_4タブ_2タブスタッキング1.png
複数のタブを開いて見にくくなったときなど、タブをまとめてスタック(グループ化)できます。タブをドラッグし、重ねたいタブがグレーに変わったらその上にドロップします。

Vivaldi_4使い方_4タブ_2タブスタッキング2.png
タブがスタックされます。

3. タブタイリング

Vivaldi_4使い方_4タブ_3タブタイリング1.png
スタックしたタブは、タイリングで並べて表示できます。スタックしたタブの上で右クリックし、「タブスタックをタイリング」をクリックします。

Vivaldi_4使い方_4タブ_3タブタイリング2.png
タブが並べて表示されました。

まとめ

Vivaldiは、クイックコマンド・早送り・巻き戻しなど独自の高速ナビゲーション機能を備え、UIも柔軟にカスタマイズできます。
インターネットサーフィンをする時間が長く、ITに習熟した上級者に適したWebブラウザと言えるでしょう。